« 水曜酒場 | トップページ | 最後の『雨に唄えば』 »

「外国につながる子どもの学習支援・居場所づくりを考える~日本で学び、自分らしく生きるために~」

第3回 NPOの現場から
講師:柴山 智帆さん(認定NPO法人 多文化共生センター東京 事務局長)

尾久駅のそばで、こんな活動があったなんて、知らなかった…coldsweats02
主に学齢超過の子ども達が高校受験を目指して集まるフリースクールのお話。
荒川の本校は元学校の校舎を区から提供してもらって運営しているが、新宿校は4LDK。日本語学級のない埼玉や千葉(これ、おかしいでしょ!)からも子ども達が通って、日本語・数学・英語を学んでいる。運動場もなく、ギュウ詰め状態なのが辛いと。

その他、土曜日にボランティアが行う子どもプロジェクトや親子日本語クラスについても話して下さった。 学齢期(15歳)だと、日中、ここで受験に備える勉強した後で、夜間中学に通っている子どももいる。学齢期を過ぎると、受験を通らずに学校に通うこことはできないという過酷な現状。 以下、ちょっとメモ書き。

*昨年度は、51人の生徒のうち、46人が高校に進学

*卒業生がインターンで来ている

*日本語はほぼ0からスタート。理科・社会まで手が回らない

*学校の継続には資金が必要。外資企業の支援やそこの社員がボランティアに来てくれている

« 水曜酒場 | トップページ | 最後の『雨に唄えば』 »

市民活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/58057136

この記事へのトラックバック一覧です: 「外国につながる子どもの学習支援・居場所づくりを考える~日本で学び、自分らしく生きるために~」:

« 水曜酒場 | トップページ | 最後の『雨に唄えば』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ