« らっきょう漬け | トップページ | 梅酒 »

『ダウントン・アビー』

6月6日(土)

『 BS世界のドキュメンタリー』海を越えたアメリカン・プリンセス 面白かった lovely

【内容】19世紀後半、英国貴族の家に200人ものアメリカ人女性が嫁いだ。 彼女らは、アメリカで財を成した億万長者の令嬢たち。 その中には、後のチャーチル首相の母・ジャネット・ジェロームもいた。 居住する城の修理や生活費で破産寸前の貴族に、アメリカの富豪が娘を送り込む。お金が欲しいイギリス貴族と爵位がほしいアメリカ富豪(ビル・ゲイツの資産よりも多かったりする!)。
-- お金持ちなのに自由に生きられない富豪の娘達がいっぱいいたんだね。金持ち過ぎるのも、大変だ。

Photo
◇ イギリスのTVドラマ『ダウントン・アビー』
NHKでは 『ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館』 のタイトルでシーズン3まで放送されていたが、番宣に心動かず、観ていない。

が、『BS世界のドキュメンタリー』で、この番組の出演者ーアメリカ出身の伯爵夫人ーが案内役をしていて、俄然、興味が湧いてきた wink で、スカパーで放映していたのを慌てて見ている。
第一次大戦前後、カントリー・ハウスでの貴族と使用人たちの生活を描いたもので、シーズン6まであるとか。

*娘3人の相続問題でクローリー家を悩ますのが、「限嗣相続制
…当時の法律では、最近縁の男系男子一人だけに爵位と財産のすべてを相続させるというもの。アメリカから妻が持ってきた莫大な持参金を含めて、会ったこともない夫の遠縁の男性に相続されるなんて、そりゃ理不尽だと思う。 で、相続人が母親と移り住んでくる。こりゃ、ドラマのネタになる。

« らっきょう漬け | トップページ | 梅酒 »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/60315235

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダウントン・アビー』:

« らっきょう漬け | トップページ | 梅酒 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ