« 誕生日 | トップページ | ドラマ『高慢と偏見、そして殺人』 »

映画『ラスト・サマー』

4月29日(祝水) sun

今年も、ゴールデンウイークは、「イタリア映画祭2015」へ。今日から5月5日まで、日本未公開の最新のイタリア映画を東京(有楽町朝日ホール、有楽町マリオン11階)で14本、大阪で7本上映する企画。第1回目の上映では、監督や主演者のトークがあるのも、楽しみ shine

Photo_2
2014年/94分] 原題:Last Summer
監督:レオナルド・グエッラ・セラーニョリ Leonardo Guerra Seràgnoli
主演:菊池 凛子


【内容】親権を失った母とその息子が過ごす最後の4日間を静かなタッチで描いたドラマ。南イタリアの洋上に浮かぶヨットに、日本人のナオミが乗り込んでくる。英国人の元夫に親権を奪われて長年会うことが出来なかった6歳の息子、ケンとの最後の別れが許されたからだ。乗組員たちの目が厳しい中で、ナオミはケンとつながろうとするが、思い通りには進まない。

*吉本ばななが脚本に協力している本作は、ローマ国際映画祭で上映された。
*監督は、1980年、ローマ生まれ。バークリー大学卒、ロンドンに住んで活動している。長編デビュー作を作るにあたっては、イタリア、日本、英国、オランダ、オーストリアなど国際色豊かなキャスト・スタッフで臨んだ。基本的に英語、菊池 凛子が息子に日本語で話すことも。

息子、ケン(けんたろう)役は、日英のハーフ。クリクリの巻き毛に、たれ目でカワユイ happy01
菊池 凛子は、息子と一緒に暮らせなくて眠れない…追い詰められた母親役。自分の感情を持て余してエキセントリックな演技に共感をもてず困ったが、そのうち、息子への思いが届いていき、和解していく。

*上映前に、監督の挨拶。長身で細身、いい男だ lovely
*上映後に監督&主演のトーク。フェラガモの宣伝を兼ねて、菊池 凛子は玄人好み?のフェラガモのドレス・靴で登場。監督は、貧乏ゆすりしながら、通訳泣かせの長ーいトーク coldsweats02

« 誕生日 | トップページ | ドラマ『高慢と偏見、そして殺人』 »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/59811158

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ラスト・サマー』:

« 誕生日 | トップページ | ドラマ『高慢と偏見、そして殺人』 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ