« 桂文珍『大東京独演会』 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012「熱狂の日」 »

イタリア映画祭『気楽な人生』

5月2日(水) rain

私の好物の中で、夫は好んで食べないが、R は好きなものがある。 R がいると、それを一緒に食べる楽しさがある。 リビングは 彼の衣服で片付かないが、大荷物を一緒にクリーニング店に運んだり、生協の宅配品をリビングに運んでもらえる利点もある。 たまに帰ってくる位がいいんだね、やっぱり。

movie 今年も、いつの間にか イタリア映画祭 のサイトがオープンしていた。 2か月前頃にチェックしてもサイトがなくて、開催するかどうかさえ分からないのにね・・・ despair 新聞記事を見て、いつも慌ててチケットを買うことになる。

今年は、興味と上映時刻の関係で、一つだけ観る。

Photo_2

監督:ルーチョ・ペッレグリーニ
(Lucio Pellegrin)、2010年/102分

教授の息子で世渡り下手な ルカ と 如才なく金を稼ぐ有能な マリオ は、古くからの友人で医者。 美人を取り合って負けたルカは、ケニアで僻地医療に取り込んでいる。
欲を出してポカをやったマリオが、ルカを助ける振りをしてケニアに飛ぶところからストーリーが始まる。  二人の中年男の諍いや現地との習慣文化とのギャップで笑わせ、有能な医者だけど、2人とも 滑稽で情けなくて、笑えるシーンが多い
happy01 coldsweats01 wink

ユーモアたっぷりで、楽しかった。 特に、最後の大ドンデン返しに、唖然。 夫の大金を持ち逃げしようとルカに持ち掛ける妻を手玉に、ルカがとる行動が flair
男二人と関係をもつマリオの妻が、ひどいね。 友情を壊しちゃいけないよ。  男二人の間を行ったり来たり。 「 迷うなら、まず 一人になってみるといいじゃん 」 と、共感できない役だわ。  リオに飛んだルカは、さて、この後、どうするんだろう・・・

« 桂文珍『大東京独演会』 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012「熱狂の日」 »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/45101392

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア映画祭『気楽な人生』:

« 桂文珍『大東京独演会』 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012「熱狂の日」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ