« 英国ロイヤル・オペラ・ハウス版 『兵士の物語』 | トップページ | 役に立つの?渋谷区男女平等・多様性条例とパートナーシップ証明」 »

『兵士の物語』2回目

7月29日(木) sun

19:00~20:10

近所の友人を誘って、2回目。軽く夕食をしてから、鑑賞。こうした機会に友人と久しぶりにおしゃべりができて、楽しい wink

前回、全く見えなかった王女の楽屋(左端)が、今回は見えた。こういう席をS料金で売るのは、納得できない angry
今日も、トランペットが、ヒドイ bearing 出演料をケチって、プロをよべなかったのか?

さて、ホリプロオンラインチケットから、27日にメールがきた。
『兵士の物語』の「楽屋体験プレミアチケット」5万円( sign02 )なるものを 1公演につき4名限定で売るってさ。
もう何枚も買ってあるのに、「バックステージツアー付き」とか「アフタートーク付き」とか、後から更にチケットを売り出すのは、ファン心理につけ込んだいつものアクドイ商法だが・・・これは新手。
熱心なファンの方は、ブログで「(50,000円×4名)×7公演=1400,000円。こんなはした金、何の役に立つんでしょう?焼け石に水じゃないでしょうか?」と。
同感!呆れるよね~。こんな商法、出演者が気の毒だ。 出演者との会話付きとか、出演者の負担にならないといいなぁ…と、心配 despair
大した金額にならないのに、それと引き換えに主催者の評判を落とすことになると思う。

※会場で売っている「リピーターチケット」が半額の6千円!っていうのも、腹立たしい。こっちは、安すぎ。「叩き売り」っていう感じがするもの。

« 英国ロイヤル・オペラ・ハウス版 『兵士の物語』 | トップページ | 役に立つの?渋谷区男女平等・多様性条例とパートナーシップ証明」 »

劇場」カテゴリの記事

コメント

チャウさん、
今回は、アンケート用紙が配られていませんよね(ファンの声を聞く気もないのかな?)
前回公演のブログを確認したところ、以下のような記述がありました(*_*;

「最後なので、アンケートには、「アダムの公演を 毎年観たい 」 「(公演近くになって)出演者との写真会を餌に 雑誌とチケットの買い足しをさせるのは、ファンに対する誠意がない(ファンは既に、目いっぱい チケットを買っている)」と、書いておいた。 ったく、こういう商法って、下品だよね~。

チケットの売り方からオーケストラのレベルに至るまで、今回の公演はある意味ネタの宝庫といえるかもしれません(笑)。

> 「バックステージツアー付き」とか「アフタートーク付き」とか、
> 後から更にチケットを売り出すのは、ファン心理につけ込んだいつものアクドイ商法だが・・・
> これは新手。

なるほど、こんな商法を考え出した主催者側は、「俺様ってやり手♪」とけっこうご満悦だったりして。

キャストの負担が増えることになるのに…。お金を払って入ってきてる客を無下にもできませんから。

さて、こんな商法を思いついたのは、パルコの方なのか、ホリプロの方なのか、それとも第三者なのか、どなたなのでしょう。どちらにしろ物笑いの種ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/60954116

この記事へのトラックバック一覧です: 『兵士の物語』2回目:

« 英国ロイヤル・オペラ・ハウス版 『兵士の物語』 | トップページ | 役に立つの?渋谷区男女平等・多様性条例とパートナーシップ証明」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ