« ロイヤル・エレガンスの夕べ | トップページ | 『大奥』第7巻 »

『心のおくりびと~東日本大震災 復元納棺師~』

9月6日(木) cloud

Photo3.11では、「 津波や火災で遺体の損傷が激しかった 」「 遺体が多すぎて火葬待ちが長引いた」 「発見が遅れて身元確認を肉眼で確認することができなかった 」…そんな記事を目にしていたので、こういう人がい本当に良かったと思い、この本を購入した。 が、中々読みだせずにいたの。

今西 乃子 著、浜田 一男(写真) 、金の星社 (2011/12/7)
被災地にボランティアで入り、遺族の思いが動きだす瞬間を見てきた岩手県の復元納棺師 笹原 留似子さんの 150日の記録。

遺体安置所えは、突然、家族を亡くして、その遺体の損傷が激しくて 「 お別れ 」 をすることがどうしてもできない、幼い子どもに見せられない、そういう遺族が大勢いた。 笹原さんは、道具を持参して駆けつけて、日々遺族に寄り添い、写真を見ながら生前の姿に近づくよう復元して 「 家族に返す 」 作業を続けた。 ようやく涙を流して愛する人の死を受け入れることができた遺族の様子に、胸が痛くなる sweat02

5か月間に 300もの遺体と向き合い、遺体が白骨化して復元ができなくなって、今後は遺族の気持ちを和らげる 緩和ケアのボランティアが必要だと、北大の医師に繋げたことも 感動的だった。

« ロイヤル・エレガンスの夕べ | トップページ | 『大奥』第7巻 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/46972731

この記事へのトラックバック一覧です: 『心のおくりびと~東日本大震災 復元納棺師~』:

« ロイヤル・エレガンスの夕べ | トップページ | 『大奥』第7巻 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ