« 野菜がいっぱい! | トップページ | 劇団文化座『てけれっつのぱ』 »

発信する女たち 6.2集会

仲間と誘い合って、反原発の集会へ。  1時30分からだったのに、1時30分開場 2時開始だと思い込み、遅刻 despair 早めに家を出て乗り換え無しだったので、最初の加藤登紀子さんの歌は聴けた。 その後、仲間が取ってくれていた席に移動。

国際NGOの満田さん 「 チェルノブイリでは、居住に 1%という基準を住民が勝ち取った。 全住民に定期的な検査と医療、年 2回の ( 汚染されていない場所での ) 保養、汚染地以外の場所での生活も保障されている 」。 こういう先例があるのに、日本は全く学んでいない。

その後、著名な登壇者が次々とお話。 たった 10分ほどの持ち時間での 凝縮したお話に、会場から何度も共感の大拍手 shine
休憩をはさんで第二部では、大学生など 福島の若い女性達の話を聴くことができた。 「 この先、子どもが産めるのか、不安。 18歳までの子どもの健診や医療費減免、母子対象の支援はあるけれど。 19歳以上の私達も定期的な健診を受けたいし、たまには福島から離れて保養もしたい 」 と。 不安を抱えながらも活動する彼女達の報告・発表に、胸がいっぱいになった。
「 安全だというなら、国会を福島に持ってくればいい。 自分だけでなく、家族も連れてきて住めばいいと、皆、言っています 」 という発言には、会場から大きな拍手が。 同感!
「 家の周りを除染しても、中の数値が高くて到底住めないし、( 誰も買ってくれないから ) 農業で暮らしていけない。 除染にかかる費用をこれからの私達の生活補償に回してほしい 」

« 野菜がいっぱい! | トップページ | 劇団文化座『てけれっつのぱ』 »

市民活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/45510486

この記事へのトラックバック一覧です: 発信する女たち 6.2集会:

« 野菜がいっぱい! | トップページ | 劇団文化座『てけれっつのぱ』 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ