« 『旅がはてしない』 | トップページ | 『どうせ死ぬなら「がん」がいい 』 »

『DANCE to the Future 2013』

3月27日(水) cloud rain

Photo
新国立劇場 中劇場にて、19:00~20:50。

金森穣の振付作品「solo for 2」を観てきた。
心身共に疲れている上にブルブルの寒さでパスしかかったが、昨日のアンケート ( 劇場が、メルマガ会員にメールで送ってきた ) を読んだら、心が動いて
coldsweats01

先に中村恩恵の作品が上演された。
club 「The Well-Tempered」
出演:湯川真美子、山本隆之 他
第1幕では男女2人(湯川さんと山本さん)が舞台に出てきて、交互にソロで踊る⇒ユニゾンで踊る。その間、ニアミスしながら全く触れずに終わるのが、新鮮だった。
たまに、視線を合わせて…女性が男性の後ろから抱きしめようとすると、男性がすっと避ける⇒女性は自分を抱きしめてしまったり。 思いがとどかずすれ違う様が悲しげな音楽にのせて、切ない。 彼らは第3部で、仲良く踊る。
新作「Who is "Us"?」は、黒いレースの衣装が素敵だったが、既視感があり、眠くなった。

diamond 「The Well-Tempered」
振付:金森 穣、音楽:バッハ「無伴奏ヴァイオリンノタメノパルティータ」、ヴァイオリン演奏:渡辺玲子、出演:米沢 結、福岡雄大 他

幕が開くと、出演者達が思い思いに椅子に座っている。 順番に、踊るために立ち上がると、椅子が傾く 。 脚が1本短いとか曲がっているのは、舞台装置なのだ flair
いつもはNoismのダンサーが踊るのを観ているのを、新国立劇場のダンサーで観るのが新鮮。 舞台袖でヴァイオリニストがバッハを弾き、ダンスとピタッと呼吸があっているのも良かった。

« 『旅がはてしない』 | トップページ | 『どうせ死ぬなら「がん」がいい 』 »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/50989620

この記事へのトラックバック一覧です: 『DANCE to the Future 2013』:

« 『旅がはてしない』 | トップページ | 『どうせ死ぬなら「がん」がいい 』 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ