« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の記事

映画『幸せの経済学 -THE ECONOMICS OF HAPPINESS - 』

6月30日(金)sun

Photo活動仲間が地元で上映会を開いたので、参加した。 いかに効率よく利益を上げるかではなく、より幸福を感じるための経済学を学ぶことができた flair

ローカリゼーション運動のパイオニアである 言語学者 ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ 監督・プロデュースのドキュメンタリー。 アメリカ/ニカラグア/フランス/ドイツ/イギリス/オーストラリア/インド/タイ/日本/中国、68分

グローバルからローカルへ 」 をテーマに、世界中の環境活動家たちが 「 豊かな暮らし 」 について語る。 実例として取り上げられるのは、自給自足で 誇り高く幸せに暮らしていた インドのラダック地方の人々。 「 開発 」 という名の消費文化に蝕まれていく姿を追う画面は、痛ましい。 これは世界中で起きてきたことだし、進行中でもある。 だからこそ、反省しながら、今すぐ運動を広め、政治を変えさせて阻止する必要があるのだ bearing

pencil アメリカで毎年行う世論調査で 「 非常に幸福だ 」 と答えた人の割合は、1956年をピークに徐々に下がってきている。 物質的な豊かさは十分に満たされているはずだが、人々の幸福感は毎年減少を続けている。

pencil グローバリゼーション:自然資源の浪費、異常気象( 世界中を流通する無駄な流通システムによるCO2の増加 )、多様性の喪失( アメリカ型消費社会が最高だという幻想 ) 、失業( 他国籍企業に駆逐されて壊滅していく地域の産業 ) という弊害を生んでいる。

ローカリゼーション:地産地消、土地に根付いた文化の再生がコミュニティーを復活させ、生物多様性・地域経済、そして地球の自然環境を守ることに繋がり、我々の幸福感を取り戻す効果がある。 ローカリゼーションを実践するコミュニティーを幾つか紹介して、行動を起こそうと呼びかけている。

名和晃平展 ― シンセシス ー

6月28日(火) sun

Photo落語の帰りにメトロ車内で この広告を見て、友人と 「 この素材、なに? 行きたい sign01 でも、ここ、駅 ( 清澄白河 )から遠いんだよね… 」 。

時間とエネルギーがあったので、会場の東京都現代美術館まで日傘を持って出かけた sweat01 所要時間、1時間弱。 予想通り、しっかり歩いて汗だく  coldsweats02

Photo_2しかし、広々としたステキな建物で、照明も暗め。 白を基調とした 涼感あふれる 展示作品で、涼むこことができたわ lovely

Photo_3この鹿、透明な球体に周囲が映るし、箒みたいな素材に思える鹿の毛皮も透けて見えて、何とも不思議なの shine 終点に説明書が置いてあって、素材の正体が分かってビックリなんだけど・・・。

その他の 発泡スチロールや光・液体を使った作品もどんな仕掛けになっているのかが興味をそそる 不思議ワールド で、オススメ good

Photo_4私は初めてで、常設展も楽しめた。 トイレも、作品なのね flair

『女ぎらい―ニッポンのミソジニー 』

6月24日(金) sun

古本の値段が下がるのを待っていたのだが、全然・・・。 地域の男女共同参画センターで見つけたので、借りて読んだ。

Photo上野 千鶴子 著、紀伊國屋書店 (2010/10/6)

【 内容 】 ミソジニー とは、女性嫌悪女ぎらい。 男の 「 女ぎらい 」 と女の 「 生きづらさ 」 を解剖する。 わたしの中の〈 女 〉が嫌い、女好きの男は 実は女ぎらい。 男の 「 女性嫌悪 」 は、女にとっては 「 自己嫌悪 」 。 「 皇室 」 から 「 婚活 」「 負け犬 」「 DV 」「 モ テ」「 少年愛 」「 自傷 」「 援交 」「 東電OL 」「 秋葉原事件 」まで、上野千鶴子が 「 ミソジニ― 」 で解き明かす。

スゴイ・・・本、恐ろしいくらいに。 これまでの説を紹介したり、ヒットした書籍や話題になった事件などについての記述に、いちいち 「えっ、そうなの sign02

同性愛と少年愛、児童性虐待者を区分けしてもらって、スッキリした。 母と娘・父と娘のミソジニーの違いについても、納得。モテない男の甘えとか、女性からの 「 女性蔑視 」 の理由もわかった confident

*差別するには、3人の人間がいる。 差別とは、ある人を他者化することによって、それを共有するある人と同一化する行為である

*元来、正妻には 美貌と家事能力 ( 娼婦と女中の組み合わせ ) は不要だった。 家と家の盟約のかなめとして、家柄・家産・家政能力 があればよい。 子どもを産まなくても、養子縁組で調達してくればよかった

*かつて、甲斐性のある男は、正妻と妾・愛人を何人も囲い込んだ。 高度成長期になって初めて、殆ど100%の男に女がゆきわたるようになった。 「 ( 男のあいだでの ) 性の平等 」 は、ほんの一時期だけである。 この時期、女には 結婚せずに生きていく選択肢がなかった。 今は、結婚以外の選択肢がある。 婚姻率低下と離婚率の上昇が、その結果である

* モテないことを嘆く男が少なくないが、媚びへつらってまで婚活してきた女の長い歴史を考えれば、その状況に慣れていないだけ。 彼らが求める女像は、「 口数が少なくて、可愛くてひかえめで、日本的で、つつましい 」

*児童性虐待者は、「 なにをやっても、子どもなら大丈夫 」「 比較をしないから 」「 コントロールしやすい 」 などを理由にする。 自ら虐待された体験をもつ被害者で、自己評価の低い男が多い

*1889年、皇室典範が成立したとき、継承者を 男系男子に限ったことで、近代 「 天皇制 」 のミソジニーは確立した。 江戸時代までは女帝もいたので、男子優先を唱えて 「 伝統派 」 を名乗るのはおかしい

*「 女は関係を求め、男は所有を求める ・・・DV男も復縁殺人も、男の女性支配の欲求からきている。 女が殺される可能性の最も高い相手は、見知らぬ他人ではなく、夫や恋人だ 」

*「 現代では、息子ではなく 娘が母親の依存の対象となった・・・母は、自分の死後まで娘の人生を支配しようとする・・・母を好きになれない自分を、娘は好きになれない 」

*DV男は、「 バカでつまらない女 」 を結婚相手に選び ( 賢い女を選ぶ気など、端からない )、嘲弄し続けることで自己の優位をくりかえし確かめる。 だから、絶対に手放さない

*男に男同士の世界があるように、女にも女同士の世界がある。 女性の購買力が高まったことから、酒井順子などの 「 女子校文化 」 市場が成立するに至る。 女子校育ちは、共学文化と女子校文化とはコードが違うことを知っており、その落差を生きることを 生存のスキル だとみなしている

*男がよく言う 「 君を守る 」 は、囲いに閉じ込めて一生支配するという意味。 「 守る 」 べき外敵は、自分より力があるかもしれない他の男だったりする。 即ち、「 所有」 の言いかえ

*男が 「 男になった 」 ことを承認するのは、他の男たち。 女は 「 男になる 」 ための手段、証明。 他方、女を 「 女にする 」 のは男であり、証明するのも男

*イ・ビョンホン 「 自分よりお酒が強くて、言い負かされそうな女性は遠慮したい。女性は自分が守りたいから。 」

*ジェンダー同様、ミソジニーも、それが歴史的構築物だとわかったからといって、それから自由になれるわけではない。 あまりにも深く身体化され、欲望の核心にまで入り込んでいる

トマト味ポトフ

airplane 息子 T が、9月にハワイで式を挙げる。 パートナーの Y ちゃんの希望だ。 費用の相談や服装の確認、そして、昨年から延び延びになっている親同士の顔合わせなどを相談するため、2人で夕食に訪れた。

car 会津若松に住む Y ちゃん のご両親のもとに伺う話は 昨年から出ていたのだが、本人同士の休みが中々合わないことと、 T が異動ばかりで落ち着かないこと、そして 彼のいい加減さもあって 延びに延びて、挙式 2か月前の 7月になってしまった despair 前夜、友人達とのベニス旅行から帰国するので バタバタなんだけど、後がないからね・・・。 夫はと言えば、若い女性を前に、上機嫌 happy01

F1000014キャベツと生ウィンナーが冷蔵庫にあったので、トマト味ポトフを作ってみた。 トマト料理は家族にウケないのだが、最後にチーズを垂らして 蓋をして何分かおくと、トローリ とろけて、好評だった flair

文珍 大東京独演会 vol.4

6月21日(火) sun

国立劇場小ホールにて、15:00~17:30

今年も、友人を誘って、文珍の リクエスト寄席 に行ってきた。 昨日夜から今日明日の昼夜公演。 満席で 5回連続公演を打てるって、流石だよね shine

eye この独演会が面白いのは、客席からのリクエスト に応えるところ。 開演前に リクエスト表に○をして、客席を回っているスタッフの リクエスト箱 に入れるという趣向も加わっている。 全体の傾向もみるということ。 ただ、本人がやる気のしないものや 昨日やった演目、今夜やろうと思っているものは、ハズされる。 とてもファジーなリクエスト寄席だ coldsweats01

例年のように、「 女道楽 」 の英華姐さん以外は弟子の参加もなく、延々と文珍を堪能できるのが、嬉しい lovely

ear 語頭に 「 あー 」 とか 「 うー」 とか多くて 「 ボケかけてるか・・・ 」 と心配していると、長めの枕にも噺にも、最近のトピックが てんこ盛りで、本題ではものすごい早口を披露したりで、終演予定きっかりに終わったのも、お見事 wink

ただ、いただけないのは、例年通りの冷房。 ヒューヒュー冷気が流れていて、上着やショールが必需品だった。 国立なのに~、なんで sign02

父の日

6月19日(日) cloud

Photo 遊ぶ用事で帰省している息子 R が、「 父の日だから 」 と、買ってきた。 金欠の彼らしい買い物だ ( 新幹線代がかかるから、毎月帰省してこなくていい・・・) coldsweats02

一緒にいた友人 T君が 「 父の日のプレゼントを買 う 」 というので、思い出したんだって。 初めて手にした 「 父の日プレゼント 」 に、夫はまんざらでもなさそう shine

で、T君が買ったのは、かりんとう 。 うちでは 誰も食さないお菓子なので、ひどくビックリしたらしい。 夫より若い方だけど・・・甘党なんだね wink

『ミボージン日記』

6月17日(金) rain cloud

Photo竹信 三恵子 著、岩波書店 (2010/12/16)

隔月刊誌 『 We 』 に連載されていたのをまとめたもの。 地元の男女共同参画センターの図書コーナーで 毎回読んでいて、今回、通して読み返すことができた 。

pencil ある日突然、目の前で夫を亡くし、茫然とする著者。 恋人と新聞社を一緒に受けて合格⇒結婚。 学生時代から夫に励まされてきた日々を振り返りながら、その後の生き方についても書いている。夫婦間のことだけでなく、 夫を亡くして気付いたことや母子家庭を 死別・離別・非婚で比較してみたりと、様々な切り口も面白い。 語り口もユーモアスで、読みやすい flair

*「 未亡人 」 という言葉を使いたくない。  「 未だ亡くなっていない人 」「 夫に死なれたのに、未だ生き残っている女を責めるかのような呼び名 」。 だから、「 ミボージン 」 。

*既婚者/独身者、ミセス/ミス ― どちらを書けばいいのか? アメリカ国務省では、書類に 「 未亡人 」 と書かされたそうだ。

*『 赤毛のアン 』 では、「 結婚しなければオールドミスといって馬鹿にされるし、結婚すれば夫に威張られる。 未亡人は、そのどちらでもないから 」「 未亡人になりたい 」 という幼い女の子が登場する。

*未亡人で働き通しだった母親は、自立させるために、娘たちも大学に進ませた。 経済的に余裕がないため、国公立だけという条件だったが、「 お父さんが生きていたら、( 古い考えをもっていたから ) あなた達は大学にやれなかったかもしれない 」  と言った。

*「 夫の夢は、机に向かって深夜まで勉強している女性に、後ろから どてら をかけ、鍋焼きうどんを持っていってあげることだだった 」。 この本には、とても ホンワカしたイラストが載っているのだが、裏表紙に この場面のがある shine

*社の方針として女性問題・人権問題を書かせてもらえなくて弱音を吐いたとき、夫は「 会社でうまくやるために記者になったわけじゃないだろう。 おかしいと思ったことを書いてやろうと記者になったんじゃないか 」。

*いつまでも悼み続けなくても、たとえすっかり忘れ果てたとしても、それでいいのではないか・・・亡くなった人は、何をしようと、もう合体して私の中にいある・・・合体した今の自分を元気に動かしてやることこそ必要なのだ。

*「 何ひとつ楽しいことがなくても、ひたすらうねうねと生き続けていく面白みを知った 」「 毎日、夫と楽しいことをみつけようと遊びまわり 」「 共感を求め合い 」「 落ち込んで泣きついていたかつてのやり方では、もう生きていけない 」「 だが、生きていれば、 必ずどこかへはたどりつく 」「 生きていると、思わぬ発見がある 」「 そんな発見を味わえなかった夫の分まで、ごちそうを食べ終わった後の皿をなめる猫のように、残りの人生を味わってみよう 」

あとがき 】 自分は、仕事を手がかりに立ち直ろうとしたが、それは、仕事が夫の形見のようなものだったから。 当時の自分にとって、「 おぼれる者は わらをもつかむ 」 の 「 わら 」 だったのだ。 「 わら 」 は、人によって違う。 あなたの 「 わら 」 を見つけてください。

寝坊しちゃった・・・

6月11日(土) rain cloud

昨日から、夫が札幌に帰省している。 中学の同窓会が目的だが、義母に顔を見せるよう、再三急かした末のことだ。 義母は息子が大好きなので、「 出張がない 」 だの「 マイレージが貯まらない 」 だのと言ってないで、とにかく行けと。

phoneto 朝、夫からの携帯電話で目が覚めた。 二人の義姉にもと 手土産を持たせたお礼を言うために、実家に住む義姉が夫の携帯から電話してきたのだ。 時計を見たら、なんと 8:20 sign01 目覚まし無しで、いつもは 5:30には目覚めるのに・・・ wobbly

今日明日と恒例のイベントがあり、集合時刻は、9:00 なのに、だ thunder

普通に電話の受け答えをしているフリをしながら、大慌てで出かける準備をしたsweat01 昨日のうちに持ち物を準備をしておいたので、とにかく猛スピードで出発し、 遅刻せずに到着 dash

ここ数日、大きなトラブルがあり、夜、眠れないこともあって、体内時計が狂っていたのかな。 焦りまくりの朝だったわ~ coldsweats02

eye イベント会場には指圧の協会が運営する部屋があり、新規利用者獲得を狙ってのことだろうが、15分 500円という費用での効果大だった good 利用した仲間の口コミで、交代で3人が通ったのだが、圧したり揉んだりしながら 腰痛や冷え症の原因と対処法を丁寧に教えてもらって、助かったshine

新生姜の甘酢漬け

6月9日(木) sun

Photo 昨日漬けた 新生姜の甘酢漬け が、もう食べられる。 美味しい sign01

梅酒は、ネットで検索して、「 梅 500gに 蜂蜜 50gを ブランデーとラム酒に漬けた 」 というのを見て、真似してみた。 「 梅 1㎏に ホワイトリカー 500~1,000g 」 なんていうレシピが多いけど、それはとーっても甘い bearing そっかー、そんなに少なくてもいいんだね good

Photo_2ラム酒は近所に売ってなかったので、ブランデー1本ジン1パック 買ってきて、漬けてみた。 これは、ブランデーの方。

これで、3か月待てば、美味しい が食べられる lovely 梅酒も、熟成する前に、ソーダ割りで飲んじゃいそう・・・。

モップスリッパ

Photo_2これ、モップスリッパ。 これを履いて、床の上を滑るように歩きながら、お掃除もするというもの。 拭き掃除は腰に負担がかかるので、こういうのを愛用している。

いつも生協で買うのだが、こんな可愛いのもあるので、掃除が楽しくなるわん good 気温が上がって、つま先があるのは暑い。 洗濯した後は、また、秋までバイバイね paper 

ピクルス

6月5日(日) cloud rain

Photoらっきょう漬けがもう、食べられるようになった ( 浅漬けのパリパリしたのが、好み ) ので、小さい方を液から出した。 美味しくて、止まらないわ coldsweats01

漬け液の再利用で、今度は 赤玉ねぎ と 半端に残っていた カラーピーマン人参 を漬けこんだ。

明日は 新生姜 が届くので、大きい容器の方も入れ替える予定。 梅も買ったので、梅酒 も漬けようと思っている notes

夜は、バンドの練習。 ビールを飲みながらミーティングをして外に出たら、土砂降りの雨。 私以外は傘を持っていないという。 もう・・・ 「 強い雨が降る 」 って天気予報で言ってたじゃない bearing

『義兄弟-SECRET REUNION』

6月3日(金) rain

51jvwth3sjl__sl500_aa300_ドンくん主演の『 義兄弟 』 ( 公開時の感想 ) DVDが、発売されていた。 予約しようと思っていたが、目の前のことに追われて、忘れていた coldsweats01

監督::チャン・フン、出演::ソン・ガンホ,、カン・ドンウォン、チョン・ググァン、パク・ヒョックォン、チェ・ジョン、 2011/05/27

格上のソン・ガンホが主演ということになるのだが、日本で売るとなると、韓流ファン向けに、ドン君を目立たせてくる。 帯には ドン君の名前が先に書いてあるし wobbly

でも、彼一人での来日映像 ( インタヴュー、記者会見、舞台挨拶 ) という 特典映像 が、とっても嬉しいわ。 普段のオシャレな彼は、鑑賞に耐えるもの lovely 内容はダブっているんだけど、髪とか服装は違うから、いいの。 ファンって、とにかく 彼を長く見ていたいんだもの。

メイキング映像はやっぱり ソン・ガンホの方が長く映っていたけど、彼も私の 「 お気に入り 」 なので、問題なし good

監督が、ドン君の起用について 「 (台詞が少ないので)語らずとも観客をひきつけられる 神秘的 な俳優が必要だった 」 と言っていた。 『 狼の誘惑 』 のメイキング映像でも、監督がそう言っていたっけ confident

『トゥルーブラッド8 秘密の血統』

6月2日(木) rain

いつの間にやら、続きが出ていた sign01 Amazonからのメールをちゃんと読んでいなかったからね coldsweats01 今回も、ロマンチックなエピソードが特にないのは寂しいが、例のように、ハラハラドキドキ happy02 一気に読んだ。 寝たのは、夜中よ・・・。

シャーレイン・ハリス 著、多田 由美  イラスト、田辺 千幸 翻訳、ソフトバンククリエイティブ (2011/5/20)

内容】 ハリケーン・カトリーナの被害によって、スーパーナチュラルの社会は不安定になった。 スーキーの住むボン・タンでも、狼人間たちの抗争とヴァンパイアたちの縄張り争いが立て続けに発生。 両方の社会に深く関係してしまったスーキーも否応なくその争いに引きこまれていく。 並行して、スーキーの前に曽祖父を名乗るフェアリーが現れる。 一方、亡くなった従姉 (ヴァンパイア) に息子がいることを知り、スーキーは会いに行く。 自分と同じテレパス能力を感じて、次巻に 「つづく」 ・・・。

pencil スーキーはまたもや 狼人間やヴァンパイア社会の覇権争いに巻き込まれる。 幾度もの危険を経験してきたせいで、彼女の対応や反応は、更に進歩している。 同居の魔女、アメリアやその師匠との話も面白いし、クローディアとの血縁関係が明かされる。 イラストが 「 殿下 」 と呼ばれる曽祖父のイメージと違っていて、どうかな despair イマイチ、現実味を感じない。

テレパス能力をもつ従姉の息子との関係が、これからネタになるな。

らっきょう漬け

6月1日(水) cloud

Photo_2らっきょう を漬けた。 昨年、甘さを抑えた 「 漬けあがり 」 チョイ前のが思いのほか美味だったので、今年も sign01 生協で 「 洗いらっきょう 」 を売っていたので、つい・・・そっちを選んでしまった coldsweats01

使っていない麦茶入れやタッパーを使って、りんご酢も使ってみた。 楽しみ~ lovely

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ