« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の記事

『部長、その恋愛はセクハラです! 』

1月30日(木) cloud

Photo
牟田 和恵 著、集英社新書(2013/6/14)

地域の男女共同参画センターで借りた。
この軽いタッチのタイトルが示すように、部下の女性や教え子に手を出して平気な上司や教授などに向けたもの。

セクハラ男は、往々にして相手の意向に無頓着。無意識で鈍感、「俺のやったこと、どこが悪いの?」「合意の上だろ」と開き直り、被害女性を「被害妄想の嘘つきだ」と非難して貶めたりする。そういう輩に、部下(教え子)の女性が被った心身やキャリアへのダメージをコンコンと説明する。精神的苦痛からうつ病になり、労災認定をされる例もあるのだから。

豊富な経験を基にして、実例を挙げているので分かりやすい。訴えられた時の弁護士の選び方(部下にセクハラで訴えられる不見識な弁護士も少なくない)や、組織(会社や大学)としての対処法まで伝授してくれる。

男尊女卑の日本では、セクハラ男を非難するだけではセクハラ被害はなくならない。組織が被害者からの訴えを受け止めずに、逆に解雇したり隠ぺいしたりする例が多いという状況で、男性向けの啓発本を読んでもらうのは、効果大だろう。改心してもらって、これ以上の被害を食い止めるという発想 good

*女性は、子どもの頃から「素直で優しく」と育てられ、「ノー=やめろ」という言葉をもたない。「やめて下さい」は、相手に頼む言い方。断定・言い切りの言葉をもたないのは、ジェンダーによる縛り

*地位を利用した「恋愛(男性側からの妄想も含む)」は、会社や大学という組織から与えられた力の私的濫用。組織の目的や機能が、それによって妨げられる

*職場恋愛三カ条 1.仕事にかこつけて誘わない 2.しつこく誘わない 3.腹いせに報復しない

*中高年男性がモテるのは、地位と権力が9割がた

bud 私は、異性と下ネタを話したくない。育った環境だろう。夫もそういう人を選んだ(息子達に性教育はしたが、それは別の話だ)。下品な話は、酒が入った席でも冗談として受け取れない。酒が不味くなって、「セクハラ」もいいところだ despair
本書にもあるように、 でも、「やめて!」と言えば「大人気ない」と言われるのがオチ。にこやかに「それって、セクハラじゃないですか~?」とか「イエローカードです」位しか表現の方法がない。それで通じない人とは、宴席で離れるしかないかなぁ…。

『冬の犬』

Photo
アリステア・マクラウド 著、中野恵津子 訳、新潮クレスト・ブックス (2004/1/30)

中古で買って、先月のシンガポール旅行に持って行った。プールサイドやベッドで、はたまた空港の待ち時間に読んで、あとちょっとで読み終わるところでほったらかしてあったのを、読み終えた。
昨日、胃が痛くなるような荷の重い大きな事業があって、12月からその準備をしている中で、本になど手が伸びなかったのだ。終わってスッキリ
shine

内容】カナダ東端の厳冬の島で、祖先の声に耳を澄ませながら生きる人々。犬、牛、馬、鷲など、共に生活する動物たちの姿も含め、人生の美しさと哀しみを綴る、気品に満ちた8編の短篇小説集。

寡作の作者の描く作品の舞台は、カナダ東端の厳寒の島ケープ・ブレトン。そこには、スコットランド高地の移民が多く住むのだそうだ。
表題作は、役立たずで力持ちの金茶色の犬と少年の、猛吹雪の午後の苦い秘密を描く。極寒の湖に沈みかけた恐ろしい体験談だ。
ただ一度の交わりの記憶を遺して死んだ恋人を胸に、孤島の灯台を黙々と守る女性の生涯を描いた『島』も、ステキな作品。最後に現れる涼やかな青年(孫!)に、救われる思いがした。
白頭鷲の巣近くに住む孤独な「ゲール語民謡最後の歌手」の物語も、リアリティーがあって素晴らしかったし…読み返したい作品ばかりだ。

小野寺修二 カンパニー「デラシネラ ある女の家」

1月26日(日) sun

Photo
新国立劇場 中劇場、15:05~16:20

構成・振付:小野寺修二、出演:浅野和之、河内大和、竹内英明、藤田桃子、小野寺修二
スタッフ:照明:磯野眞也、美術:松岡泉、衣装:堂本教子、舞台監督:矢島健

今日は舞台を広げて、10列目からが客席。
おのでらん の作品は、いつもながら、テンポよく、チームワークよく進んでいき、急に設定と場面が変わる意外性もあるユーモアに溢れていて、楽しかった。

例えば、エピソードの一つ:死んでいるかのように横たわる ももこんを前に、青ざめる男 ⇒そこに登場した若い男性に、「私が殺したんじゃないよ」と、必死で弁解する。 すると、その男性はバケツに水を汲んできて、彼女の顔にぶっかける sweat01 そして、男から渡された厚手の白い布で頭をふいているももこん。と、それがいつものまにか花嫁のベールとして、彼女の頭に載っていて wobbly 手には花束。男はももこんの花婿として、彼女の家族に扱われている。とんでもない sign02 と、大慌てで逃げようとする男。

素早い動きを支えるのは、出演者の体力。男性陣はシャツの上にベストを着ていて、背中にくっきりと汗が図形を描いているのが見えた。

『男性論 ECCE HOMO』

1月20日(月) sun

Photo
ヤマザキ マリ 著、文藝春秋 (2013/12/18)

『テルマエ・ロマエ』の作者・ヤマザキマリが語る男性論と女性論。
夫や夫の家族、彼らと自分との生活については前にも作品で知っていたが、今回、前夫との出会いや離婚、一人で出産して子育てをしたことなどが語られていて、どんだけ苦労したんだ!と wobbly 旅のススメに、共感。

*(夫の家族は)人生にお金は必要だけれど、お金のために自分を犠牲にしてはもったいないと考えている。夫婦の時間や食事を囲んだ語らいこそが、人生を楽しむことだと信じて疑わない
*人生のかたち、結婚のかたち、家族のかたちは千差万別。人の数だけバリエーションがある。固定観念や常識や規範といったものにしばられすぎると、身動きが取れなくなる

◆男性論Ⅰ「古代ローマな男たち」…偏愛する古代ローマの皇帝、ハドリアヌス、プリニウスについて熱く語る
*『テルマエ・ロマエ』は、べつの民族の文化・文明を、自分たちのものとして取り入れる能力に長けているローマ人の特性を、端的に、ルシウスいう男に重ね合わせたのだ
男性論Ⅱ「ルネサンスを起こす男たち…ルネサンスを先取りしたというフェデリーコ2世(フリードリヒ2世)にラファエロ、水木しげる、とり・みきについて語る
男性論Ⅲ 変人論…スティーブ・ジョブズ、安部公房、詩人の前夫などについて語っている

女性論 成熟した「いい女とは」
*成熟による美。いま日本で軽んじられて、ほとんどないことになっている美の価値観
*メディアや多数の男性側の価値観が「若いもののほうが美しい」という一方向に偏っている
*女であることを売りにして、できるだけ若いあいだに相手を見つけ、そのひとに自分の面倒を見てもらうという考え方―。・・・まるで、生活保障のために結婚相手を探すような感覚。…そのような結婚観を一般的な多くの人が抱いている
*女性がそんな振る舞いをしてばかりでは、日本の稚拙な男女関係、あるいは社会性はなにも変わらない

◇ボーダーを超える
*「置かれた場所で咲」かない…自分にはここしか居場所がない、と考えることは、自分自身で暗示にかかっている。クラスを、学校を、地域を一歩出れば、その外には多様な価値観が認められる、広い世界が広がっている
*他人の価値基準から、逃れる…いまの日本の社会は、突出したものに対して、不寛容すぎる。出る杭を打ちすぎ、その結果、突出しようと意気込むひとの気概するあらかじめ喪失させている
*他者への寛容性の第一歩は、他人の感覚に寄り添えるかどうかだと思う

ワイン便利グッズ

落語の帰りに、夫がビックカメラの酒売り場に行くというので、ついでに便利グッズを買った。 F1010355

wine 左は、先日の持ち寄りパーティーに持参した私の愛用品。力不要のワイン詮抜き、10年も前にバルセロナで買ったもの。旅行用にもう一つ欲しいのだが、日本で見かけない…。
右側は、シャンパンの栓抜き。チェーンを外して使い、簡単にコルク栓が抜ける。オマケで二つもらっているので、「欲しい!」という主催者に一つ、差し上げてきた。

F1010356左は、その時の参加者が持参したフォイルカッター。クルッと一回しでフォイルキャップが外れる。
右は、ワインの替え栓。主催者が使っていたもので、注ぎ口付き!
二つで千円位、ほぼ毎日、便利に使っている good

名人会

1月18日(土) cloud sun

Photo

新年会続きだったのが、ひと段落。
来週のイベント、3月の集会、4月の大イベントに向けての準備を並行して進めている。

今日は、夫を誘って落語へ。月曜も落語だったのは、たまたま。

名人方の持ち時間が長くて、終演は17:15。お尻が痛くなった。
追加のパイプ椅子席の方は大変だったろうな。

文珍の「けんげしゃ茶屋」…下品な話でも彼がやるとソフトになるのは不思議。
喬太郎の「小言幸兵衛」…いつもながら、下世話な役がホントに上手すぎる
happy02

初笑い

1月13日(月) sun

今日は(今日も、だけど)、いっぱい失敗をした despair

10時に保護司の用事で約束があったのに、(いつも間にやら時間が過ぎて)催促の電話。
スッピンで自転車を飛ばして行った。
F1010354

夕食の下ごしらえをして、友人と練馬へ。 歌丸・昇太で、初笑い。
池袋乗り換えなのに、新宿と勘違いして戻って wobbly 「遅刻!遅刻!」と焦ったら、13:30開演を13:00と間違えて(「開場」を「開演」と読み違え)、事なきを得た。ったく、こんなことばかり…。
同行の友人に、「私もこんなだから、自分で確認してね」と。
私に全てお任せっていうのも、最近は危ないのよ。

お正月らしく 神楽もあって、楽しかった。

bottle お燗を飲む場面を昇太が超美味しそうに演じていたので、帰宅して飲んでみたが・・・私の胃と舌は、喜んでいなかった coldsweats02 残念。
最近、どんなお酒でも、お燗が美味しいと感じない。味覚は変わるね。

新年会

1月11日(土) sun

wine 夫の仲間との新年会。結婚してから30年、夫に付き合って同行している。主催者夫婦が私と同郷ということもあり、私も仲間入りしたお付き合いとなっている。
持ち寄り式で、他の参加者はオードブルやお菓子を買ってくるので、私はご飯ものと即席漬けを持参してバランスをとっている。夫は、ワインや記念撮影用のデジカメと三脚を持参する役割。
今年は 新幹線で東北から駆けつける常連メンバーが2人共欠席で、計 8人の参加。

Dsc_0530
私の持参の品。炊き込みおこわ(鶏ひき肉・油揚げ・人参・しめじ・菜花)と即席漬け(かぶ・セロリ・カラーピーマン・きゅうり)。



Dsc_0526_2


Dsc_0532主催者が近所のパン屋に注文して用意する4層式のサンドイッチ。ドイツ風のパンに、ローストビーフやスモークサーモン、カマンベールチーズなどをはさんだ豪華なサンドイッチ lovely

Dsc_0533
参加者が買ってきた大福もち(札幌の会社)。ひねってあるデザインが目を引く。1本食べると量が多くて、ちぎって食べた(結局、食べにくいのよね)。生地が、大変おいしいかった delicious

昼ごろに集まって、6時頃の解散。飲んで食べてしゃべって、「また来年ね!」が合言葉だ。

『クイズで学ぶデザイン・レイアウトの基本』

1月4日(土) sun cloud

Ncis_2
2日・3日と、朝から箱根駅伝をTV観戦。 あとは、スカパーで年末から 1~10シリーズまでを延々放送している 『NCIS/ネイビー犯罪捜査班』を観ている。都合のいい時に適当に観ているので、レギュラー陣の交代の理由とかよく掴めていなかったのが、大筋が分かってきた。
ただ、24時間ノンストップって見続けるのは、無理だよ~ wobbly
今、第6シーズンを放送しているところで、他にやりたい(やるべき)こともあるため、飲み込まれないようにしなくちゃ coldsweats02

次男 R は休暇中にゴルフに3回行って(うち2回は父親のグループに合流)、夜は相手を変えて飲み会を続けていたのが、昨夜、遂に疲れがたまって 誘われた飲み会を断り、家で夕食。その後、居間で12時間以上も眠り続けた。
飲み会は深夜までなのに ゴルフは早朝出発だから、そりゃ、無理がたたるよね~。これから帰宅。また、夫婦2人の静かな生活に戻る confident

Photo

田中 クミコ、 ハラ ヒロシ、ハヤシ アキコ、ヤマダ ジュンヤ 著、 翔泳社 (2013/8/20)

 

内容】専門的なデザインの勉強をしたことはないけれど、デザインの力を身につけたい人、デザインを見極める立場にいる人のためのもの。クイズ形式で「考える」ことで、やさしくデザイン・レイアウトの基本をおさらいすることができた。

各章の最後にコラムがあって、でも、文字だけ。具体例が欲しかった。

謹賀新年

2014年元日

昨夜は、例年通り、海老入りのかき揚げをいっぱい作って晩酌。 絞めはそれをのっけて、かき揚げうどん。夫共々、「長くなくていいから、太く充実した人生を送りたい」と願っています。

Photo昨年は、政治や原発に関して憤ることばかり sad
私自身は、充実してはいたけれど、容量いっぱいで余裕がない日々だった。新しい命=孫を抱っこして心の洗濯ができたのが、救いだったかな。

今年も、嫌なことを帳消しにできるよう、楽しいことをいっぱいしたいと思っている wink
ご縁があってこのブログを訪問して下さるあなたにとっても、良いことや楽しいことがいっぱいありますように
shine

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ