« 新国立劇場バレエ公演『トリプル・ビル』 | トップページ | 映画「うまれる」上映会 »

『男が育休を取ってわかったこと』

3月15日(日) cloud

Otoko池田 大志 著、セブン&アイ出版 (2014/5/16)

地元の男女共同参画センターで、海岸で帽子を被った素朴な感じの写真に惹かれて、手にとった。
男子の勤め人で育休を取得する人はまだ1.89%、そのうち60%が2週間以内だって。
そんな中、妻に続いて半年の育休をとった皮膚科医が、子育て主夫としての体験談と専門医としての乳児のスキンケアについて書いている。

*「パパ・ママ育休プラス」制度や育児休業給付金など、欄外の説明が分かりやすい

*胎脂を守るために「産湯は使わない」という今どきの情報(ドライテクニック)を知ることができた(生まれそう!ってお湯を沸かさなくていい)

タイトルが大げさな感じだが、同僚の冷ややかな態度やママ友との交流、育児ノイローゼ体験など、そう目新しい内容でもない coldsweats01
それと、2008年に皮膚科に転科したばかりで「池田流ベビースキンケア」というのも、大層な表現かな。 でも、アトピーや敏感肌の方には、いい情報でしょう good
冬は乾燥するためか、「背中が痒い」と言う夫に、「毎晩、ゴシゴシ身体を洗ってるからよ」と言っても、一向に聞き入れない。
皮脂をこすりとって保湿クリームを塗るよりも、皮膚に刺激を与えないように、入浴の回数や石鹸・洗顔オイルの使用を控えるのが適切だと、私でも知っているが、赤ちゃんも同様、肌が敏感な子は、ガーゼでこするのもマズいと書いてある。

« 新国立劇場バレエ公演『トリプル・ビル』 | トップページ | 映画「うまれる」上映会 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/59274266

この記事へのトラックバック一覧です: 『男が育休を取ってわかったこと』:

« 新国立劇場バレエ公演『トリプル・ビル』 | トップページ | 映画「うまれる」上映会 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ