« 土肥金山跡 | トップページ | MOA美術館 »

『女子刑務所 知られざる世界』

4月16日(水) cloud

Photo_2温泉と観光の合間に、読書 wink
保護司をしているので、刑務所の様子は担当した 「元収容者」 から聞くことがある。 この本を雑誌で紹介していたのが目にとまり、購入。
届いた時、たまたま夕食にきていた息子 T が 「 なに、これ~ 」 と驚いていた coldsweats01

外山 ひとみ 著、中央公論新社 (2013/1/24)

刑務所を24年にわたって取材し続けている著者が、120点以上の写真と文章で伝えるルポ。
子をあやめた受刑者や覚せい剤の常習者、少年院で職業訓練に励む子、死刑執行をせざるを得ない刑務官などに聴き取りをした、臨場感溢れるエピソードが胸に迫ってくる。
さらに、子育て中のママ刑務官や ( 仮釈放者を受け入れる ) 更生保護施設を運営する夫婦、元受刑者を多数雇い入れる協力雇用主やベテラン保護司の活動も紹介してくれている。

取材の結果、刑務所の問題点から死刑制度まで、著者が考えたことを記す 「 ひとみの瞳 」 というコラムは、統計の数字も出して説得力がある。

« 土肥金山跡 | トップページ | MOA美術館 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/51218535

この記事へのトラックバック一覧です: 『女子刑務所 知られざる世界』:

« 土肥金山跡 | トップページ | MOA美術館 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ