« 太秦へ | トップページ | 誕生日 »

イタリア映画祭

4月28日(月) sun

F1010408ささっと保護司の活動をして、ゴールデンウィーク恒例の『イタリア映画祭』へ。
東京と大阪でのみ開催される、イタリアの未公開映画のプログラム。何本かは、「元がとれる」と判断されて翌年くらいに公開されたりするが、多くは、ここでしか観られない。

Photo 今日は、元神父とその家族のお話。
『南部のささやかな商売』原題:Una piccola impresa meridionale
監督・主演:ロッコ・パパレオ Rocco Papaleo(
2013年/103分)

【内容】コスタンティーノは神父なのに、女性を好きになって神父を辞める。が、すぐに捨てられて、南部の故郷に戻ってきた。聖職の道を外れた息子を母が恥じるので、打ち捨てられた灯台に一人で住むことになる。だが、妹の夫である義弟や「愛人と失踪した妹の愛人」の姉である元売春婦(ややこしい)ら、同居人がたまたま増えて、一風変わった共同生活が始まるのだった。

F1010411上映前に、監督が出てきて、挨拶。 終演後には、質疑応答の時間もあった。客席で一緒に観ていた監督は、ささっと舞台の上に上がり、椅子を運んできた司会者を手伝って、自分で椅子を用意。
この作品を1年振りで観たが、「あそこはこうすれば良かった」とたくさん思ったそうだ coldsweats01 司会者と同時通訳者に挟まれて、真ん中が監督。
シンガーソングライター出身だそうで、映画の中でも自作の曲を使っているそうな。

客席にはイタリア人の姿も少なくなく、中の一人からも質問が。この映画祭で上映される他作品の監督だって wink

« 太秦へ | トップページ | 誕生日 »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/55981693

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア映画祭:

« 太秦へ | トップページ | 誕生日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ