« 『 トゥルーブラッド 7 』 | トップページ | 自粛 »

『 ダークエイジ・ロマン 大聖堂 』

3月26日(土) sun

大地震・原発報道がニュース枠内となり、TV番組は ほぼ元に戻った。

Photo_4原作:ケン・フォレット 『 大聖堂 The Pillars of the Earth 』、製作総指揮:リドリー・スコット、演出:セルジオ・ミミカ・ゲッザン、脚本:ジョン・ピールマイアー、出演:ルーファス・シーウェル、イアン・マクシェーン、ナタリア・ヴェルサー、マシュー・マクファディン、エディ・レッドメロン、ヘイリー・アトウェル、ドラルド・サザーランド 他、ドイツ・カナダ・イギリス

NHK BShi の 「 愛と欲望に満ちた中世イングランド世界 」 を描くドラマが、終わった。 悪役ともの陰謀にウンザリして 飛ばしたシーンもあったけれど、NHKの人気枠である 「 プラトニックな韓流ドラマ 」 の嘘くささと好対照、殺人や濡れ場・女性の放尿シーンにビックリ sign01 しつつ、登場人物が誰も清廉潔白でなく、自分の目的のために 多少は手を汚すという設定が人間くさくて良かったし、映画並のリアル感とお金をかけた作りを楽しんだ shine

eye 予告編の扱いからみて、トム ( ルーファス・シーウェル、映画 『 ロック・ユー 』 の敵役 ) と 修道院長 バーソロミュー ( ドナルド・サザーランド ) がメインキャストかと思っていたら、二人とも呆気なく殺されてしまって wobbly 結局、全編を通して出番が多かったのは、醜い悪役修道士 フィリップ か?

美女が出てこないことや 唯一のハンサム君 リチャードが マザコンのDV男というのは、少し残念だった despair 最も好きなキャラクターは、絶対めげない エレン flair 最後の最後に 恋人の復習を遂げるしぶとさが、いい。

« 『 トゥルーブラッド 7 』 | トップページ | 自粛 »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/39382938

この記事へのトラックバック一覧です: 『 ダークエイジ・ロマン 大聖堂 』:

« 『 トゥルーブラッド 7 』 | トップページ | 自粛 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ