« 『日本の女性がグローバル社会で戦う方法』 | トップページ | 『家族の悩みにおこたえしましょう』 »

『性犯罪者の頭の中』

9月27日(土) cloud

Photo_2
幻冬舎新書(2014/5/30)鈴木 伸元 著

地域の男女共同参画センターから借りて読んだ。
性犯罪者は、実は身なりも会話も普通で結婚しているケースも多い。高学歴の場合も少なくなく、抵抗しなさそうな対象を見定めて、計画的に行う。「病気」のようなもので、対象がいない刑務所の中では模範囚だが、仮出所すると、再犯するケースが多い。

世論に押されて、日本の刑務所でも予防プログラムの受講が義務付けられるようになったが、期間が短い。韓国などは、すぐに出所者にGPS装着を義務付けて監視できるシステムを取り入れた。

この本では、実際に取材して、「性犯罪はゲームのような感覚だった」「自分がレベルアップしていく感覚があった」とか、犯罪者の声を紹介している。もう…おぞましくて、途中で止めたくなったが、知ることがまず、大事 despair
性犯罪者がそうなった原因としては、「他人を支配したかった」「強権的な父のようになりたかった」「ストレスのはけ口」「理想の自分と現実の自分とのずれ」「他人の感情に無頓着な発達障碍」などが挙げられているが、これらはDV男性と同じ。そういう人が皆そうなる訳でもない。

もう、防御するしかない… 出所者にGPSをつけさせる、そして、性犯罪者の実際の手口を学んで、襲われないように自衛させる講座を小学生以上に受けさせたい。

« 『日本の女性がグローバル社会で戦う方法』 | トップページ | 『家族の悩みにおこたえしましょう』 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/57521621

この記事へのトラックバック一覧です: 『性犯罪者の頭の中』:

« 『日本の女性がグローバル社会で戦う方法』 | トップページ | 『家族の悩みにおこたえしましょう』 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ