« 現代社会の貧困~男女共同参画から考える~① | トップページ | 茂山狂言 HANAGATA »

『 トンマッコルへようこそ 』

1月28日(土) sun

Photo 子ども劇場の仲間に誘われてのグループ観劇。 今、 あうるスポットで行われている 「 日韓演劇フェスティバル 」 の一環。

Photo_2 韓国を代表する映画監督でもあり、舞台作家・演出家でもある チャン・ジン の作品。 韓国では 2005年に映画化され、その年の動員数1位 ( 650万人! 6人に1人が観たってさ ) のヒット作。 美少女 カン・ヘジョンの見事な演技、イム・ハリョンの名演、久石 譲の素晴らしい音楽 ( 監督が大ファンで、くどき落としたんだって ) そして、哀しいラスト weep とっても感動した作品なので、あのイメージを壊されたくない・・・ 多分、誘われなかったら、観劇しなかったわ coldsweats01

Photo_3劇団桟敷童子公演、13:00~15:00

作:チャン・ジン、翻訳:洪 明花、演出:東 憲司 ( 劇団桟敷童子 )、出演:松田賢二、鈴木歩己、Chris Parham、塩野谷正幸、原口健太郎、池下重大、桑原勝行、深津紀暁、井上昌徳、橋本克己、鈴木めぐみ、外山博美、川原洋子、山本あみ、もりちえ、新井結香、中井理恵、大手 忍、板垣桃子

内容】 1950年代、朝鮮戦争の最中。 戦争とはまるで無縁の、「 トンマッコル(子どものように純粋)」 という平和な村が山奥にあった。 そこに連合国であるアメリカの戦闘機が墜落する。 負傷したアメリカ軍兵士が手当てをしてもらっていると、銃弾が尽きた北の兵士と 脱走してきた南の兵士が出くわす。 彼ら6人は、男手が足らない畑で農作業を一緒に手伝ううちに仲良くなっていく。

彼らは、飛行機の墜落事故を襲撃だと誤解した国軍が トンマッコルを敵軍基地として集中爆撃することを無線でキャッチし、村と村人を守るために、身を挺した共同作戦を行う。

eye 頭の弱い少女役、美少女じゃなかったけど、十分、上手だったわ good 村の雰囲気も良かったし、いい作品だったと思う。

劇団総出演って感じで、男性役まで女優さんが演じているのは残念だったけど、お婆さん役がすごいメイクでチケット受付をしているのには同情、「 お客が沢山入るといいな 」 って sweat01 でも、もっと早く情報をネット上にアップしなきゃね、遅すぎるって。

wine 朝から大事な行事があって、昼食を食べ損ねて観劇していたので、お腹がなってたの despair 帰りは、しばらくぶりにサンシャイン・シティーに寄って、友人と食事。  

« 現代社会の貧困~男女共同参画から考える~① | トップページ | 茂山狂言 HANAGATA »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/43908560

この記事へのトラックバック一覧です: 『 トンマッコルへようこそ 』:

« 現代社会の貧困~男女共同参画から考える~① | トップページ | 茂山狂言 HANAGATA »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ