« 『わたしを離さないで-NEVER LET ME GO-』 | トップページ | お花見 »

消費者からみたTPP問題

4月8日(金)cloud

昨夜の地震、宮城の実家も襲っていたとは気付かず(寝てて、頭が働かない)、朝、義姉からの「停電しているけど、大丈夫」というメールを見て wobbly 父に電話してみた。そしたら、繋がらないの bearing

義姉の話で、実家の電話が(多分)壊れて、音が鳴り続けるのが煩くて、電源を抜いたということが分かったんだけど、「電気は戻ったけど、また、断水してるの weep

折角復旧してるところを挫くような余震、ウンザリするよねぇ despair

cherryblossom さて、震災と原発事故の陰に隠れてしまっているTPP問題だが、活動仲間が学習会を開いたので、参加した。講師は、安田節子さん。

*アメリカは、遺伝子組み換え食品の推進国。成長ホルモン剤、ホストハーベストもやり放題。食品衛生や添加物もかなり杜撰な国

*TPPに参加すると、輸入する側に自分の国の食品基準を合わせることになる。(これまでも、アメリカの要求をさんざん飲んできたが)アメリカが輸出し易いように、全ての基準をアメリカ並に下げることになる。日本の食品基準を下げるのは、人体への影響の面で、大問題

*具体的には、「遺伝子組み換え」表示・牛肉のBSE対策条件の撤廃、農薬使用基準を広げることになる。栄養補助食品・健康食品の米国企業の参入も促進される

*日本の食料自給率は、たったの4割で、世界最大の農産物純輸入国。米の関税廃止で、米の自給率は10%台になる予想

*国産小麦や砂糖、乳製品も壊滅。食糧が高騰する中、自給率を下げるのは、国民の命にかかわる(世界的に食糧生産は限界と言われ、現在、飢餓人口が10億人いる)

*工業製品企業が幅をきかす財界は輸出を増やして儲けることしか考えていないが、こと食糧に関しては、アメリカの輸出市場として他国に隷属するような協定を結ぶべきではない

*「環太平洋経済協定」とはいっても、韓国も中国も参加していない。これまでの二国間協定に留めるべきだ

« 『わたしを離さないで-NEVER LET ME GO-』 | トップページ | お花見 »

市民活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/39542235

この記事へのトラックバック一覧です: 消費者からみたTPP問題:

« 『わたしを離さないで-NEVER LET ME GO-』 | トップページ | お花見 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ