« 梅酒 | トップページ | ステージ終了! »

「LGBT」性的マイノリティーは全体の7.6%

pencil 4月23日の記事だが、忘れそうなので、メモの意味でアップしておきたい。

タイトルは、「電通ダイバーシティ・ラボ」が全国7万人弱へのアンケート結果。

◇L:レズビアン(女性の同性愛者) 0.5%
  G:ゲイ(男性の同性愛者) 0.9%
  B:バイセクシュアル(両性愛者) 1.7%
  T:トランスジェンダー 0.7%
  その他 3.8%
 ※ 「その他」とは、図のどのカテゴリーにも該当せず、Xジェンダー(男女どちらとも決めたくない人)、インターセクシュアル(体の性がどちらとも言えない人)、アセクシュアル(無性愛者)、クエスチョン(心の性や性的指向がわからなかったり、迷っていたりする人)などが含まれる。

電通総研は、2012年に行った調査で、LGBTに該当する人が全体の5.2%とした。
前回調査より増えたことについて「前回調査からの3年間で、渋谷区の同性パートナーシップ条例の制定や、アップルのティム・クックCEOら、社会的影響力のある人がカミングアウト(LGBTであることを公言)するなど、情報に触れることが多くなった。これまで違和感を持ったまま生きていた人が、気づくきっかけになった」と推測されている。

« 梅酒 | トップページ | ステージ終了! »

記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/60350374

この記事へのトラックバック一覧です: 「LGBT」性的マイノリティーは全体の7.6%:

« 梅酒 | トップページ | ステージ終了! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ