« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の記事

桂文珍『大東京独演会』

4月29日(日) sun

R が夫とソフトボールクラブの練習試合に行ったり、仲間と フットサルやったりして、汚れ物が山のよう。 洗濯機が、よく働いてくれている。

同期 ( 入社 ) と先輩が結婚して、子どもが生まれたんで、トイザラスに行くんだ。 お祝いに、何買ったらいいかな 」 と言うので、アレコレとアドバイスしていたら、同期の人達に声をかけて、 「 一人一冊、絵本をプレゼントするの、いいな 」 と言うので、クレヨンハウスを推薦してあげた。

私は、友人と、文珍の 『 大東京独演会 』 へ。 一昨日から昼夜興行で、千秋楽。 国立劇場 小ホールは、満席。
36演目が書いてある一覧表を いつものように 天井から垂らして、更に 「 シェフのおすすめメニュー 」 が書いてある 小ぶりの表を 弟子がもってくる。
客席からのリクエストをもらい、取り合わせのよい 3作品を選んで、スタート。

政治の話を笑いにして、サラッと流しながらも 結構言いたいことを言っていた。 そうそう、その通りよ flair 政治や社会問題への関心の有無も、私には大事な 「 ご贔屓 」 の要素だ。

下手な落語は、台本を一本調子でがなりたてる。 だから、噛んだりトチったりすると、ヒヤっとして疲れるの。 力んでいるんだろうね。
文珍のは、登場人物が普通に話したり呟いたりする。 声が小さいのに、ちゃんと聞こえる。 演目というより、見てきたことを楽しそうに話している雰囲気なので、こちらもリラックスして 大笑いできるのだ shine

お誕生日には、薔薇を

帰宅すると、昨日、仕事が終わるなり 車で帰省してきた 息子 が、寝ていた。 昨日の朝 8時過ぎ、携帯に電話してきて、 「 何で、家に誰もいないの? 」 「 お父さんは仕事に行って、私は帰省中だから 」 。 私がいつでも家に居ると思うなよ。 そして、帰省する日くらい、前もって言っとけって。

F1010063

狭い我が家の玄関先には、高さ 60㌢はあるミニ薔薇の鉢植えがドデーン sign01

お誕生日、おめでとう  」。

「 赤い薔薇は好きよ、ありがとう。 でも、我が家のサイズを考えてよ 」。

「 だって、( サービスエリアに ) これしか売ってなかったんだよ 」。

Photo_7

イタリア バローロ村の赤ワイン、 ベルサーノ バローロ 2007。 夫が、私の誕生日だからと、奮発して買ってきてくれた。
好物の ずわい蟹と いくら軍艦巻き入りのお寿司で、夕食。

郷里の桜並木

4月28日(土) sun


Photo_5

帰る前に、Kさんが 車で土手まで連れて行ってくれた。 父も一緒だ。

Photo_6


花びらの道も、ステキだった。

郷里の桜

4月27日(金) cloud rain

今年、郷里の桜並木の写真が、「 東北の桜 」 という大きなポスターに採用されて、JR駅構内に掲示してあったが、この寒さで桜の開花が遅れ、私も 35年振りにそれを目にすることができた。 例年、中旬頃が花見時で、その時期に帰省することがなかったの。

父がデイホームに行った後、「 ちょっと花見に 」 と出掛けようとしたら、兄の連れ合い、Kさんが 「 私も一緒に行っていい? 今年、そう言えば、花見してない 」 。

Photo_8

久しぶりに城址公園に向かって歩いていくと、車道と別れて 歩行者用の道が整備されていて、満開の盛りをちょっと過ぎて 風に舞う 桜吹雪 に、ウットリ・・・。
土手の桜並木が見渡せる 展望台までできていた sign02 おぉ、観光にお金かけたのね~
shine

資料館には、地場野菜や花苗の直売所ができていて、お弁当や和洋菓子類も充実。 地元の物産、頑張れ! と、お買いものしてきた wink

角館

4月26日(木) sun

秋田駅の売店で、ご当地キティちゃん 「 なまはげキティ 」 を発見! ヘンテコで、笑ってしまう。 キティちゃん好きの知り合いへのお土産とする。

発車 10分前に秋田新幹線ホームに行くと、こまち がもう、居る……あ、始発駅だったわね、当然だわ coldsweats01

初めて乗った こまち、次の 大曲駅まで、座席と反対方向に走るの、何でだべ?
それから、盛岡までは 「 新幹線特急券 」 ではなく、ただの 「 特急券 」 で、安いの。 盛岡までは停車駅が多くて、特急並のスピードだから? 全席指定の筈なのに、車内放送によると、「 座席指定席券をお持ちのお客様優先で、空いている席にお座り下さい 」 。 途中、「 下りのこまち号と待ち合わせのため、一時停止致します 」 。 んんん…意味がわからん
despair

Photo_15

角館駅前交番。 武家屋敷か?と見紛うばかりなり。

Photo_16
駅前の観光案内所、。 ホントに、蔵みたい。 観光に重きを置いているって、はっきりわかるわ。 大型荷物でも 200円均一で預かってくれる ( JRは、300円/500円 )。
地図をもらって、行き方を教えてもらう shine




駅から徒歩 15分で、武家屋敷がズラーと並ぶ通りに着く。 桜がまだ咲いてなくて、とーっても残念。

Photo_17

入場料 500円の青柳家。 広大な敷地に、年季の入った 枝垂れ桜が何本も。 3千坪もある敷地には、北門、東門、正門とあり、
F1010049_2社まである。 ずーっと見てると、飽きてくる…despair

観光客が行き交う中、数組の角館小学校4年生のグループが、「 私達は、桜の街の案内人でーす。 お時間のある方は、どうぞ聞いてくださーい ! 」 と叫びながら、歩いている。 先生に付き添われて、観光ボランティア を体験しているようだ。

時間があったので、「 ハイ、聞きまーす! 」 と、応じてみた happy01 テーマを選ぶと、それを担当する子が、写真を見せながら、原稿用紙に書いた原稿を読み上げる。 写真も原稿も、パウチ加工済み。 樺細工の説明など、なかなか良かった wink
 

Photo_18

樺細工伝承館.。 とっても素敵な建物で、名工の実演もしている。 少し、質問をさせてもらったり。

F1010055

 

川べりには、2キロメートル続く桜のトンネル。 咲いたらキレイだろうね。

こまち に乗って、仙台へ。 意外と小さな ( 郷里の街みたい ) たざわこ駅 には、韓国ドラマ 「 アイリス 」 の どでかいパネルが飾ってあり、「 いらっしゃいませ アイリスのロケ地田沢湖へ 」 と書いてあるのが、車窓から見えた。

秋田

特急 津軽 で、終点の秋田駅へ。 乗り降りが殆どない小さな駅で 何度も停車し、私の感覚だと、「 快速 」 ってとこ。

Photo_12駅ビルで内で地ビール片手に昼食とり、構内の観光案内所へ。
地図をもらい、回りたい施設に○印をつけてもらう。 フンフン…、距離感が大体把握できた。

今日の宿は、SEIBUデパートの向かい側。 荷物を預けて、まずは 秋田市立千秋美術館( せんしゅう 、岡田健三記念館 ) へ。 「 アトリオン 」 という複合施設に入っていて、同じ階には国際交流センター、地階には観光物産店、上の方には、男女共同参画センターもある。 1階には、HISに飲食店、毛皮専門店なども入っている。
現在、「 ブルーノ・ムーリのアートとあそうぼう!」 という企画展をやっていて、楽しかった。

「 桜まつり 」 をやっている千秋公園の入り口には、平野政吉美術館 がある。 とても素敵な建物。 平野政吉が、親しかった 藤田嗣治 に依頼したという 「 秋田の行事 」 という大作が、壁いっぱいに展示してあって、それは見事 shine 「 先日の大風で天井付近のガラスが壊れ落ち、危険だから 」 と近くでは見られなかったが、2階からも見られるようになっていて、壮観。

千秋公園は、堀が巡っていて、広い敷地。 坂道を上っていくと、花見客とそれ目当てのテント売店がズラーっと並んでいて、どこにでもあるような光景。残念ながら、桜はまだまだ。

Photo_14

次は、橋を渡って、民俗芸能伝承館へ。 右側の緑色のビル。 ちょうど、バスで乗り付けた団体向けに 秋田竿燈 の実演を行っているところで、団体客が去った後、実演して見せていた方が、後から加わった青年と私の 2人に、体験指導 ( ムリ~ sign01 ) と説明・質疑応答も丁寧にして下さり、感謝 shine 隣接の木造家屋は、江戸時代の商家。 入口から奥の内蔵まで土間が続いている。

Photo_13

暖かったので、発泡性のお酒を。 右が、あきたこまち 100%の発泡清酒、ラシャンテ。 大仙市の鈴木酒造店。
左が、どPink。 赤色清酒酵母仕込み 白瀑醸造元  山元合名会社  山本郡八峰町。

ホテルの製氷機で氷を仕入れ、on the rocks でいただく。

津軽藩ねぷた村

4月25日(水) cloud

秋田行きの特急電車の発車時刻がゆっくりだったので、バスで 「 津軽藩ねぷた村 」 へ。 弘前公園の脇にあるので、100 円で行ける。
ねぷた の実物を見ながら、津軽地方のねぷたについての説明を聴く。 青森・五所川原との違いが、面白かった。  漁港である青森市とは違う、城下町としての誇りがあるそうな。 説明が得意でなさそうな青年が、懸命に話すの ( 多分、実演が得意なのね )。
Photo_9

これが、従来からの哀愁を帯びた表情の扇型。 部屋を暗くして、内部照明で絵柄がよく見えるように展示してある。

Photo_10

こっちは、勇壮な絵柄タイプ。

その後、彼は太鼓を叩いて見せて、体験も指導してもらった lovely

Photo_11


ベテランと若手、女性二人による津軽三味線のライブもあった。 合奏とソロで、10分。 ベテランの方のは、力強くて変化に富んだ演奏。 生音の贅沢 heart02  津軽塗りや凧、こけし、こま…名産品の実演販売が色々あって、楽しかった。 普段使いに、津軽塗りの茶匙と箸置きを買う。

ホテルから荷物を回収して、駅へ dash

弘前城

青森から奥羽本線で、弘前へ。

いつものように、駅前ビジネスホテルにチェックインし、荷物を預ける。 弘前駅前からバスで弘前城へ。 「 さくらまつり 」 の時期は、花見の観光客用に、駅から弘前公園までは 100円 均一となっている。 なので、整理券は取らずに、降車時に 100円玉 を入れるだけ。 多数の客を早くさばく優れた手法だ。

昨日から 「 さくらまつり 」 が始まったが、全然咲いてない。 

Photo_8

cherryblossom 入園料を支払うと、券が 2枚、ついてくる。 上の桜色の方には 「 さくら咲いてね 」 キャンペーン 「 いつでもお使いいただけます 」 と記してある。 桜が開花していないことを これで帳消し? お茶目な発想だ
wink

Photo_7バス停前の追手門から入ると、まばらな観光客相手に バラック建ての店が並び、車椅子の介助ボランティア・観光ボランティア、観光協会の職員さんなどが、揃いのジャンパーや法被姿でズラーッとスタンバイ。 何か…恐縮しちゃう coldsweats01

観光ボランティアの仮設テントで、依頼。 退職してから観光ボランティアを始めたという男性に、案内していただく。
何十種類もある桜の歴史、手入れ、弘前城の歴史、桜を中心にした弘前市の観光行政、国の文化遺産予算・縦割り行政の弊害…。 冗談も交えながらシャッターも押して下さり、と~っても楽しかった shine
最後に名刺を手渡しながら、「 次にいらっしゃる時には、指名しないでください。 98名いますから、他の人の話を聞くと、またいいですよ 」。
ボランティアについて感想を聞いたら、「 弘前城の桜のおかげで、( ボランティア仲間や観光客など ) 沢山の人と知り合えて、楽しい 」 と。
桜の咲いている時に、また来ないとね。 ただし、宿がとれないほど、混むんですって despair

新幹線の旅~東北新幹線、秋田新幹線~

4月24日(火) cloud

昨年、はやぶさ号 で東北新幹線の終点、新青森駅まで乗って行こうと計画をしていたが、大震災で頓挫。 1年経って、実行することにした。
やっと暖かくなる東京を後に 冬の気温 ( 11℃の予想 ) の青森へ。 ウールのショールに手袋、貼るカイロを荷物に入れて、と despair
行ってきます!


仙台行きは沢山あるけど、青森行きはそうじゃないので、乗り遅れないようにと、緊張する。 車内は、ほぼ満席。 缶ワインを買って、機内誌を見る。 トランヴェール 4月号 は、盛岡の特集。実は私、2010年12月号の 青森特集 を手に、旅行の計画を立てたのだから、この月刊情報誌は充分、目的を果たしている訳よね
confident

cherryblossom 車窓からは、福島、宮城…と満開の桜が見えて、ホント、花見旅。
仙台、盛岡と停車するごとに 乗客はどんどん減っていき、トンネルばっかり。 抜けると、雪が残っていて、寒そう。

Photo終点。

Photo_2
ゆっくり撮れるね confident

 

Photo_4
駅舎周辺には、ホント、何にもない。 空き地に、ポツンと建ってるの。 駅中は、土産もの店がいっぱい。

Photo_5

青森の有名人と言えば、棟方志功。 時間的に余裕がないので、観光は、記念館だけにする。

F1010013

シックで、いい感じ。 校倉つくりを模したんだって。




Photo_6

庭には雪が残っていて、しだれ桜の蕾は固い。 青森の花見は、まだまだ。

展示室には、有名な 「 釈迦十大弟子 」 が壁一面に広がっていて、凄い勢いの 書作品も目を惹く。
この時期の展示テーマは 「 詩歌を詠う 」。 作家の歌集や句集を扱った連作板画。
ホイットマンの詩集の抜粋をアルファベットで彫りこんだ連作もあった。 1959年に渡米した際に制作したとのこと。 詩集のもつ情景を描くだけでなく、画面いっぱいに 文字そのものも彫りこんであり、漂うように自由に配置されている。

劇団東演『どん底』

4月23日(土) rain

2日間の 「 まつり 」 で販売した書籍の返品や振り込みなどの後始末をしつつ、明日からの旅の準備。

夜は、演劇鑑賞会の例会。
作:マキシム・ゴーリキー、訳:佐藤史郎、演出・美術:V.ベリャコーヴィッチ
出演:笹山栄一、山中康司 ほか

舞台には 2段ベットが幾つも並ぶ。 斬新な舞台装置で、演出もいいと思う。 が、翻訳劇によくある 説明過剰な長台詞が、とっても苦手。 特に、この作品のように がなり立てる のは、頭に響いて、辛い。 今、疲れていることもあって、人を傷つけるような荒んだ言動は、心が受け付けない despair

bud 私は、一言で済むのを 10に増やしてしゃべるのより、一言でその意味することを想像するのが好き。 ダンスやマイムのように、台詞が無いのも、好きだもの。
落語は、上手な人がペラペラ軽妙に話すのは、OKよ shine

F1010003
帰途、仲間と韓国料理店で、マッコリを飲んで、ホッ lovely やっぱ、甕から飲むのが、一番だわ。 応対してくれたお姉さんが美人で 愛想が良くて、目も気持ちも癒された。

『ミツバチの羽音と地球の回転』

4月22日(日) cloud rain

昨日の夕方、今日の午後と、映画を上映。 総会・会員交流会の後に行う講演会と違い、これは、一般向けの娯楽企画枠だ。 とっつきやすいテーマで、
*男女共同参画への理解を深める *団体の認知度をあげる *会場の男女共同参画センターに足を運んでいただくことを目的に、企画している。


Mitsubachi_omote600
昨年、下見をして感銘を受けた映画と鎌仲ひとみ監督のトーク。
監督のトークは 更に進化していて、日本の原発の現状、スェーデンで更に進む自然エネルギー事情を 愛用の小型PCを使って説明。 明晰・明快、穏やかな語り口で、内容がギッシリ詰まったトークだった
shine shine shine

監督への依頼が別料金で例年の予算を超えた ( もちろん、監督の制作資金の援助となれば、嬉しい限り ) ため、今回は、欲張って 2日に渡って 2回上映。 その分、スタッフの延べ人数も増えた sweat01 例年だと 会員周辺や地域の人達への前売りが殆どなのに、今回は、間際になって、映画のサイトで上映を知ったという他区・他県の方達から電話やメールでの問い合わせが増えて、当日の 「 取り置き 」 が多くなった。 その分、受付に時間がかかった上に、今日は、受付時刻前から 当日飛び込みが多数来場して行列を作り、定員を超える有様となった wobbly

予約客が来なかったり、前売りを買った人が来なかったりで、ざっとは入っていただけたが、あんなに入るとは予想していなかった。 こういうのを嬉しい悲鳴と言うのね。 無料でつけた保育の申し込みも多く、こちらの担当も大変だったと思う。

そんなこんなで、至らなかった点や反省すべき点は次年度に活かすことにして…
多数のアンケート ( 集計担当の、連休中の宿題 ) や大勢の知り合いや友人に  「 とっても良かった 」 と言われたり、 鎌仲監督と直接、お話できたし、映画を観に来た夫には、多分、初めて私の活動現場を見てもらう機会となった flair

講演『震災と復興~男女共同参画の視点から~』

4月21日(土) cloud

朝から準備をして、総会・会員交流会、そして男女共同参画推進のための 「 まつり 」 1日目。
『 ミボージン日記 』 連載や購読週刊誌でいつも感銘を受けている 竹信三恵子さんの講演会を開催。
竹信さんは、朝日新聞編集委員を経て、和光大学 現代人間学部教授。 ジャーナリストであり、「 東日本大震災女性支援ネットワーク 」 共同代表。 現状を変えていくために、政府にきちんとものを言っていく姿勢が、すてきな方だ。
今、週末は各地で 被災地からの声を届ける講演を 精力的にこなされている。

1.女性の声が届きにくい構造 ( 復興会議、女性の無償労働 )
2.避難所での問題点
3.女性への暴力 ( DV、性被害 )
4.地域での問題点
5.雇用・労働での問題点
6.女性支援が果たした役割と課題
7.復興へ向けて ( 地域防災計画への女性ニーズの挿入 )

*災害対策への女性の参画:地方の防災会議の委員は、女性が 0.4%
*防災会議の女性メンバーを増やすには…女性防災会議を立ち上げて、その中に専門家を入れる。 リストを作って、防災会議のメンバーとして、推薦する
*多様なニーズに対応することが必要なので、防災会議のメンバーには、女性だけでなく、障がい者、セクシャルマイノリティー、高齢者、外国人なども入れる
*各地域に女性の災害対策支援グループがあれば、震災時にスピーディーに情報を交換することができる

夕方には映画の上映もしたので、帰りは夜になった。 冷え込んだ体を bottle あたためて。

トイレで落としものをした時に

4月19日(木) cloud

明日明後日の総会・イベントの準備をしている。 資料の整理、看板作り、打ち合わせ。 並行して電話やメールで映画のチケット申し込みにも対応。

F1010002


さて、先日、表参道でトイレに入ったら、個室にこんなものが掛かっていた。
「 落としものをした時に使ってください 」 とある。 親切なことではあるが、滅多にない ( ? ) 落とし物に対策に、これを個室の備品にしてしまうことに、驚いた。
いや、きっと、大変な落し物事件があったのかな coldsweats02

地球イチバン

4月12日(土) rain

NHKの番組で 『 地球イチバン 』 が 大のお気に入りだったのに、3月で終わってしまって、と~っても残念 despair

「 自然エネルギー 」 には 目を見張り、「 北の町 」 には、感動した heart02
きゅーくつな島 」 に 心があったかくなって、「 巨大水上集落 」 は ( 旅行で訪ねたことがあるので )、懐かしかった lovely
シンプルライフ 」 には 我が身を反省させられ、「 子どもにやさしい教育 」 は、日本が目指すべき教育の在り方として 勉強になった confident
そして、「 幸せな国 」 では、日本が失ってしまった地域社会の絆を痛感し、「 生き物共存 」 という考え方に共感した flair

忙しすぎると テレビも活字もご無沙汰してしまうことがあるが、時間と情熱と経費をかけた こういう上質な番組を見る余裕は、残しておきたいと思う。
見逃した方は、一行目のリンクで見に行けるよ shine

「上野先生、勝手に死なれちゃ困ります~僕らの介護不安に答えてください~」

4月10日(火) sun

Photo


書評を読んで購入した上野先生の対談本、ためになって面白かった good

上野千鶴子・古市憲寿 著、出版社: 光文社 (2011/10/18)

この春、東大を退職した上野千鶴子のベストセラー 『おひとりさまの老後』 の帯の名文句 「 これで安心して死ねるかしら 」 に対して、 院生で社会学者の 古市憲寿が、待ったをかけた。 親の老いや介護に不安を感じる若者世代が、先生に教えを乞う。
博識の上野先生は、団塊世代の子育てを 「 魚の釣り方を教えないで、釣った魚を与え続けようとしている 」 と 一刀両断しつつ、若者に分かり易く介護と年金の現状を教えていく。それに対して、「では、どうすればいいのか?」 という古市青年に、市民運動のやり方まで教えてもらう coldsweats02

古市青年の 「 不安 」 をどんどん解明していく方法が、分かり易い。
*遺産もらえるかな、なんて思ってても無駄です
*介護の果てに待つ、なんの保障もない老後
*社会保障のソフトランディング
*巨艦沈没していく既得権者
*内部改革はありえない、異形細胞を出せ
*若者と女性に厳しい国
*とっくに出ているのに採用されない処方箋
*「 助けて 」 と言うための、スキルと能力
*自分の弱さを認めるハードルを下げろ
*弱さに気づかないまま、泥船ごと沈んでいく!?
*介護には絶対、男と孫を巻き込むべし
*からくりと選択肢を示すのが、研究者の使命

pencil 「あとがき」で、上野先生は「 自分が若い頃は親の世代の話を聞こうなんて思っていなかった 」 と、古市青年が聞く耳をもっていることを評価する。 また、子育ての成功と失敗は 子ども自身が判定することで、「 子育てに成功はない 」 とも。
若者に不安を持たせる社会、格差に不況、原発事故。 希望と出口が見えない社会を変えられなかったとも認める。

政治がもたらす災厄は、人災。

 

桜吹雪

4月9日(月) sun

cherryblossom 近所に桜の名所があって、歯科医院に行く時に遠回りして、見物してきた。 駅前から通りに沿って 桜並木 がずーっと続いていて、途中、二つ公園がある。 春風に乗って、花びらが舞い、何とも美しい光景だ。 あちこちで携帯写真を撮っている人もいる。


F1010001


道すがら、コブシ が 開花していた ( 一昨日、ブログに載せた木のは、ここまで開いていない )。 日当たりのよい場所の木は、すでに落花していた。

cherryblossom さて、息子 Tお引っ越し は、終わったらしい。  夫が携帯メールで問い合わせたら、そう返信があったって。
近くに越してきたんだから、もっとうちに遊びにきてくれるかな shine
夫は、Y ちゃんの来訪を期待している。

「日本人の知らない日本語3~祝!卒業編~」

4月8日(日) sun

Photo_2


蛇蔵&海野凪子
  著、 メディアファクトリー (2012/3/8)

日本語学校の先生に取材した話を4コマ漫画にした、爆笑コミックの 第3巻。 学生達が卒業して進学・就職したり帰国したりで、このシリーズは、終わるのかな

今回も、学生達の可笑しな日本語に 大笑い happy01 比較文化も面白かったし、日本語を正しく学べるクイズや豆知識も good

cherryblossom 蛇蔵さんって、名前から 男性かと思っていたら、今回は 髪のくせ毛が蛇の形をしている女性として登場。 女性だったのね coldsweats01 彼女のエピソードもあって、面白かった shine

息子が引っ越し

4月7日(土) sun

Photo寒いね… despair 衣類の入れ替えをした。 ブーツをしまって、オーバーコートや厚手ウールのボトムスをクリーニング屋に持っていって…と。

近所の コブシ。 つぼみがやっと大きくなった。 桜より前に咲いてる筈なのに、今年は、今頃  coldsweats01


息子 T が、うちから電車で一駅の所に引っ越してくる dash 荻窪駅から徒歩 20分のアパートに住んでいたのだが、雨の日には自転車にも乗れず、終バスの時刻が早くて不便をしていたと sad  だから、駅前がいいって言ったのに・・・ 親の言うことなんか 聞いちゃいない。
引っ越し先は 連れ合いの Y ちゃんが前に住んでいた J街で、アーケードが続く駅前商店街は買い物に便利だし、物価は安いしで、いいところ shine

cherryblossom いつ 引っ越すって言ってたかな~。 そう言えば、住所も聞いてないわ。 自分の都合のいい日に 賃貸契約書の保証人欄に 「 印鑑、捺して 」 と来るので、印鑑も印鑑登録証の取り方も電話で教えて T が自分で済ませてしまったし ( 契約書、偽造? ) で、聞いてなかった sweat01 自立できるように育てたが、それが過ぎて、あれこれ聞かないと 何も報告してこない。 住所は、携帯のメール返信で、判明 catface
  

4月3日(火) cloud rain typhoon

Photo


cherryblossom 凄い風雨だったわ。 朝、桜並木を歩きながら、やっと桜の蕾が開いて 「 見事だわ~ 」 と携帯に収めた写真。 開いたばかりの花びらは、暴風雨で 吹き飛ばされてしまったかしら despair

ハート

地元の男女共同参画センターでは、異動や辞職などで一気に 7人いなくなった。 尋常じゃない数だ。 新任の方達のお名前と顔を一致させるのに、暫くかかりそうだわ sweat01

F1000147


お別れした方にいただいたのが、これ。 明るくて意欲のある方だったので、彼女の熱いハートが感じられる weep

特選落語会

4月1日(日) sun

北とぴあ さくらホールにて、14:00~16:20(?)
出演:桂 歌丸、柳谷花緑、柳谷三三、柳亭小痴楽

総会やイベントの準備で頭の中がとっちらかってはいるが、友人を誘ってチケットを買っていたので、落語会へ coldsweats01

大いに笑い、楽しかった happy01 各人が、期待通りの噺をしてくれて、満足 shine
その後、会場近くにある 韓国料理店へ。 以前から気になっていたのだが、一人で入れる雰囲気ではなかったの。 今日は友人も一緒なので、偵察に入ってみた。 ちゃんと に入った 甘くしていない マッコリ が出てきて、サムゲタンキムチ鍋 も美味しかった lovely お店の従業員は皆、韓国語でしゃべり合っていて、感じがいい。 こういう店は、美味しいのよね good 次のサークル会は、ここでしようっと
sign01

お互いの近況を色々話し、スッキリした。 甕を空にし、お腹がいっぱいで 食べきれない チヂミ は、持ち帰って家族用にした。 笑って、美味しくて、楽しかった wink

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ