« 「身体表現における美とジェンダー」 | トップページ | 『りんごかもしれない』 »

『おとなになるってどんなこと?』

10月19日(月)

Photo_2
吉本ばなな著、筑摩書房 (2015/7/7)装画・挿画:後藤朋美

BS日テレ「久米書店」を観て、購入。著者のファンではないのだが、彼女の話に惹かれ、共感したもので。

◎子ども向けに書かれたものなので、「おとなになるってどんなこと?」「友だちって何?」「生きることに意味があるの?」と、大人が聞かれた時に返答に窮しそうな質問が並んでいる。私なりに答えはあるけれど、ばななさんの答えがまた、とてもいい。

◎特に、「死んだらどうなるの?」で、「自殺というのは、心の中に愛の貯金がなくなったときにする(愛=愛という名のエネルギー)。人生の初めに親からたくさん愛をもらっていると貯金はなかなかなくならないが、そうでないと、なにか困難があったときに一気にエネルギーがなくなってしまう。なくなった貯金をまた貯めていくには、生きているしかない。愛の貯金は、与えることでも貯まる。だから、自殺しないでほしい」と。

◎それから、「勉強しなくちゃだめ?」では、子どもの笑顔優先で、「今はこれでいい、ゆっくり育ってくれ、何回でもやり直していいから、人生を楽しいと感じてくれ」というの、好きだなぁ。

« 「身体表現における美とジェンダー」 | トップページ | 『りんごかもしれない』 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/62159772

この記事へのトラックバック一覧です: 『おとなになるってどんなこと?』:

« 「身体表現における美とジェンダー」 | トップページ | 『りんごかもしれない』 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ