« マンゴー | トップページ | 愛知まで、自転車旅行 »

報奨金

8月9日(木) sun

毎日、テレビや新聞では オリンピックのニュースがトップを飾っている。 私も、そこそこ気にしているが、深夜の試合を寝ずに観戦するようなことは、ない。 この暑さで体力を消耗し、夜はゆっくり休息しないと sleepy

そんな中、メダルの報奨金が種目によって異なると、初めて知った。 水泳では、金メダルが 300万円、銀が 200万円、銅が 100万円、協会から出るそうだ。 が、柔道は、0円 だって wobbly
「 お家芸だから、とって当たり前っていうことで、そのままきたんじゃなにの? 」 とは夫の推測だが、唯一の金メダリストである 松本選手には、協会も国民も救われた思いをしただろうから、多少とも、あって然るべきじゃないかな。

soccer それと、なでしこジャパン。 金か銀でも、帰りの便は エコノミー席なの? メダル無しでも、男子は ビジネスクラスなのに。 それについて、こんな報道があった。

【 AFP=時事 】 男女の代表はロンドンへ同じ飛行機で向かったが、男子が ビジネスクラスであったのに対し、女子は一般の搭乗客に混じって エコノミークラスで移動したことで、各方面から性差別だと非難する声があがっていた。
 ただ、今回、ロンドン五輪に際して 日本サッカー協会 ( JFA) は 、女子代表のメダル獲得への期待の高さから、行きの便のクラスを通常のエコノミークラスから 「 プレミアム 」 エコノミークラスに格上げしていた。
 日本オリンピック委員会 ( JOC ) では、柔道代表など身体が大きい選手を除き、日本代表の移動手段をエコノミークラスと定めているが、サッカー男子代表は 日本サッカー協会の後押しを受け、1996年のアトランタ五輪以来、ビジネスクラスへ格上げされている。 報道によると、男子代表はプロ選手であることが考慮されているためだという。

この件について、準決勝後の会見で質問された女子代表の佐々木則夫監督は、 「 ビジネスと同様で来たので、全然問題ありません 」「 プレーを見てもらえれば分かるように、辛抱強いです。 エコノミーでも OKというのが、今の力になってます 」 などと語った。 辛抱強い とメダルへの執着が強くなるのなら、男子もそうすればいい )。

昨年ドイツで行われたサッカー女子ワールドカップで優勝した際には、帰りの便 ビジネスクラスになったとか。 ( じゃ、金をとれば、帰りの便では、女子代表もビジネスクラスに 「 格上げ 」 されるのか? )

« マンゴー | トップページ | 愛知まで、自転車旅行 »

男女共同参画」カテゴリの記事

コメント

なんだかんだで、なでしこも帰りはビジネスクラスになったようですね。
その時々に寄付を集めるという方法もありますが、成績を残して地位を築くという方が順当だと思いますし、選手たちもそのつもりでいると思います。

男子はメダルを逃してしまいましたが、男女ともにトーナメントまで勝ち進んだのは日本だけですので、その辺は評価されてもいいと思います。
男子チームは、あのチームにしてはできすぎだったと思いますが。

韓国の兵役免除については何とも言えませんね。
免除されるのは2年間だけのようですし、主力選手にはほかの方法もありそうです。
ただ、領土問題などの他国に関わる問題を競技場で主張するのは勘弁して欲しいし、そういう場ではないことを理解して欲しいと思います。

ハイ、「エコノミー相当の補助しかしない」という意味だと、理解しています。
今日の朝刊に、事の結末が書いてありました。
(「寄付金を集めて、帰りは男子並にしよう」という呼びかけも、あったとか)

男子、敗けちゃいましたね。
韓国は、兵役免除がかかっているから、必死でメダルを取りに来るのでしょうか。

佐々木監督は先日の「引き分け狙い」発言もそうですが、冗談めかした発言がある方ですから(厳しい境遇を笑い飛ばすような姿勢があのチームを作ったとも考えられる。)、そこに引っ掛からなくてもいいかな、とも思います。
日本女子サッカーの(主に経済的な)環境の悪さは以前から話題になっていますが、それで精神面が鍛えられているともよく言われます。
男子のプロサッカー選手や(今回は種目がありませんが)プロ野球選手は普段、ビジネスクラスで移動していますから、オリンピックの時だけエコノミーというわけにも行きませんし。

あとJOCが定めているという基準ですが、おそらく補助金などの基準額だと思われます。
ですので、選手の移動は「エコノミーを使わなければならない」のではなく、ビジネスやファーストを使ってもエコノミー相当の補助しかしないということでしょう。

よこたまさん、

詳しい解説をありがとうございます。
全員エコノミークラスの中、男子サッカーだけがビジネスクラスということだとは理解しています。
でも、「辛抱」は、説明としてどうかと思います。

金300万、銀200万、銅100万というJOC支給の報奨金は全競技共通です。

競技団体による報奨金はその団体の財政能力によっても左右されますね。
また競泳では個別にスポンサーから金3000万、銀300万、銅100万が支払われるというものもあります。
選手によっては所属する会社からもボーナスが出ることもあります。
より注目度の高い競技のほうが資金が集まりやすいのは仕方ありませんね。

あと飛行機の座席についてですが、過去に男子サッカー選手がビジネスクラスで移動中にエコノミー症候群を発症した例もあります。その時も現場復帰までに時間がかかりました。
みんなプロ選手ですので、移動で無理をさせて健康を害したのでは、所属チームとの契約問題にもなりかねません。代表選手でも所属クラブの許諾なしに呼ぶことはできませんので、協会もかなり気を使っていますよ。
性差別というか、男女プロサッカーの市場規模の差ですかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/46630364

この記事へのトラックバック一覧です: 報奨金:

« マンゴー | トップページ | 愛知まで、自転車旅行 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ