« ゴンドラ体験 | トップページ | ベニス土産 »

サンマルコ寺院

7月25日(月)

昨日ほどではないが、肌寒い  チェックアウトして、「 空港に行くまでの間、荷物を預かってほしい 」 と受け付けに頼む。これまで 挨拶しか交わしていない青年が、にこやかに「 いつでも取りに来て 」 「 日本茶が好き。 煎茶と緑茶をよく飲む 」 と 。 チェックインした時に居た男性は日本語を少し話し、これも愛想がよかった。 年代ものの建物なので、客室は窓枠やドアがちょっと歪んでいて 開閉がスムーズではなかったけれど、大理石のモザイク模様が美しくて ( 冬は、冷えるだろうな・・ ) 居心地がよかった

Photo_2  町のシンボル、サンマルコ寺院 へ。 日中は大行列だし、日曜日は午前中は入れないしで、観光が最終日の今日になってしまった。 9世紀に建てられ、11世紀、17世紀に改修された東洋風の建物。 開場前から 1時間ほど並んで、中へ。

大理石に金色のモザイクを多用した、豪華なゴシック様式。入場は無料だが、 2階は有料の宝物庫。 天井近くの内装を間近に見ることができて、壮観だった  バルコニーからは、広場全体を俯瞰できる。

Photo_2 ヴァポレットで サン・トーマ駅まで戻り、サンタ・マリア・グロリオーサ教会 へ。 ティツィアーノによる大作、ドラマチックな 「 被昇天の聖母 」 を所蔵している。

Photo_3 すぐ近所の スクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコ ( 大信者会 ) も、やたら豪華。 「 ティントレットの美術館 」 とも呼ばれている。 床・天井、壁が、隙間なく絵画やレリーフ、工芸品などの美術品で埋め尽くされている。 2階広間の天井画を見るのに 「 首が疲れるから」 と、見学者用の椅子と鏡 が置いてある。 が、これが重くて、手に持ったまま 立ち上がれないほど

Photo_5 最後に ベニスの郷土料理 を食べようと、大急ぎで リアルト橋駅まで戻り、ガイドブックで紹介してある シーフード専門の トラットリア ( 予約無しで気軽に入れる食堂 ) へ。 路地に面しているので、観光客が飛び込みで偶然入る可能性は、かなり低い店だ。 従業員は、全員 男性。

ベニス名物 くも蟹のサラダ(甲羅の中に、味付けした蟹肉が盛り付けてある)、イカのイカ墨煮。 それと、ムール貝の酒蒸し、アンティチョーク煮 を 1皿ずつ注文。 とっても美味しかった  これにパンとグリッツィーニがついて、€ 67。 € 3をチップにつけて、キリよく € 70とした ( ちょっと、ケチ? )。 どんどん客が入ってきたが、開店時刻に入店したので、1時間ほどで食事ができた。 食べ終わる頃には、ほぼ満席。

お気に入りのスーパー coopで 大好きな バーチチョコベビーベル ( チーズ ) を買い込み、シャトルバスで空港へ。

夜、7時過ぎのスカイライナーでは、窓から 花火が見えて、楽しかった  新聞で、江戸川河川敷の柴又野球場葛で行われた 飾納涼花火大会だと分かった。 55万人の人出だったそうな。

« ゴンドラ体験 | トップページ | ベニス土産 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンマルコ寺院:

« ゴンドラ体験 | トップページ | ベニス土産 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ