« 演芸場 | トップページ | 『性犯罪者の頭の中』 »

『生活保護で生きちゃおう! -ーっぷちのあなた! 死んだらダメです』

9月20日(土) cloud

Seikatu雨宮処凛 (著)、 和久井みちる (著)、さいきまこ (イラスト) 、2013/11/1

OECD諸国で一番利用し難いという日本の生活保護制度。受給体験者の座談会も含めて、本当に必要な方が後ろめたい思いをせずに生活保護を利用して生きてほしいという内容。
生活保護への偏見や誤解も漫画付きで分かりやすく説明し、相談窓口一覧付。

*自立とは、必要な支援をきちんと使えること。甘えちゃいけないっていう考えが日本人は強すぎる(55㌻)

*生活保護は、働いている人も利用できる。国が定める「最低生活費」より低かったら、足りない分を支給する(60~61㌻)

*不正受給(保護費から差し引かれる収入や扶養家族のアルバイト代等をきちんと申告しない)は保護費全体の0.4%(62㌻)

*フランスでは、生活保護を必要とする人の92%、ドイツでは65%の人が利用できている。日本では、2割程度、216万人(80㌻)

*生活保護は「お世話になる」ものではない、誰でも利用できる国民の権利(83㌻)

*生活保護の8つの扶助(お金などの支援)…住宅扶助、生活扶助、教育扶助(義務教育の子どもを学校に通わせる)、医療扶助、葬祭扶助(お葬式など)、生業扶助(働くための技能や用具。高校進学費用も含む)、出産扶助、介護扶助(サービスの現物支給)87~88㌻)

*誰かに「助けて」というためにのふたつの条件:自分は助けられるに値する、生きるに値する人間であるという自己肯定感他人や社会に対して最低限の信頼感をもっている(貧困は、容易く人からこのふたつを奪う(126㌻)

« 演芸場 | トップページ | 『性犯罪者の頭の中』 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/57434892

この記事へのトラックバック一覧です: 『生活保護で生きちゃおう! -ーっぷちのあなた! 死んだらダメです』 :

« 演芸場 | トップページ | 『性犯罪者の頭の中』 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ