« 映画『ミステリーズ・オブ・リスボン』 | トップページ | 彦根城 »

彦根城と琵琶湖へ

6月25日(月)

金曜日から帰省していた息子 が 「 月曜まで年休とってるから、どっか行こうか? 」 と言うので、愛知に帰りがてら、彦根城 琵琶湖 見物をすることにした。
予定を立てたのが、土曜日の夜。 ネットで検索しながら 時刻表もチェックし、昨日、乗車券を購入。 朝早くに出発して、3時間で彦根駅に着く。

家から持ってきた 飲み物とおつまみに、残り物の 高菜と大葉で作った をいただきながら、朝刊を読んだりして、快適な新幹線の旅。 名古屋駅で こだま に乗り換えて、山と田んぼの のどかな風景を見ていうと、米原 ( まいばら) 着。 米原って、何でここに新幹線が停まるの? と 不思議に思うような 田舎町なんだけど…大物の政治家でもいたのかしら
ここで 琵琶湖線 にまた乗り換えて、彦根駅へ。

少し前、ひこにゃん という ゆるキャラが全国的に有名になった。 駅前に立つ ひこにゃんは、色あせていた。 メンテナンス、してあげてよね。 とは言え、 「 彦根城って、有名なの?」 と言う R でも、「 ひこにゃんのお城 」 と言えば、すぐに分かる。 私としては、桜田門外の変で暗殺された、大老の井伊直弼が藩主だった…というイメージが強いけれど

F1010046彦根駅構内に 観光船のポスターが掲示してあるのを見て、乗ることにした。 観光案内所で、もうすぐ港までの 無料シャトルバスが出ると教えてもらい、割引券をいただく

観光船は、竹生島 ( ちくぶしま ) まで往復するのだという。 乗船した ニューわかあゆ号。 R よりも年上、200人乗りだが、お客はその 1割位。 船内には、昭和歌謡が流れている

F1010047よく晴れて、気温が上がってきた。2階デッキで、気持ちの良い風を受けながら、湖を渡るのは、気持ちが良い
島には宝厳寺があり、唐門と都久夫須磨神社本殿が、国宝。 琵琶湖を観光しようと安易にやってきたが、フェリー会社のパンフでお勉強。

F1010050


40分ほどで、竹生島 に到着。 山の斜面に神社が建っていて、階段をかなり上っていかないと、拝観できない  

F1010051_2
弁財天堂。 茅葺きのいい感じ。 観光ボランティアさんが愛想よく寄ってきて、説明してくれた。

F1010054

桃山時代の渡り廊下、舟渡り。 木造で、風情がある

F1010052

上からの眺め。

お腹が空いたが、期待したような あゆの塩焼きと生ビール とか、気の利いたものはなく、土産店の奥で しじみご飯としじみのみそ汁、 F1010049こんにゃくと牛すじの どて煮 を分け合って食べた ( 写真は、R が七味をかけた後に撮影 )。 しじみご飯は、佃煮をご飯の上に載せて 松葉海苔をかけたのだった  甘い…。  R は、店主お薦めの、お茶とわさびで お茶漬けにして食べてた ( これで、料理? )。

70分後に出る船で、彦根港に戻る。

« 映画『ミステリーズ・オブ・リスボン』 | トップページ | 彦根城 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彦根城と琵琶湖へ:

« 映画『ミステリーズ・オブ・リスボン』 | トップページ | 彦根城 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ