« 落合恵子さんの講演会 | トップページ | 『大奥 第10巻』 »

鎌田 實さんの講演会

10月26日(土) rain

今日明日と2日続きのイベントが、台風の影響で日曜のみとなった。 活動資金稼ぎに食品販売をしているので、用意したものを1日で売り切れるのか sign01 心配だ。

午後は、「社会福祉協議会 設立記念講演会」で、鎌田 實さんの講演会を聴きに行った。午後のイベントは、「中止」と「決行」で別れたね coldsweats02 ホームページには「無理をなさらずに」とは書いてあったが、ここは予定通りの開催。

pencil鎌田さんの週刊誌の連載を読んでいたので、実物にお目にかかりたいと思っていた。想像以上に、ユーモアあふれるお話。
区内で生まれ、養父に育てられた思い出、就職先での経験、チェルノブイリやイランの白血病の子どもたちへの支援・被災被災地での活動…実体験に基づくお話は、説得力にあふれていた。

以下、一部をメモ書き

*認知症になりかかった老親を責めてはいけない。「価値あるもの」として接しないと、どんどん進行していく。子どもも同じ、家族で一人くらい 子どものいいところをほめて。妻も夫のいいところを褒めれば、錯覚してよく働くから。夫も妻の介護や手料理への感謝を「言葉にして」ほめよう。しばらくはそれで、頑張れる。

*タンザニアで350万年前の足跡が発見された。足型と歩幅から推測すると、父親が子どもの手を引いて、母親がその後ろを歩いている。既にこの時代、家族として生きていた。人は弱いから、一人では生きていけない。家族⇒コミュニティーと、助け合わなければならない。

*ケニアでは、150万年前の骨が発見された。歩けないのに、栄養過多。周囲から食べ物をもらって生きていたということから、既にこの頃、人を助ける社会だった?

*年に1度でいいから、困っている人を助けましょう。それは必ず自分に戻ってくる。

*仕事があること、人の役にたつこと、絆があることは生きがいにつながり、長寿の秘訣。

*希望は、免疫の強化につながる。「~にも関わらず」の生き方…悲しみや困難の際にも、希望をもとう

*おいしい食べ物、きれいな風景は、幸せホルモン(セロトニン)をつくる。これが欠乏すると、鬱になる。自分にいいだけでなく、子どもにも「おいいしいね」「きれいだね」と話しかけると、子どもにも良い影響となる

« 落合恵子さんの講演会 | トップページ | 『大奥 第10巻』 »

市民活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/53746816

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌田 實さんの講演会:

« 落合恵子さんの講演会 | トップページ | 『大奥 第10巻』 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ