« 寒くなって、豚汁 | トップページ | ひやおろし旨口純米原酒「神渡」 »

アジャストメント

Photo 10月4日(火) cloud

ボーン・アイデンティティー 』 シリーズのファンで、マット・デイモン のファンの私。 『 ボーン・アルティメイタム 』 製作スタッフの作品というのに、観に行けなかった weep で、DVDを購入。 

監督・脚本・製作:ジョージ・ノルフィ、撮影:ジョン・トール、音楽:トーマス・ニューマン、原作:フィリップ・K・ディック、デヴィッド:マット・デイモン、エリース:エミリー・ブラント、トンプソン:テレンス・スタンプ、ハリー:アンソニー・マッキー 、2010年、アメリカ、106分

内容 】 将来有望な若手政治家デヴィッド(マット・デイモン)は、ある日、エリース(エミリー・ブラント)という魅力的なダンサーと出逢い、互いに惹かれあう。 しかし、突如現れた 「 アジャストメント・ビューロー(運命調整局) 」 と呼ばれる男たちが、「 君たちは、結ばれる運命ではないから 」 と、デヴィッドとエリースを引き離すために、延々と邪魔をする。 愚かすぎる人間は、滅亡しないように 「 運命の書 」 に記述されたように繰られていることが明らかになる。

eye 悪くなかったけど、感動はしなかった coldsweats02 「 特典映像 」 によれば、エリース役のエミリー・ブラントは、コンテンポラリーダンサーの役を得てから、短期間で鍛錬を重ねてやり遂げた努力家らしいが、私はの目には、さほど魅力的には見えなかった。 彼女と結ばれることが、主人公の心の傷を埋めるためにはどうしても必要だったのだと、理解はできたけど。

最もシラケたのは、世界中の理不尽で残酷な死や悪魔のような独裁者・企業 を野放しにしておいて、アメリカ大統領になるべき人材の結婚なんぞに 執拗にこだわること annoy 世界の中心はアメリカってか? ー アメリカ映画らしい作品ってことね。

マットは 役柄にピッタリで、「 この人は、誠実で一途な役にハマるな~ 」 と、しみじみ感じた confident

« 寒くなって、豚汁 | トップページ | ひやおろし旨口純米原酒「神渡」 »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/42318263

この記事へのトラックバック一覧です: アジャストメント:

« 寒くなって、豚汁 | トップページ | ひやおろし旨口純米原酒「神渡」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ