« 弘前城 | トップページ | 秋田 »

津軽藩ねぷた村

4月25日(水)

秋田行きの特急電車の発車時刻がゆっくりだったので、バスで 「 津軽藩ねぷた村 」 へ。 弘前公園の脇にあるので、100 円で行ける。
ねぷた の実物を見ながら、津軽地方のねぷたについての説明を聴く。 青森・五所川原との違いが、面白かった。  漁港である青森市とは違う、城下町としての誇りがあるそうな。 説明が得意でなさそうな青年が、懸命に話すの ( 多分、実演が得意なのね )。
Photo_9

これが、従来からの哀愁を帯びた表情の扇型。 部屋を暗くして、内部照明で絵柄がよく見えるように展示してある。

Photo_10

こっちは、勇壮な絵柄タイプ。

その後、彼は太鼓を叩いて見せて、体験も指導してもらった

Photo_11


ベテランと若手、女性二人による津軽三味線のライブもあった。 合奏とソロで、10分。 ベテランの方のは、力強くて変化に富んだ演奏。 生音の贅沢   津軽塗りや凧、こけし、こま…名産品の実演販売が色々あって、楽しかった。 普段使いに、津軽塗りの茶匙と箸置きを買う。

ホテルから荷物を回収して、駅へ

« 弘前城 | トップページ | 秋田 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津軽藩ねぷた村:

« 弘前城 | トップページ | 秋田 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ