« ドキュメンタリー映画『何を怖れる』上映会 | トップページ | 保護司の仕事 »

『日本の女は、100年たっても面白い。』

7月8日(水) rain

100
深澤 真紀 著、ベストセラーズ (2014/3/21)
地域の男女共同参画センターで借りて読んだ。 私が一人目 wink
とーっても面白かったし、勉強になった shine

「女の時代」から「女子の時代」へ、アキンド女とサムライ女、「俗な男女」をめぐる用語辞典、これらを3章に分けて「日本の女」を紹介している。
*女性議員についての言葉、マドンナブーム 小泉シスターズ 小沢ガールズ・・・これらの変遷と違い
*女流文学 ⇒ 女性作家
*密通・妻敵討ち(めがたきうち。すごい表現だね sweat01)⇒ 明治維新後は「姦通罪」。
 戦後、憲法に男女の平等(14条)・夫婦の平等(24条)がうたわれたのに伴い、夫婦とも平等に処罰するか、両方とも不処罰とするか議論が交わされて、姦通罪の規定は削除された。
*不貞と不倫の違い
*キャバレー・クラブ・キャバクラの定義 ピンサロ・ファッションヘルス・デリヘルとは(⇒初めて意味がわかったヨ coldsweats01
*今では、生産業に携わるすべての人々を「セックスワーカー」と呼ぶ

« ドキュメンタリー映画『何を怖れる』上映会 | トップページ | 保護司の仕事 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/60663684

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本の女は、100年たっても面白い。』:

« ドキュメンタリー映画『何を怖れる』上映会 | トップページ | 保護司の仕事 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ