« 『性と法律―変わったこと、変えたいこと 』 | トップページ | 『さようなら、オレンジ 』 »

『女子漂流 ーうさぎとしをんのないしょのはなしー』

3月24日(月) sun

Photo毎日新聞社 (2013/11/6)

地元の男女共同参画センターで借りて読みんだ。
対談形式で読みやすいし、予想通り、面白かった shine
中村うさぎの指摘は、鋭い!

◎「女子力の大波にもまれっぱなし」の中村うさぎと「漫画読んでるうちに海底に沈んでしまった」三浦しをんの語り合い―三浦(まえがき)

◎そうだ!どこかにたどり着こうとしない生き方があるんだ!
人生は、果てなき漂流に過ぎないと分かった今、オタクこそが、それを楽しめる適応者。
私は高度成長期とバブルを体験したギラギラの自己実現世代、三浦さんは就職氷河期で野心や野望なんて何の腹の足しにもならないことを知った世代―中村 (あとがき)

*女子は、専業主婦になろうが、キャリアウーマンのままでいようが、選択肢がたくさんある。その代わり、選択肢に常に復讐される(お互いに羨望とやっかみがある)。男は、捨てた選択肢はないけど、主流からこぼれたときに厳しいから、サブカルやオタクとか派閥を作って、アイデンティティーを保ってきた─中村

*美人か、ブスか。美醜という基準は、女子の生き方をとても縛るものだよね。女子って「でも、ブスじゃん」の一言で、そこまで積み上げられてきたものが、すべて台無しにされる感ってあるから─中村

« 『性と法律―変わったこと、変えたいこと 』 | トップページ | 『さようなら、オレンジ 』 »

」カテゴリの記事

コメント

藍色さま

コメント、ありがとうございます。
2年前に書いたので、「どんな内容だっけ?」と、記憶を辿り寄せています。
うさぎさんは「5時に夢中」で馴染みがあったため、読んでみました。共演者とのトラブルで降板され、大変残念に思っています。

赤裸々すぎて「そうなんですか!?」みたいに思ってしまう箇所もありました。
下品にはなっていなかったので安心しました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/55506889

この記事へのトラックバック一覧です: 『女子漂流 ーうさぎとしをんのないしょのはなしー』:

» 「女子漂流ーうさぎとしをんのないしょのはなしー」中村うさぎ・三浦しをん [粋な提案]
あたしは、世界でたった一人のあたしの味方なんだから。 浪費、整形、ホスト・・・・・・女の業を体現し続ける作家・中村うさぎと、“女戦線"からの離脱を切に願う“隠遁女子"作家・三浦しをん。ともに女子校に育ち、だけど歩んできた道は正反対。そんな2人が、長い漂流の先に見つけたものは──。 美人か、ブスか。美醜という基準は、女子の生き方をとても縛るものだよね。女子って「でも、ブスじゃん...... [続きを読む]

« 『性と法律―変わったこと、変えたいこと 』 | トップページ | 『さようなら、オレンジ 』 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ