« ハーフバースデー | トップページ | 柴田三兄妹 津軽三味線ライブ »

『障子の国のティンカーベル』

2月17日(月) sun

Photo
東京芸術劇場シアターイーストにて、85分、作:野田秀樹、演出:マルチェロ・マーニ、出演:毬谷友子、パフォーマー:野口卓磨

前半は毬谷友子、後半は奥村佳恵による公演。毬谷友子の最終公演(追加公演)を観た。(頭も心も疲れているので、近いから行けたようなものsweat01

【内容】大人にならない永遠の少年、ピーターパンが、ひょんなことから障子の国=日本にやってきた。ピーターといつも一緒にいた妖精ティンカーベルが、物語るピーターとの恋物語。時にティンクがピーターを演じながら語っていく一人芝居。 ピーターパンが日本人形に恋をするエピソードがあり、ピーターと人形は、この公演のために作られたオリジナル。音楽も障子の使い方も素晴らしかった。

最後に、ピーターをバラバラにしてティンク(ティンカーベル)が食べるっていうのは、グロい despair 影絵で演じていたけど、そういう愛情には、私はついていけない。
そういう屈折した愛情は苦手だけど、ともかく、毬谷友子さん、熱演だったわ shine 長いこと希望してきて、やっと叶った公演なのだそうで、最後に、涙で感謝の言葉を weep

« ハーフバースデー | トップページ | 柴田三兄妹 津軽三味線ライブ »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/55033671

この記事へのトラックバック一覧です: 『障子の国のティンカーベル』 :

« ハーフバースデー | トップページ | 柴田三兄妹 津軽三味線ライブ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ