« 『民主主義ってなんだ?』 | トップページ | アセクシュアル »

『眼のある風景 夢しぐれ東長崎バイフー寮』

9月26日(土) rain cloud

Photo
劇団文化座公演、2時間45分
原作:窪島誠一郎、脚本:杉浦久幸、演出:西川信廣、出演:佐々木愛・ 阿部勉・米山実・ 沖永正志・白幡大介・髙橋美沙 他

演劇鑑賞会の例会。主人公の画家、靉光(あいみつ/あいこう)と彼の作品については、こちら

【内容】昭和の初めから敗戦にかけ、池袋とその周辺は、芸術家たちが集い、芸術の都パリに倣い<池袋モンパルナス>と呼ばれた。散在する下宿やアトリエ群の中に、詩人・花岡謙二が営む培風寮もあった。
みな貧しく、なかでもその力量と芸術への真摯さが際立つ画家・靉光。戦争が進む中、戦争協力をすることで食いつなぐ者、それに耐えかねて筆を折る者、赤紙が届いて脱走する者…彼らの夢は潰えていった。靉光にも、召集令状が届く。

戦後70年、きな臭い世相を重ねて観てしまった。芸術も演劇も、若者の夢も…為政者は「国家の利益」を掲げて押し潰してしまうのだと、実感させられる。

終演後、近所のイタリアンでサークル会。集団的自衛権の強行採決や国会前抗議デモのことなどに重ねて、感想を語り合った。周囲の無関心を嘆きつつ、「政治に関心ない妹に、このことを話したんだ」という仲間の話もありで wink
心置きなく原発や政治の話ができる仲間がいるって、いいな shine

« 『民主主義ってなんだ?』 | トップページ | アセクシュアル »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/61789925

この記事へのトラックバック一覧です: 『眼のある風景 夢しぐれ東長崎バイフー寮』:

« 『民主主義ってなんだ?』 | トップページ | アセクシュアル »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ