« ピクルス | トップページ | 『Salves -サルヴズ』 »

傍聴記

今日は、地域の保護司仲間と裁判の傍聴に行った。事前に審議予定を公表していないため、着いてから一覧表を見て選ぶ。毎日、沢山の審議があるので、リストの中から時間と内容で選んで、ゴー dash

地裁と高裁の裁判が同じ建物の中で隣り合って開かれていたりするので、非公開の場合などは、同じ階で別のを探して入ることもできる。

最初は、覚せい剤事件の控訴審を傍聴。他に傍聴もなく、被告は全てを否定。 ドラマや映画と違って、裁判官は、小さな声で早口に話して何を言っているのかてんで分からないことも少なくないが、これは、そのケース。発声練習とか話し方の指導を受けた方がいいよ。

次が、2年前に起きた殺人未遂事件の控訴審。 これが、凄かった。 傍聴席には、被告と被害者の家族、その他、大勢の傍聴人が次々と入ってきて。
脱法ハーブをやった被告のとんでもない事件だが、穏やかで明瞭な口調の裁判官にホッとしていると・・・声高に被告を諌め初めて、ドキッ wobbly
被害者の家族や被告人の話を間近に聴き、緊迫感あふれる雰囲気。 演劇よりもずーっと生々しくて重い人間ドラマを見てしまった。

違う裁判を傍聴していた仲間とおち合い、法務省ビルの最上階にある食堂で食事。 情報交換をして、帰宅した。

« ピクルス | トップページ | 『Salves -サルヴズ』 »

保護司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/52019561

この記事へのトラックバック一覧です: 傍聴記:

« ピクルス | トップページ | 『Salves -サルヴズ』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ