« 誕生日 | トップページ | チョコ »

イタリア映画祭、2日目

4月29日(祝) sun

F1010415 『いつか行くべき時が来る』原題:Un giorno devi andare
2012年/110分、監督:ジョルジョ・ディリッティ Giorgio Diritti

内容】深い悲しみを抱えた30歳のアウグスタは、新たに生きる意味を求めてブラジルに向かう。母の友人である修道女のアマゾンでの布教に同行したり、都市のスラム街で生活したりして、現地の人と交流するうちに少しずつ自分を取り戻していく。
アウグスタが暮らすブラジルと母親が暮らすイタリアとが交互に映される。 スラムの人達との交流にも絶望した主人公は、カヌーでアマゾンに漕ぎだし、川べりで一人野宿する。
Dscn0544
今日も、最初に監督の舞台挨拶。後に、質疑応答があった。
主演とその母親以外は素人だという話に、驚く coldsweats02
「何か苦しみや悲しみに押し潰されそうになったら、旅に出るといい。自分から、何かに会いに行くのです」と、監督。共感 wink

« 誕生日 | トップページ | チョコ »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/56010546

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア映画祭、2日目:

« 誕生日 | トップページ | チョコ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ