« 会員向け連続パソコン講習会 | トップページ | 店の名前が変わっても »

 「IN HER TWENTIES 2013」TOKYO PLAYERS COLLECTION

2月6日(水) snow rain

Photo
子ども劇場の例会。 王子小劇場にて、19:30~20:50

脚本・演出:上野友之(劇団 競泳水着)
出演:松永渚、平井志乃、榊菜津美、井上千裕、斉藤麻衣子、南波早、吉川莉早、甘粕阿紗子、土屋麻悠子、冬月ちき

とーっても面白くて、楽しかった shine 昨夜は、演劇鑑賞会で 2時間45分もの長い音楽劇を観たが、内容にシラケて、出演者の誰にも共感できなかった (不満ばかりになりそうなので、ブログには載せない) が、今日は濃厚な 80分間だった。

TOKYO PLAYERS COLLECTION とは、劇団 競泳水着 を主宰する 上野友之の個人ユニットで、略して 「 トープレ 」。 その都度、お気に入りのPLAYER達に声をかけて作品を上演する。 今日は、評判をよんだ作品の再演。 東京初日を貸切で例会としている。 100人程度しか入れない狭い空間で間近に見る臨場感 good

【内容】 一人の女性が過ごす20歳から 29歳 (翌日で30歳になる) までの10年間を、20代の女優10人で描く。

ステージには、半円形を描くように並ぶ10脚の椅子と前方真ん中に長椅子。 最初、21歳から28歳までを演じる8人が出てきて、これから演じる女性について、まるで 知り合いのみたいに 「どんな人?」 と、噂話をする。
20歳と29歳役が出てきて右端と左端に腰を下ろすと、他の8人は齢の順 ( 多少前後はあるが、ほぼ年齢順 ) に腰を下ろす。
両端の2人だけパイプ椅子で、インタビューに応える形で正面を向いて話す。 他の8人は順不同にその時々の学業や恋人、仕事、家族、病気について 見えない誰かと話す。 これはてんでバラバラなので、観客は、頭の中で時間軸にエピソードを繋ぎ合わせていく。

将来に夢をもって明るく語る 20歳が、挫折し、恋人にフラれ、不倫し、恋を諦めて仕事をバリバリして、病気し、心機一転…という、かなり波乱万丈な9年間で、見応えがある。 それぞれのエピソードがまるで掛けあうように同時進行し、そのうち、24歳役と 27歳役が互いを非難して怒鳴り合ったり、25歳の恋愛を複数で問い詰めたりと発展していき、皆の興味が 29歳に集中。 思いがけない男関係に、他の9人ばかりか、会場全体が仰天する sign02 観客を巻き込む上手い演出だわ~ flair
昨年からの参加が6人。 皆さん個性的で、魅力的。 俳優さん達の掛けあいも息が合い、見事だ。 20歳役の松永さんはとっても初々しくて可愛いし、28歳役の土屋さんは、ハッとするような美人 lovely ミムラ似の冬月さんは、千秋楽が30歳の誕生日だという。 次回の再演では、卒業なのね、多分。

この作品は、出演者やエピソードを変えて、どこででも上演できそう。 いいアイディアだわ shine

« 会員向け連続パソコン講習会 | トップページ | 店の名前が変わっても »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/49218321

この記事へのトラックバック一覧です:  「IN HER TWENTIES 2013」TOKYO PLAYERS COLLECTION:

« 会員向け連続パソコン講習会 | トップページ | 店の名前が変わっても »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ