« 男女共同参画審議会 | トップページ | ワークショップ1 »

『男女共同参画推進フォーラム』

8月20日(木)rain cloud

Photo_2
4人の仲間と一緒に池袋10時半発の電車で出発。
国立女性教育会館(NWEC ヌエック、埼玉県の武蔵嵐山)で、毎年恒例の『男女共同参画推進フォーラム』に参加。私と先輩の2人は、最初の特別講演会から最後の映画まで、すべてのプログラムに参加して、2泊3日(他は日帰り)。

今年は、バス付きのツインルームが割り当てられて、快適だったwink PC持参で行ったが、何と…小型で薄い私のPCにはネットの有線差込口がなく(普段は、無線LAN使用)、ネットが使えなかった。日々のメニューのメモには役立ったけどね coldsweats01

NWECは、4月から民間企業の運営となり、勝手の違うことが様々あり、戸惑った。食堂には、券売機が置かれており、朝と夜はバイキング形式(朝は870円、夕は千円以上、安くない)。生ビールが飲めるものの、メニューは毎日同じで、ガッカリ wobbly
菓子パン販売機と缶ビール販売機もあるので、その利用も多いみたい。

13:30~14:42 特別講演「超成熟社会の鍵は“女性”」
講師:横浜市長 林 文子

「父親が(外に女を作って)家を出て、子どもが貯めていた小銭までもっていくような家庭に育つ。小学5年から家計を支えて働いていたこと、高卒で就職した職場で経験した女性差別、その後、転職で学んだ営業職など、様々な苦労話をサラッと話し、「貧乏でよかった。何にでも感謝できたんですから」

ーー以下、記憶に残るものを挙げておく。

*女性の特性は…共感力、寄り添うこと、環境に馴染むこと。男性が得意な戦うことは、私はどうしても苦手。だが、時には争うことも必要だとは思う。

*企業の社長になったのも、横浜市長選に出たのも、スカウト *経済界出身なので、役所の仕事についても公平に判断できる

*市役所職員の態度が横柄で驚いたが、自分の態度を見せることで改めさせることができた。一方、職員の仕事ぶりが市民に不当に評価されていないと感じる。職員も努力して市民と向き合うべき。

*職員と市民、男性と女性がお互いをリスペクトし合うことが大切

*全国一待機児童が多い横浜で「待機児童0」を目指し、担当課の課長・係長・職員に頑張ってもらった。土木課には街を歩いてもらい、空地を探して保育園の建設用地を確保してもらった。

*目標を達成しそうになったら、翌年は(私達も、実は子どもを預けたいと)4千人が更に手を挙げて、待機児童0人達成は成らず。

*アメリカは、経済界や政治で活躍している女性を湛える風土がある(懐が広い)。お誘いがあって、APECの会議に出るようになり、ヒラリー・クリントンとも親しくなった。

*安倍首相は女性の活躍に力を入れていて、これはこれまで無かったこと、評価すべき。

pencil 漫談のような軽い口調で、いつまででも話し続けられるほどの豊富な職歴と経験談。 これだけ能力があれば、そりゃ~男性社会でも評価されるだろう。

« 男女共同参画審議会 | トップページ | ワークショップ1 »

男女共同参画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/61288998

この記事へのトラックバック一覧です: 『男女共同参画推進フォーラム』:

« 男女共同参画審議会 | トップページ | ワークショップ1 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ