« 『陽だまりの彼女』 | トップページ | 体調不良 »

「現代社会の貧困」-男女共同参画から考える-③

2月22日(水) cloud

第3回「女性とホームレス」ホームレスから見える現状

講師:野依 智子さん(独立行政法人 国立女性教育会館 研究員)

ホームレス問題の動向

*「ホームレス」は、最近の言葉。元々、「野宿者」「路上生活者」と言っていた

*戦前・戦後も存在しており、高度経済成長期にも「1万人いる」と言われていた

*1990年代からホームレスが増加し、その対策として考えられたのは、 ① 排除 ②就労による自立 ③生活保護による自立

*2002年、厚労省は②を選択、「ホームレスの自立の支援等に関わる特別措置」を制定 …就労自立の意思のあるものを対象に、地方公共団体に施策の責務を負わせた

*2003年、ホームレスに関する調査が全都道府県で初めて行われた

*地方都市である島根・福井の駅構内でも確認され、「可視化」

*2007年、主要都市でネットカフェ難民調査を実施…ホームレス予備軍として注目される

*2008年、リーマンショックにより、大量の「派遣切り」 があり、2009年頃から若年ホームレスの増加が社会問題化…それまでは50~60代の日雇い労働者が殆どだったのが、東京や大阪で炊き出しに並ぶ2割が20~30代

ホームレスの全国調査から

*2003年 25,296人⇒2007年 15,759人⇒昨年は約1万人(自立支援センターに入ることで、全国的に減っている)

*年代は、50~60代が多く、平均的な月収:1~3万円 32.5%…空き缶集めや廃品回収をしていて「働いている」という意識がある

*路上生活 5年以上が増えている

*直前職:建設関係 55.2%

*家族・親族と連絡が途絶えている者 77.1%

*ホームレスとは…住居や着るもの、食べるものがないという物質的困窮だけでなく、関係性の喪失。関係性を取り戻すことが、支援

*講師が北九州市でかかわったKさん、Gさんの事例から

 ・一人親世帯に育ち、未婚

 ・家族と連絡をとっていないため、困った時に相談できない

 ・大都市では地方からの流入者が多いが、地方都市では地元出身者が多い

NPO法人 北九州ホームレス支援機構の活動紹介(講師が北九州で活動していた団体)

*活動理念

 ・路上のいのちに寄り添う、路上死を出さない、孤立させない

 ・最終的には、ホームレスを生まない社会の形成を目標とする

*事業

 ・北九州市との協働事業 自立支援センター:就労による自立を目指す

 ・厚労省との協働事業 サポートセンター小倉:技能講習を受けて就労する⇒課題①短期契約の仕事ばかりなので、契約が切れると家賃が払えなくなって路上生活に戻る ②知的障害者の活用

 ・独自事業 自立支援住宅:借り上げアパートに定住させることで生活保護を受給させ、民間アパートで自立させる(福祉による自立)

 ・自立した人達の互助組織、「なかまの会」を2009年に発足…自立支援住宅を出た後も、週に1度は事務所に来る。孤独死を防ぐため、来ない人は部屋まで行って様子をみる

 ・2005年の番組NHK『福祉ネットワーク』の鑑賞:高齢ホームレス支援の様子を描く

*自立後の課題

 ・孤独感:「一人ぼっちである」全くそう思う、まあそうだと思う…計70%

 ・自己有用感:「なくてはならない存在」全くそう思う、まあそうだと思う…計85.1%

 ・自立≠孤立 …路上生活でなくなっても、意識はそんなに変わらない

*女性ホームレス Nさんの事例

 ・2人の息子を置いて離婚⇒再就労⇒発病⇒路上へ

 ・次男に自分から電話して、再会。見舞いや葬儀の参列も

  ・再発したが、在宅看護を希望 ・ボランティアでチームを組み、訪問看護師やヘルパーと連携しながら、看取る

  ・「なかまの会」が葬儀を主宰。ボランティア・チーム全員が弔辞 ・人生を振り返り、息子やボランティアと人間関係性を回復することができた

*女性ホームレスの問題

 ・女性ホームレスが少ないのは、女性向けの施設が沢山あるから …母子世帯の66%、単身女性の25%が、DV被害者

 ・家を出ないまでも、従属的・抑圧的な家族関係であるなら、囲い込みに過ぎない

―この後、グループワークがあった。その発表を聞いた後、講師からの呼びかけ…皆さんから「自分につながる話」だと言ってもらえて良かった。この問題は、地域コミュニティーの崩壊に原因がある。地域コミュニティーを再生するために自分達に何ができるのか?

減災でもホームレスでも、結局は「地域コミュニティーの再生」に辿り着くのね wobbly

« 『陽だまりの彼女』 | トップページ | 体調不良 »

男女共同参画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/44265748

この記事へのトラックバック一覧です: 「現代社会の貧困」-男女共同参画から考える-③:

« 『陽だまりの彼女』 | トップページ | 体調不良 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ