« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の記事

ハワイ最終日

9月27日(火) sun sun  

夜明け時、夫はジョギング、私は海岸を散歩。 R は就寝中 sleepy 「 ガハハ・・」とか「 ふふっ・・・」 とか笑うので、楽しい夢を見ているのだろう。 羨ましいわ sweat01 彼は、毎晩、一人で 「 散歩 」 に出かけているが、この辺りのホテルとショップを一通り見て、社会見学 ( ? ) していたんだって coldsweats01

Photo R の案内で、ハワイ最大のショッピングモール 「 アラモアナ・ショッピングセンター 」 に 旅行代理店が運行する レトロな 無料トロリーバス ( 木製のオープンバス ) で行く。 これは違うが、あの「ワンピース」柄もある flair 代理店ごとに異なるバスが 何種類も似たような路線を走っていて、運転手同士はお友達。 マイクをつけたまま、運転しながら 大声でくっちゃべっている。 呆れた仕事ぶり bleah いい気なもんだ。 競合しないで、一緒に運行すればいいのに。

eye ここで、ご祝儀をいただだいた親戚への 気の利いたお土産を買うことができて、ワイキキに帰ってきた。 そして、これも R の発案で、実弾射撃を体験することにした。 彼ががサイトで見つけた店の割引券をダウンロールし、3種類の銃を使うコースにした。 受付で 住所や署名、滞在ホテル名などを書いて、インストラクターが 収納場所から いちいち鍵を開けて 客の一人ひとりに銃を渡し、撃ち方を教える。

銃は常に鎖に繋げられて 勝手に振り回せないし、弾も彼が替える。 徹底した管理をして営業していることが分かる。

eye 先客はドイツ人の親子連れ。 上の息子の マグナムやライフルは、ヘッドフォンをしていても、飛び上がる程、大きな音がする sad カバーグラスもかけて、教えてもらった通りに 的に向かって撃ってみる。 TVドラマや映画でよく目にしていることを体験してみることができた。 夫と 「  私達だけじゃ、思いつかないことだよね 」 と、感心しきり。 親にちゃかり洋服を買わせたり、よく食べよく飲むのでお金はかかるが、R のおかげで経験の幅が広がる flair

restaurant ステーキと海老のランチプレートを食べて、最後の土産物調達をし、チェックアウト。 夜の便で帰国した。

ロミロミマッサージ

9月26日(月) sun

夫と R がゴルフに出かけるので、私も一緒に部屋を出て、朝のビーチを散歩 dash

wave 夜明け時のビーチを写真やビデオを撮っている観光客が結構いる。 手を繋いで歩いている若いカップル、ビーチに座り込んでサンドイッチを食べている人、ビーチに立つ連れ合いを撮っている人、そして、もう泳いだりサーフィンしている人・・・。

部屋に戻って、備え付けのコーヒーメーカーと 毎日補充してくれる粉で ハワイアンコーヒーを淹れ、朝食をとる。 ロミロミマッサージ (  ロミロミは、「 揉み揉み 」 という意味。 肘や指の関節を使うのが、特徴 ) をしようかなと、買い物しがてら 雑誌で紹介されている小さな店に行ったら、「 今日は、予約でいっぱいです 」 って。 そんなに混んでるんんだ sign02

一昨日、近所を歩いていて目に入った店に 飛び込みで入り、目的達成 good 60分コースで 税金・チップ込みで $76。 肩や背中、足の裏が 「 コリコリ・・・」 って音がするの、こってたのね、気持ちいい~ lovely

telephone 受付の電話応対が聞こえてくる。 電話予約に、クレジット・カードの番号やホテル名を聴いている。 担当してくれた女性に聞いてみると、エステシャンは店に常駐しているのではなく、需要があると あちこちの店に呼ばれて来るのだそうだ。 部屋を幾つも所有 ( 賃貸 ) している店主は、受付応対だけすると。 予約客が来なければ 店が拘束代金を払わなければならないため、予約して来ない客から しっかり料金をいただく。 なるほどね~ catface

Photo昼食は、部屋でワインとか。 各階にある製氷機は、部屋のようなドアの中、製氷室にある。 気を付けないと 通り過ぎてしまうの despair

が 「 一度、マッサージを受けてみたい 」 と言っていたので、ゴルフから帰ってきてから予約してあげた。 気持ち良すぎて爆睡したって sleepy

結婚式

9月25日(日) sunsunsun

息子 T 達のホテルは、チャペルのあるビーチに建っている。 私たちは 「 ①移動が面倒くさい ②ワイキキの中心でビーチに面している好立地 」 ということから、( 3人分の宿泊料は痛いので ) その隣りの 小じんまりしたホテルに滞在している。 朝8時30分に 「 現地集合 」 したら、正面玄関の階段のところで ウェディングドレスとタキシード姿の彼らをカメラマンが写真撮影をしていた heart02

eye でも、道行く人や宿泊客の注目を浴びていて、通りすがりに 「 可愛い 」 と、携帯写真を撮る人もいて・・・。 ハワイでの挙式を含め、 コースは ちゃんの希望に沿ったものだが、モデルさんみたいに美しくなった彼女は 晴れ姿を写真に残したいだろうが、変身した訳でもない T は やはり、 恥ずかしいってさ coldsweats02

Photo_11海の見える式場で待たされて、ハワイ時間なのか、グズグズに時間が延びて、海に面した式場で結婚式が始まったのは、9時15分頃。

Photo_13notes ハープの奏者と歌手がやってきて、生演奏はとってもステキだったけど・・・ 神父さんの後について 「 神の御前に、一生、愛し続けることを誓います 」 なんて言うのを聞いていると、「 約束なんて、できんわ 」 と、突っ込みたくなったり sweat01

eye ①神父さまとお写真 ②カップルでお写真 ③ご家族でお写真 ④お庭外に出て全員でお写真 ⑤披露宴会場でお写真 ⑥ケーキ入刀のお写真 ⑦べランで 「 お姫様抱っこ 」 のお写真・・・どんだけ撮るんだ? T に聞いたら、朝 5時半起きで新婦の用意に付き合い、ビーチで記念撮影を済ませているんだって sign03

Photo_14heart04 で、 ケーキ入刀の後で お互いにケーキを一口ずつ食べさせる儀式の際、スタッフから 「 この儀式は、新郎は一生、食べ物には不自由させない。 新婦は、一生、美味しい料理を作ります という意味です 」 などと、固定的な性別役割分担そのまんま gawk 夫が料理しても、妻が稼いでもいいじゃない、カップルでいいように暮らせばいいんだから。

最初と最後のご挨拶が新郎、親族代表の挨拶が新郎の父親と、何事も代表するのは男性のみに振り当てられる進行 sweat01 時代は変わっても、儀式は変わらず、人の意識も変わっていないということだろうね。

Photo_16出不精の兄、時たま痴呆の父、仕事で来られない義姉と、うちは家族 3人だけの参列だったが、 ちゃん家は、従姉さんのご家族もいらしてた。 少人数なので、披露宴前の待合時間や披露宴では、皆さんと近しくお話できたし、R は、大いに社交性を発揮して、場を盛り上げていた good

wine restaurant 参列者がアロハや夏物ワンピースで済んでしまうのは、なるほど簡単でいいわね。 料理も美味しかった shine

Photo_17ホテルに戻ったら、12時半を回っていた。 朝が早い訳だわね gawk カンカン照りで暑いし。

お酒を飲みすぎたと昼寝をしてしまった二人を部屋に残して、私は 洗濯がてら ( 夫と息子がジョギングするので、毎日、コインランドリーのお世話なった )、プールからビーチに下りて散歩。

その後、夫と合流して、交代で荷物の番をしながら、海やプールで泳いだ。

Photo_19 夕暮れ時は、大勢の観光客がデジカメ片手にビーチにやってきた。

Photo_18夕飯は、R の希望で、分厚い骨付きステーキが出てくる店で、贅沢をした。 骨付きステーキの 2人前を切り分けてくれる。 ジャーマンポテトとエビ入りチーズマカロニも大量で、彼が半分位食べて、私たちは年齢相応のカロリー摂取。

オアフ島をドライブ

9月24日(土) sunsunsun

rvcar 今日は、ドライブ。 息子 R の希望で ( 値段が変わらなかったので )、スポーツカーだ。

海外のレンタカー経験のある夫が運転をし始めるが、ナビ の扱いは、 R の方が断然早い good 行きたい場所を 「 お気に入り 」 か住所の入力で設定しながら、右側を走る dash

924 まずは、ダイヤモンドヘッド。 ふもとの広場で土曜日午前のみ開かれる ファーマーズマーケット。 野菜や鉢植えを買いに来た地元の人達の車で、駐車場はいっぱい。

924_2 屋台も沢山出ていて、ここで朝食をとっている観光客も

924_4 眺望のいい場所で時々、休憩。

途中、どうしてもナビに設定できず、道に迷いつつ、トイレ休憩で買い物したり昼食をとったり。

924_3 これは、私の チリ・ライスボール。 ご飯の上に、チリビーンズが載っている。 トマトのスライスは、トマト嫌いの R のが ハンバーガーから出したもの。 挽肉に豆とトマトを煮込んで、スパイシーなチリソースが美味しかった・・・が、量がアメリカ人対応で食べきれず、ハンバーガーを食べていた夫と R に分けたら、豆を取り除けてて・・・sweat01 ったくぅ。 彼らは、自動的に付け合せで出された大量のフライドポテト ( 3人分位ある ) に辟易していた。 こんなのを食べているから、相撲取りみたいな巨漢になるのよね shock

Photo_8道すがら、ついでに、Doleプランテーション に入る。 週末だからか、幅広い年代のカップルから家族連れまで、多くの観光客で賑わっていた。 生パイナップルジュースパイナップルソフトクリーム を食べて、農園を機関車で回った。

Photo_9 苦労したのは、パールハーバー。 到着する時、飛行機の窓から 港に軍艦が停泊しているのが見えたから、あれだと思うんだけど、見えたのは、私だけだし coldsweats02 日本レンタカーなのに広い地域だからか、ナビで設定できない。 あれこれ試した挙句に、「 アリゾナメモリアル ( 記念館 )」 を選んで、やっと辿り着くことができた。

924_6 notes この木なんの木、気になる木・・・」 の、あの木、モンキーポッド という名前なんだそうだが、これがそれ。 モアナルガガーデン という、元王様所有の私有公園に在る ( 入園無料 )。 ハワイのあちこちで見られる木で、その大親分みたい、感動的なまでの巨木 heart04

車を戻したのは、出発して9時間後。 昼食がまだ胃に残っていて、私は夕飯をパス。 朝食に食べきれなかった バナナケーキ ( 何でも量が多すぎ ) とワイン、カットフルーツで 十分。

Photo_10 「 部屋指定なし 」 という低ランクの部屋をとったものの、幸運なことに、ベランダからビーチが見えるので、ワインを飲みながら日の入りを眺めた lovely 

ハワイ1日目

pc ネットでチェック・インしたら、夫・息子 R と 3人、続きの席がとれたので、T 達のもやってあげようか? と声をかけたの。 T はアナログ人間だから、その意味が中々伝わらなくて、「 やって! 」 と言われたのが 20時間も後だったのに、何と!!! 私たちの前の席 sign01 T 凄~く嫌そ~な顔をして、「 ハイハイ、新婚旅行なのに、気がきかないことになってしまったわね coldsweats02 」

airplane ただ、彼らは 海外旅行に慣れていないので、アレコレ教えてあげることはできた。 Y ちゃんのご両親やご親戚の方達も同じ飛行機で、ご挨拶したりと。

Photo_2ハワイアン航空は初めてだったが、映画もアニメもゲームも、有料 wobbly 見ようとすると、クレジット決済を要求される。 たまげたね bearing あんな小さな画面で 1作に$7近くも払うもんかって bomb

Photo_3

ホノルルに着いたら昼間。 時計を 5時間進めて、ハイ、昨日だよ wink でも、19時間って、計算がややこしい despair ホテルでは、( いつも経験することだが ) トリプルなのに、コップやタオルが二人分しかなくて、増やしてもらう。

夫は 「 メールをため込みたくない 」 と 持参した PC接続に忙しく、 R は荷物を解く前に ジョギングに出かけてしまう dash

Photo_4 ホテルの 1階にコインランドリーがあって、それを探したり適用するコイン ( 25㌣硬貨10枚! って、一体… ) を売店で両替したりと、私は情報収集係。 売店には ビールもワインもふんだんに揃っていて、安堵 good

散歩がてら、ゴルフやレンタカーの契約に行き、「 肉が食いたい sign01 」「 マッコリ飲みたいsign01 」 ということで、韓国料理店で ガッツリ食事。 R が焼肉やユッケを頼み、私は参鶏湯 ( サムゲタン )。 マッコリは甘くなくて ( 糖分の添加なし ) キムチ等の付け合せがいっぱい出てきて、嬉しい lovely  焼肉なんて久しぶりだし、ユッケを口にしたのも、実は初めて shine ふ~ん、旨いじゃん。

Photo_5 夜は、タンタラスの丘に 夜景を見に出かけた。

Photo_6

 

ハワイに行ってきます!

9月23日(金祝)sun cloud 

航空会社のサイトから 早々にチェックインして、旅立ちの用意をしている。 冷蔵庫の食品を使って料理して、食べ尽くすぞ wink 夕方になって、息子の T 達がきて、婚姻届に 立会人として署名・押印。 ったく、グズグズしていて、今頃だよ despair ギリギリ過ぎだってば。 休日窓口のある庁舎まで 夫が車で送って、「 また後でね paper

airplane 今回は、見物がてら、羽田国際ターミナルから発つことにした。 久しぶりに泳ぎたいし、試してみたいこともある。

ルンバ

Photo先日、ゴルフコンペの賞品として、夫が ルンバ をいただいてきた。 経済とスポーツ欄しか読まない夫は世事に疎くて、「 これ、何ですか? 」 と聞いて、恥をかいたらしい coldsweats02

eye 狭い我が家で使うのは無理があるので、広くて掃除が大変な私の実家にあげようかと相談していたのだが、新しい電化商品に目のない夫は、一度試してみないと気が済まない wink

我が家で最も家具のない私の寝室で、勝手に実験を始めた dash

「 ロボットみたいに、賢い sign01 」 「 ( ご主人様が見張っていないのに、小まめに動き回る姿が ) かわいい lovely 」 などと大喜びで、「 物を片付ければ、使えるよ 」 と、自室やリビングで使い始めた。

私など、物をどかすのが面倒くさいのだが、ルンバ の 「 賢くて可愛い 」 動きを見るためなら、そんなことは気にならないらしい。 キレイになるのはいいんだけど、勝手に床に置いてある物を鏡台や電気ピアノの上に片付けて掃除するから、私が元に戻す羽目になる。 あり難いんだか迷惑なんだか、悩ましいところ・・・ despair

日韓共同制作ドラマ 『 赤と黒 』

9月22日(木) sun

typhoon 赤と黒 』 の最終回に納得できなくて、未だに尾を引いてる pout あれは、無いよねー。 行き倒れ状態で死ぬなんて、最後まで不幸過ぎる crying あの悪女は、ちーっとも反省せず、父と娘は 「 これまでのことは水に流して、家族仲良く 」 とか言ってる bearing

母親のあの極悪非道を許せるの ? 弟二人の不幸の責任はどうとるっていうのよ sign02 そして、兄を殺してしまった妹は? 救急車で病院に行けば、助かったかもしれないのに、妹をカ庇ったりするから・・・

そもそも、あんな恐ろしい妻がいて、愛人の息子を引き取ろうなんて考えた父親が、甘い。 それがとっかかりなのだから、うーんと 後悔してくれないと。 彼女の人間性を見抜けなかったことを。 そうじゃないと ( 私の ) 怒りが収まらない bearing サイトの掲示板には、再放送を望む声の嵐だが、私は二度と見たくない。 残酷で哀しすぎて weep

今、夫が録画を見ていて、最終回の途中。 「 あれはナイよねー 」 と 感想を言い合えないのが、辛い despair

台風、凄かった

9月21日(水) typhoon

いや~、凄かったね、台風 wobbly

今夜から始まる長期講座の開講式と 1回目の講義を中止にせざるを得なかった。 補講と振り替えの相談してたり。 周囲でも、会議が中止になっていたわね。 8時には雨が止んでいたから、ホント、間が悪かったとしか weep

wave 息子 T が ハワイで挙式するとうので、23日から出かけることになっている。 そのため、明日は、息子 R が帰省してくる。 R は貯えが無いので、旅費は親もち。 ったく・・・ despair 「 サーフィンできる 」 って、喜んでる lovely

日韓共同制作ドラマ『赤と黒』

Photo NHKBSプレミアムで 先週から一挙放送されていた 『 赤と黒 』 が終わった。 役者が良かった ( 私好み ) なので 初回を見たら、面白そう 。 なので、見ながら夫のために 2回目を録画設定。 毎晩 2話ずつ放送するので 録画が溜まってしまい、昨日、4話も見て追いついた coldsweats02

eye 財閥もの、復讐もの、いつもの韓流ドラマの王道。 どんだけいるんだ、財閥ファミリー って bearing 金持ちは貧乏人をヒステリックに罵倒する下品な奴ばっかだし、突っ込み所満載の設定と進行だけど、役者の魅力で グイグイ引き込まれ、耳障りな ( 耐えがたい ) 悪役女優の怒鳴り声と罵倒シーンを スキップしながら見てきた。 キム・ナムギル、脚長~い。 笑顔が無垢で クラッとくる。 今までよりも、更に魅力的になったね lovely  オ・ヨンス の心の変化に、寄り添ってしまったり heart02

主役の キム・ナムギル が兵役に就くから縮まって 17話なんだそうだが、私はこれで十分。 ハン・ガインキム・ジェウク の関係の変化を 簡略化して、もっと短くても良かった。 だって、最後が気になって気になって、映画を観に行く気にもなれなかったし coldsweats01

予想した通り、とんでも結末に仰天し、アドレナリンが・・・眠れなくなったよ wobbly

来月から始まる吹き替え版じゃ、達者な キム・ジェウク の日本語が聞けなくなる? 彼自身が吹き替えすればいいのにね。

映画『ミツバチの羽音と地球の回転』

9月12日(月) sun

movie 文京シビック小ホールにて、17:00~20:45

仲間と映画上映会の候補作を下見。 雑誌で 鎌仲監督のインタビュー記事を読んだり、『 六ヶ所村ラプソディー 』 を観たりして、個人的な興味も湧いてきていた。 100人ほどの参加。

昨年の公開時は、観客がかなり少なかったらしいが、3.11以降は、原発が 「 身近な問題 」 となり、全国で自主上映会が開かれている。 上映後に監督のトークもあって、更に突っ込んだことを知ることができた。

Photo監督:鎌仲ひとみ 、プロデューサー:小泉修吉、音楽: Shing02

135分、2010年

内容 】 『 ヒバクシャ - 世界の終わりに 』 『 六ヶ所村ラプソディ 』 に続く、鎌仲ひとみ監督&グループ現代製作による三部作の完結編。 瀬戸内海に浮かぶ祝島 ( いわいしま ) の真正面、山口県上関に原発を建てようとする中部電力に対し、漁業と農業を続けたいという祝島の人々の抵抗運動を追うドキュメンタリー。「 国の電力政策だから 」 と、意見を聞かない役所への抗議も無視され続ける。

中盤、スウェーデンに飛び、地域自立型のエネルギーを創り出して持続可能な社会を作り出している姿も映される。 国よりも、県よりも、村の意思が尊重されるのが、本当の民主主義。 企業の出資で風車を建てたり、村民が株を買って発電所を建てたりなど、村民が自主的に自分達のエネルギーを創出して自立する姿が、素晴らしい。 国が初期投資を助成する政策があってこそだし shine

持続可能な社会を支えるのは、電力の自由市場。 原発重視・電力独占体制の日本のエネルギー政策を変えるためにはどうしたらいいのか、エネルギー問題を考えるきっかけを与える作品。

wave 原発建設計画が持ち上がってから 28年。 海を守るおばあちゃん達の姿は、カッコいい。 原発の排水により、海水の温度が7度上がると予想されていて、海に棲む生物の生態系は変わる。 「 第一次産業で、島の未来はあるのか? 」 と言う電力会社社員。-いや、それを捨てたら、日本の食糧問題はヤバいでしょ despair

社員は、「 絶対、安全だ 」 とも言う。 それは、福島原発事故で証明されたよね。 津波が来る前に、地震だけで既に事故は起きていたと、週刊誌に書いてあったぞ。

鎌仲監督のトーク:「 祝島のその後 」 を聞かれ、「 3.11後、県の他市町村や放射能漏れの影響が及ぶであろう 広島県などで慎重論が続出し、建設は凍結されている 」 と。 良かったよね~、他人事じゃないんだって。 「 福島原発では、地下に漏れて、そこから海にも流れ出している。  破損した建物の割れ目から、どんどん大気中に流れてもいる

「 イラクでの撮影で、私は被曝しています。 福島の人達は、本当に大変だと思います。 まず、情報を隠さずに国民の前に出すよう、また、メディアが事実を報道するよう、私達が言っていくことが大事です 」「 人によって、癌になるかどうかやその時期は違います。 チェルノブイリでは、発病せずに生き残っている人達は皆、自分なりの健康法をもっています 」「 今、1時間ほどの 内部被ばくの映画を撮っています 」 - 是非、それを観たいわ sign01

『松元ヒロ ひとり立ち』

9月11日(日) cloud sun

15:00~17:00、明治安田生命ホールにて、最終日。 満席。

eye 今日の話は・・・「 福島原発事故 」 の責任が、有耶無耶にされる。 「 日本は一つ 」 というのは、「 一億総懺悔 」 を思い起こさせて、違和感がある。 ドキュメンタリー映画 『 ミツバチの羽音と地球の回転 』 を観て、処理できない危険物を作り続ける原発は、すぐに止めなければならないと実感したと。 そうよ、そうよ。

そう話して、再生可能エネルギーの使用で見習うべきフィンランドやスウェーデンの様子について詳しく説明。 原発について勉強するために 山ほどの資料が届いたのはありがたいが、「 本を読むのがとても遅いので、もう送ってこないでください 」 って coldsweats01

eye 暴力団との交際が原因だった 紳助引退に因んで・・・3人組のコミックバンドをしていた頃、父の日に 「 ファミリーパーティー 」 によばれて行ったら、「 ○○一家 」 のパーティーだった wobbly 「 親父、おじき、姉御って呼び合っているんで、ファミリーではあるのでしょうが・・・ sweat01 」 。 超コワ~い体験談が、ドラマのようで happy02 苦労したのねぇ。

あと、愛すべき母親や妹のエピソードに大笑い。 野田首相の真似がちょこっとしかなくて、寂しかったかな。

beer 今日は、子ども劇場仲間と4人連れ。 地元で、生ビール・甕出し紹興酒を飲みながら、盛り上がった。

演劇倶楽部『座』公演~「雨月物語」~

9月9日(金) sun

Ugetu1new 北とぴあ・ペガサスホールにて、18:35~20:10、

作:上田秋成、構成・演出:壌 晴彦、音楽・演奏:木村俊介、照明:小林葛彦

出演:壌 晴彦、森 一馬、高野力哉、相沢まどか、武藤淳子、富田美恵子、忌部 祥

『菊花の約(きくうわのちぎり)』 『吉備津の釜(きびつのかま)』

上田秋成の作品を原文のまま演じる 「 立体朗読ライブ 」。 ナレーターが マイクの前で、会話以外の文章を読む。 和楽器の演奏付き。

eye 劇団四季で洋物ばかりを演ることに疑問を抱いた さんが創立した劇団。 狂言・日本舞踊を基礎にした立居振る舞いで、原文のまま ( 古文 ) しゃべり、朗読する。 古文は余り得意じゃなかったから 細部は分からないけれど、粗筋を紹介していから 始まるので、問題ない bleah

notes 笛・琴・三味線 の音が とても美しくて、多種の鈴や鉦・太鼓の効果音が雰囲気を盛り上げる。 怪談だからさ、コワ~い話なの。 美しい武藤さんが悪霊になって登場するシーンは、演技だけでなく、効果音と照明が相まって、ひぇ~! 迫力満点 sweat01 サークル仲間は 「 怖くて鳥肌が立った 」 と bearing

役者さん達は、性別・年代をどんどん変えて演じていく。 作品が違えば 髪型や衣裳を変えてくるが、作品の中でも、何役か演じたりしている。 能や舞踊と同じだと思って観ればいいのね、面白~い good

*次男の同級生が出演していて、その進路にビックリした coldsweats01

シンポジウム「女性こそ主役に!」災害復興~東日本大震災後の日本社会の在り方を問う~

18:00~20:50、弁護士会館にて、日本弁護士連合会主催、両性の平等に関する委員会の企画運営

eye 若手の弁護士さん達が開いたもの。 120~150席くらいかな、満席。 来年、講演会の講師をお願いしている竹信さんがお出になること、震災関係の審議会に出ていることから、勉強のために参加。

◆主催者からの問題提起:震災復興会議のメンバーは、女性一人。 岩手・宮城・福島の同委員会でも、女性は一人。 元来、保守的な土地柄なのが、復興も男性主体で進んでいる。

被災地からの報告・・・ 「 みやぎ女性ネットワーク 」 :必要性を感じて、現地に設立された団体。 女性の声を丹念に拾い、支援している。

 ・・・ 福島市に住む弁護士による現状報告:5人目の子どもを妊娠している母親の立場から、小学校で起きているトンデモない現状報告:極地的に汚染濃度が高い地域があるにも拘らず、食品の全品検査は行われていない。 *給食には福島県産の食材が使われ、弁当持参の子どもは、いじめにあっている。 *福島産の牛乳が給食に出るので、内部被曝を恐れて 娘に飲ませないようにしたところ、娘が毎日、飲まなかった牛乳を自分の手で捨てさせられた。*学校で行われたエネルギーの授業では、「 原発は、日本の電力に必要だ 」 と、今でも教えられている。 *保護者に 「 国を信じられないなら、日本国民をやめるしかない 」 と言う教師もいる。 *「 妊娠しているのに、なぜ避難・引っ越しをしないのか 」 と言われ、悩み続けている。 将来、子どもに詫びなければならないのを覚悟している。 

国会議員からの挨拶・・・公明・共産・社民・自民・みんなの党所属議員:福島瑞穂さんも。司会者から 「 一言だけ 」 と言われているのに、完全に、自己PRの時間。 一人、10分ほども話していた。 自民党の代議士は、原発行政の責任をまるで自覚していないみたい。

パネルディスカッション・・・大沢真理さん ( 東京大教授 ) :3.11以後、「 防災より減災 」 が主流。 東北は、迷惑施設を補助金と引き換えに引き受けさせられ、食料・労働・電力の供給地であるという意味で、 「 植民地 」 か。 *双葉町は、補助金漬けの原発依存の果てに、財政難に陥った。

・・・②竹信三恵子さん ( 和光大教授、東日本大震災女性支援ネットワーク共同代表 ) :何度も支援に行っている。 女性についての問題は幾多。 *男性リーダーが、「 皆が家族のようなもの。 間仕切りは必要ない 」 と言い、授乳・着替えのスペースがない避難所。* 性暴力を受けても、相談もできずに苦しむ女性や DVに苦しむ女性が大勢いる。* 「 下着は、もう足りている 」 と発表されたが、余っているのは M だけ。 *ブラジャーが届かなくても、言い出せない。 *「 炊事は女性 」 という役割押しつけで、女性被災者に 大人数の炊事を毎日させる。 *女性は、施設から出された老人の介護が負担となる。

他に、原発事故調査・検証委員会員、女性差別撤廃委員会委員である林 陽子弁護士、仙台の小島妙子弁護士からも、発言があった。

『六ヶ所村ラプソディー』

9月8日(木) sun

Photoドキュメンタリー映画、2006年、117分

監督:鎌仲ひとみ

内容 】 原発燃料からプルトニウムを取り出す再処理工場の周辺で暮らす六ヶ所村の人々の葛藤にスポットを当てたドキュメンタリー。無農薬野菜を作る農家、職を失った漁師など、さまざまな事情を抱える村民たちが強大な権力と向き合う姿を克明に捉えていく。

eye 活動仲間から、「 上映会の下見をするので、良かったら 」 と 誘ってもらった。 この作品を知っていたが、実際に観られて良かった shine

movie 5年前の映画だが、非常にタイムリー。 政府や企業のご都合主義、地元行政の近視眼的浅慮が際立ち、今回の原発事故が当然の帰結だったことが分かる bomb

少数派のため、周囲から偏見の目で見られながらも反対運動をする市民が皆、未来を考えて思慮深く、穏やかで凛として、本当にステキだ shine 「 中立って、何もしないこと。 それは、賛成と同じ 」 という言葉が、胸に突き刺さる。

海からの強い風 「 やませ 」 が吹く 六ヶ所村で、海辺に立つ核燃料再処理工場から吐き出される煙は、農作物を汚染する。 海に流される排水は、魚や海藻を汚染する。

イギリスで再処理工場の事故があり、そこの漁師は 「 ( 放射能汚染で ) 奇形の魚が生まれている 」 と 話す。 こわー sad 核再処理工場に向けて、原発から 「 角砂糖5個で 日本中が死に絶える猛毒 」 を積んだトラックが走っているなんて、ホラーだ bomb 交通事故や地震で、横転して漏れ出したらどうするの?

イギリスでの取材では、「 自分達で、ちゃんと測り続けることが大事。 市民が きちんと測りつづけることで、( それを根拠に ) ものが言える 」 と。 隠ぺい体質の政府や 大企業のご都合主義の発表を鵜呑みにせず、自分で事実を知ろう、そういうことだ。

音楽劇『詩人の恋』

9月6日(火) cloud rain

演劇鑑賞会の担当で、近隣の劇場に下見に行った

18:30~20:45、板橋文化会館にて

Photo_2加藤健一事務所、作:ジョン・マランス、訳:小田島信志、訳詩:岩谷時子、演出:久世龍之介

出演:加藤健一、畠中洋

2003年初演から、4回目。本多劇場で1週間公演するほか、8月末から12月初めまで、岩手・宮城・福島などの被災地を含む 40か所を全国ツアーする。

詩人の恋 』( Dichterliebe ) は、ハイネの詩と シューマン作曲の連作歌曲。 第1曲から第6曲までは愛の喜びを、第7曲から第14曲までは失恋の悲しみを、最後の2曲はその苦しみを振り返って歌っていると考えられている。 「 詩人 」 が恋をする話ではない sweat01

内容 】 登場するのは、二人だけ。 スランプに陥っている 天才ピアニスト、スティーブンと、飲んだくれの 老ボイストレーナー、カシュガン。 舞台は、1980年代の ウィーンで、高名な大学教授の指導を受けるためにアメリカからやってきた スティーブンは、「 自分の指導を受ける前に、マシュガン教授から声楽のレッスンを受けるように 」 と、指示される。

「 何で、歌を学ぶ必要があるのか 」 と不満タラタラで、カシュガンの下手なピアノ伴奏にも文句をつけるスティーブンだが、次第にうちとけ、スティーブンは ピアノ演奏の楽しさを取り戻していく。 二人の掛け合いが、とっても可笑しい happy01

中盤、彼がミュンヒェン郊外のダッハウ収容所所跡を訪ねた話を教授にしたことから、教授もユダヤ人で、収容所経験で苦しんでいることが明らかになっていく。 深い内容だわ weep

notes 劇中では、『 詩人の 恋 』 から何曲かが教材として歌われ、観客も教授の授業を受けているような気になる。 曲の解釈を理解すると名曲に思えるから、不思議 wink 畠中さんはミュージカル俳優さんで、下手くそに歌うのが、とっても上手。 かとけんは、初演の時から10年、ボイストレーニングを受けているそうで、元声楽家役に近づいている ( ? )  

教授の言語の一部と歌曲の歌詞は、ドイツ語。 歌を自分のものにするため、スティーブンが英語に訳して歌うのが、日本語。 変な感じ・・・。 翻訳劇って、こういうのがめんどっちい despair

eye 作者は音楽の素養があり、1978からウィーンで声楽の勉強をした経験が土台になっているらしい。 私は30年前、ドイツに滞在したりウィーンに旅したので、同じ頃。 劇中で出ている町や川、教会の名で、当時のことが眼前に広がってきて、懐かしかった shine

東京JAZZ その2

9月4日(日) rain cloud

Jazuギリギリ、雨にあわずに済んだ。 今日は、雨除けのテントがなく、いつも通り、パラソル付きテーブルで食事。 1時からの野外ライブは、マイク・デル・フェロ トリオ。 年配で、ゆったりとした静かな演奏。

今日は、近所の友人と 最寄駅のホームで待ち合わせてやってきた。 昼食に、ナンプラーとパクチーの効いたアジアン料理。 昨日一緒だった友人も、今日はお連れ合いと来ているので、どこかで食べているのだろう wink

東京国際フォーラム オールAにて、13:00~16:20

ケニー・バロントリオ:30年前もこんな感じで演奏していた? 昼食後だし、周囲は皆、お昼寝してた sleepy アップテンポの曲で、ハッと目が覚めたり。

上原ひろみ×熊谷和徳:タップは、打楽器の役割。 色々な音色を出すんだねぇ。 すさまじく早いし、爪先立ちはするしで、ひろみちゃんと丁々発止の掛け合いがスリリング lovely エネルギッシュだね、二人共。

セルジオ・メンデス:ボーカル4人を入れて、10人編成。 懐メロ。 40年前から演奏は余り変わっていないのだろう。 3人いる女性ボーカルは、プロとは思えない、3人足して やっと一人分。 踊れもしないし、オーラもない。 中央には 実力のある歌手が 1人、必要でしょう。 家族や親類、縁故採用かしらね?と、友人と推測 despair

パーカッションのお兄さんのブレイク・ダンスは上手かった ( 懐メロの曲と合わないけど )。 ゲストのラッパー、H2O が加わる部分のみ、新しい味付けで、ホッとした。

東京JAZZ

typhoon ノロノロ台風で、天候の移り変わりが激しい。 出かける間際まで、空模様を気にする。

Photo_2 今夜は、久し振りに会う友人と開演 1時間前に待ち合わせして、 国際フォーラム前に出現した 「 ネオ屋台村スーパーナイト ( 無料ステージと屋台村 ) で 食事。 台風の影響で、特設ステージを置かず、屋根のある場所での演奏。 フランスのピアニスト、トーマス・エンコ率いるトリオの演奏を聴きながら、中継画面を見る。 繊細で、好みの演奏だわ shine

 

Photo_3食事は、韓国屋台 で、私は トッポギマッコリ、友人は キムチのっけチヂミ。 食事スペースには 雨除けのテントが張られている。 食後に、スムージー の屋台にも行った。 私達には量が多すぎて飽きてきたので、私の マンゴー と友人の エスプレッソ味 を交換して、二つの味を楽しんだ wink

東京国際フォーラム オールAにて、18:00~21:35

今夜は完売で、当日券なし。 女性トイレの行列が男性のより長いのに、ビックリ sign02 「 ひろみちゃんが出るからかな? 」「 そうね、( いつもより ) 若い女性が多い気がする

quasimode:1曲目から 「 踊れるジャズです。 立ち上がって踊っ て」 とか 、手拍子しろとか、もう… これから 3時間以上の長丁場なのに、前座 ( 失礼! ) から やめてほしい think 周囲が立ち上がるので、何も見えないし。 好みの音楽ではなかったので、席を立って 空いているトイレに行き、ロビーで中継を聞きながら、おしゃべりしてた。

インコグニート: ソウル・ファンク系。 歌手3人にホーン3人を加えた10人編成のにぎやかバンド。 これも、立ち上がって手拍子を強要する。 演奏も歌もずーっと同じ調子だから、飽きてきて。 最後、リーダーのブルーイが、震災と津波・原発事故へのお見舞いを述べた。 誠実さが伝わってきたわ。

上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat.アンソニー・ジャクソン(g.)、サイモン・フィリップス(ds.):ひろみちゃん、更にパワフルになったわね impact 超上手いベテランおじさま達と釣り合いがとれる程、格が上がったわぁ。 曲の合間に、おじさま二人が指や手首を振ったり回したりしているのが可笑しかった。 ピアノが早いテンポでガンガン行くから、それに付き合うのが大変なんだろうな happy01

弾丸のような速弾きと力強さ、10本の指を駆使した演奏。 ギターは、ベースの役割もし、低音の響きが素晴らしい。 ひろみちゃんと二人の掛け合いも、緊迫感があって。 これぞ、ジャズって感じ lovely

終電の関係だろう、客がドンドン帰っていくのが残念。 これを聴かないで帰っていくのは、本当~に惜しいって。 都内に住んでいることのメリットを実感し、感謝。

お好み焼き

9月3日(土) cloud rain

Photo材料が揃っていたので、たまには お好み焼き生姜 をきかせて、冷蔵庫で眠っていた ニラ を 一束入れて、薄く焼いた。

左が、イカげそ 、右が 合い挽き 入り。 ホットプレートは 焼き肉好きの息子 T にあげてしまったので、フライパン二つで焼いた。 近所にお好み焼き屋ができたそうで、夫は食べたいなぁと思っていたんだって。

「 あなたもあの店の前を通って 食べたくなったの? 」 と。 いえいえ、そんな店は知りません coldsweats02

ソースとマヨネーズに鰹節と青海苔をかけて。 ニラが多いと、美味しいわ good

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ