« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の記事

自粛

3月26日(日) sun

book 週刊誌の記事で、「 火力発電所の修理が終われば、原発無しで日本の電力需要を賄うことができる 」という記事を読んだ。 日本の現状を教訓にして、原発利用国で廃止を求める声が大きくなっているし、これから建設を予定している国でも、作業はストップしている。 こうした事故が起きないと、世論は動かないものだ。 そして、原発事故は、企業+企業と癒着して責任を果たしていなかった監督庁( 政府 )の責任。 震災被害とは分けて考えるべきだと思う。 ( 東電の社長って、どうして出て来ないんだろう・・・ )

ところで、大震災と原発事故の影響で、イベント自粛が広がっている。 ネットワークすることを目的とする市民活動関連のものまで 見直しするのは、行き過ぎのように思う。 こういう機会にこそ、住みよい街づくりをするためにネットワークすることの意義を多くの人に伝えたいもの。

cherryblossom 最近、最低限の外出しかしなくなった。 あの晩、歩いて帰宅しりたり、避難所で一夜を過ごしたという人の体験談が頭をよぎり、遠出するのを控えたり、服装を考えたりしちゃうのよね。

wave 放射能汚染のニュースで、水のペットボトル不足に拍車がかかった。 そもそも、震災の日以来、売り場で水なんて見たことがないけどね coldsweats02 うちでは、災害用として、5年保存ペットボトル を生協で買ってある。 普段、水のペットボトルは使っていないので、古い方のは いつ買ったかを忘れてしまっていたが、「 断水の時に、トイレでも使えるし 」と。 今回の在庫整理で、3本が半年前に期限切れだったことが発覚した despair

cafe放射能より、いいんじゃない? 」と、夫。 「 蓋を開けなければ、そう劣化しないわよね 」と、私。 そんな訳で、期限切れの水でコーヒーを飲んでいる。

『 ダークエイジ・ロマン 大聖堂 』

3月26日(土) sun

大地震・原発報道がニュース枠内となり、TV番組は ほぼ元に戻った。

Photo_4原作:ケン・フォレット 『 大聖堂 The Pillars of the Earth 』、製作総指揮:リドリー・スコット、演出:セルジオ・ミミカ・ゲッザン、脚本:ジョン・ピールマイアー、出演:ルーファス・シーウェル、イアン・マクシェーン、ナタリア・ヴェルサー、マシュー・マクファディン、エディ・レッドメロン、ヘイリー・アトウェル、ドラルド・サザーランド 他、ドイツ・カナダ・イギリス

NHK BShi の 「 愛と欲望に満ちた中世イングランド世界 」 を描くドラマが、終わった。 悪役ともの陰謀にウンザリして 飛ばしたシーンもあったけれど、NHKの人気枠である 「 プラトニックな韓流ドラマ 」 の嘘くささと好対照、殺人や濡れ場・女性の放尿シーンにビックリ sign01 しつつ、登場人物が誰も清廉潔白でなく、自分の目的のために 多少は手を汚すという設定が人間くさくて良かったし、映画並のリアル感とお金をかけた作りを楽しんだ shine

eye 予告編の扱いからみて、トム ( ルーファス・シーウェル、映画 『 ロック・ユー 』 の敵役 ) と 修道院長 バーソロミュー ( ドナルド・サザーランド ) がメインキャストかと思っていたら、二人とも呆気なく殺されてしまって wobbly 結局、全編を通して出番が多かったのは、醜い悪役修道士 フィリップ か?

美女が出てこないことや 唯一のハンサム君 リチャードが マザコンのDV男というのは、少し残念だった despair 最も好きなキャラクターは、絶対めげない エレン flair 最後の最後に 恋人の復習を遂げるしぶとさが、いい。

『 トゥルーブラッド 7 』

3月25日(金) cloud

Photoシャーレイン・ハリス 著、田辺 千幸 訳、多田 由美 (イラスト)、ソフトバンククリエイティブ (2011/3/19)

おっとー、続編が出ていたなんて気付かなかったsweat01 テレパス スーキー が、今回も血みどろのトラブルに巻き込まれ、大活躍。ヴァンパイアの会議で ルイジアナ州女王を助けるうちに、殺人事件やホテルの爆破が起こり、第2巻で登場したテレパス仲間の バリー ( テキサス州王に仕える)と協力しながら、お馴染み ルイジアナ第五地区責任者の エリック や虎人間である恋人の クイン、その他大勢の宿泊者の命を救うことになる。

pencil 少女のように可憐な外見をしたルイジアナ州女王、ソフィ・アン。 怖いね~、この謀略家は。 不幸な生い立ちや数々の修羅場をかい潜ってきたという背景、そして、この位 悪知恵が働かないと 滅ぼされるということはあるだろうが、彼女のせいで スーキーは恋人を失い、大いに傷ついた訳で wobbly 元恋人 ビル の存在が薄くなっていくのは、とても寂しい

pencil 今回も、スーキーの真っ当な人間として行動や自立心に共感し、勇気ある活躍に目を見張る。 「 テレパス 」という特殊な能力を持て余して成長してきたことが彼女の人間性に深みを与え、また、育ててくれた 亡き祖母 ( 第1巻で、他殺 ) の 「 教え 」 ― 例えば、相手が卑劣な行動をしたからといって、それを非難する方法が自分を卑しくしないように ― を時折思い出して 自省・自制するシーンが、好きだ flair

そして、スーキーと出会うことでテレパスとしての能力を自覚した バリー の存在感が増し、彼との友情にホッとした shine

桂文珍・三遊亭円楽 二人会

3月23日(水) cloud rain

Photo_2 開催するのかどうか心配だったが、「 チャリティー公演 」 として、開催。 会場には、募金箱があった。

今回の震災への募金は、既に 3回行っている:地震翌日に届いたメールに応えて 『 国境なき医師団 』 へ ネット募金、co-op とうきょう生活クラブ生協 へは 注文用紙で申し込んでいる(月末銀行引き落とし)。 食の問題に正面から取り組んでいる地域生協が経営破綻しないよう、願っている。 それと、私の募金は、震災に対してのもの。 原発被災については、東電と監督庁が負うべきだと思っている。

eye 会場は満席。 ご贔屓の 文珍 を劇場仲間に聴かせたくて 4人誘ったが、皆が大いに笑ってくれたので、よかった。

ガラガラ声で、しかも、「 えーーーー 」 ばかり繰り返して、痴呆が始まった高齢者みたいだったが、次第にいつもの調子に戻って ホッとする。 私は、この人のお茶目で はんなりした口調が好きなの。 笑った分に上乗せして、募金をした shine

円楽は、若い頃好きだった落語家だが、段々偉そうになってきて、しかも 女性蔑視の発言が嫌で避けてきたので、しばらく振りだ。 上から物を言うような口調に拍車がかかり、やはり 共感できない部分が多く、笑えなかった。 文珍が出るからといっても、共演者は選ぶべきだなと 自省 think

eye チャリティー 」 と言っても、その話題は殆どなく、少しガッカリした。 地震ばかりか、原発被害 ― 23区の水道水が放射能汚染されている ― というニュースで 動揺が広がっている時だもの。 自由自在に変化できる話芸なんだから、もっと時勢に敏感でいいんじゃない? その点、先日の 松元ヒロ の公演は、素晴らしかった。

節電

3月22日(火) rain

Photocherryblossom 保護司の用事で、法務省ビルまで出かけた。 日比谷公園で見た 寒桜。 あいにく雨だが、公園を突っ切るのは気持ちがいい。

会議室は、節電のため、暖房なし。 襟巻きをしたままの人がいた coldsweats01 終了後の懇親会、中止。

会社の方針で、夫は今週、残業無しだって。 毎晩、夫婦仲良く TV画面に向かうのも、イイかも flair co-opとうきょうの配達は、納豆・米・トイレットペーパーが欠品。

近所のガソリンスタンドは、行列が無くなり、夫がホッとしていた。 高いけど despair

ところで・・・毎日毎日、余震が続いて、私は木造の我が家が心配 wobbly 建て売りで買ったので、工務店から 「 丁寧に作りました 」 と言われても、途中経過を知らないし。 そのうち、倒壊しないかしら・・・。

3月20日(日) sun

Photo 煮物は、朝から作っておくことが多い。 朝は、エネルギーが充分あるし、冷める段階で 味がしみて美味しくなるから。 今朝は、パスタソースと おでん を用意。 生活クラブ の 「 おでんセット ( 練り物 ) 」 は、つみれ が袋入りなので、人数分に分けられるが 嬉しい flair

Photo_2いつものボランティアに行く途中、早咲きの桜を目にして、嬉しくなった。 川沿いの桜並木は、まだまだ蕾が固いことに、急に気付いた。 例年だと、あと 1週間もすれば、花見時なのに・・・と。

bearing ところで、夫が見ている大河ドラマだが ― 「 姫様方 」 の騒がしさがに、呆れる。 母親が 物静かで凛とした振る舞い なのに、娘たちは、現代の駄々っ子のように 騒々しい。 野生児のように、感情の赴くままに 大声で ギャーギャー喚いて、下品。 静かに話せない、親の覚悟を理解できない ― これって、子育ての失敗例みたい。

しばらくぶりのお風呂

3月19日(土) sun

telephone 実家 ( 町役場のある地域 ) で、水道が復旧したそうだ。 町全部の復旧までは まだ時間がかかるということだが、とにかく、「 久しぶりに シャンプーできた、洗濯できた 」 と喜んでいた。

米は友人から分けてもらい、行き付けのガソリンスタンドが、少しだけ入荷できたガソリンを届けてくれたそうだ。 「 特別な不便もなく暮らせて、幸運だった 」 と、避難所暮らしの方達の生活を思い遣っていた。

bottle 夫は、地震以来、夜の会合が全て中止になって、毎晩、早く帰宅。 外食がない分、安上がりだが、お酒のストックが確実に減っていくわね sweat01

ゴルフやソフトボールの大会が中止になり、ガソリンの入手が困難なことから、ソフトボールの練習試合も取り止め。 週末も在宅。

bullettrain そこに、名古屋近郊に赴任している息子 が、個人的なことで突然帰宅。 計画停電やら物資不足やらで混乱している東京に、何で帰ってくるのか? ったく wobbly しかも、車を貸してくれなどと言うので、「 ガソリンスタンドの前に 車が 1キロも並んでいる状態なので、遊びで使うのはムリ。 終電までに帰って来なさい 」 と、電車を使わせた。 「 東京駅が暗いので、ビックリした 」「 居酒屋の看板が、暗かった 」 などと、東京の状況を肌身で感じたみたいね。

売ってはいるけど

3月17日(水) sun cloud

Photo お気に入りのチョコを買いに、地元の酒屋に行った。 古くから の商店街、自宅の1階でご隠居さんが TVを見ながら、のんびり店番をしているような店だ。 アレレ・・・、とうに売り切れているものと思っていた 乾電池やカップ麺、いつも通りに売っているじゃん!

チョコとワイン、それと体重が増えて嘆いている夫のために 小さいカップ麺も買って店を出ると、はす向かいの米屋で 「 いつも買ってもらっている コシヒカリは無いけど、何でもいい? 」 という声が聞こえてくる。 TVで 米を買いに何軒もスパーを回る人達の様子が映っていたけど・・・ coldsweats02

帰宅した夫は、 「 あまり売れていそうにない店だから、賞味期限が危ないんじゃないの? 」 -見ると、カップ麺は 5日後 だった wobbly ま、「 開封しない限り、もっと先まで食べられる。 無いよりマシ 」 というのが、私達の結論 wink

mobilephone 夜、愛知に赴任している息子 が、「 物資が不足しているんだって? 」 と、心配して電話をくれた。 「 のところは そうらしいけど、ここは大丈夫。 お年寄りが多いから、のんびりしていて、誰も買いだめに走らないみたいね。 」

電気が復旧

3月15日(火) sun cloud

book 我が家には、災害対策ということもあって、ある程度の備蓄品があるので、地震からこの方、買い物もせずに生活している。 地震の影響で 予定がキャンセルになったりで、電気を使わずに 静かに読書をしていた。

telephone そこに、実家から電話がきて、久しぶりに父や兄の奥さんの声を聞くことができた。 電気が復旧したとのこと。 TVは映らないと。 飲料水は 小学校まで貰いに行っていて、洗濯も風呂もトイレも・・・・まだ。

car ちょうど、兄の車が満タンだったので、携帯電話の充電をしたり ラジオを聴いたりできたという。 父は、「 夜、真っ暗な中で余震があって、怖かったー 」 と。 兄の奥さんに食事の面倒をみてもらって、本当にありがたいとも。

午後には、広島に住む大学の後輩が電話をくれて、何と!14年ぶりくらいの会話だった happy01 年賀状で近況は伝え合っていたが、学生時代に何日か泊まったことのある 私の実家を心配してくれたのだ。 話が弾み、まだ息子が小学6年生だという彼女と、子育て談義まで wink 昨日は ドイツの友人、今日は 台湾の友人からメールがきたりで、これも 嬉しかった。

mobilephone 息子 の話では、「 トイレの紙がちょうど無くて買いに行ったら、売り切れ。 紙が全然ないんで、100均店で トイレ掃除の ( 流せる紙雑巾 ) を買ってきた。 レジに、ラーメンを カゴで五つ も買っている夫婦がいて、腹がたった。 買いだめするから、皆が買えなくなるんだよ 」

夕方、co-op とうきょう の配達があったが、冷凍品全品が欠品、野菜の一部と缶詰も欠品だった。 「 無いのをチェックして、来週、出してください 」 - 自己申告かい? 人手がないこともあるだろうが、組合員を信用してるんだねぇ・・・ confident 100円単位・1,000円単位で被災地に募金できる商品番号も設定してあって、さすがだね good

断水で停電

3月14日(火) sun

mobilephone 実家から、やっと 2度目のメールが届いた。 登録していないアドレスで、姪のかな? 「 断水で停電だけど、食事はできている 」 とな。 馴染みの仙台駅、新幹線ホームの映像に、唖然 wobbly 線路だけじゃなくて、ホームも使えないんだ。

pc 節電で交通機関も込み合う中、家でおとなしくしていた。 PC作業や読書・家事をしながら、TVで 東京電力の会見や 避難する周辺の住民の様子に、だから 原発に反対なんだよ!と。

地震国で、こうした被害は予想できていた。 火山国には、輸出できる程の技術をもつ 地熱発電 こそ、賢い電力調達方法だろうが。 原発産業と癒着している場合か。 近隣の国だって、風で流れてくる放射能汚染の可能性に怯えている。

eye 夜、夫が就寝してから、翌日の計画停電の予定表が字幕で出た。 第3グループが朝一だってぇ?? 夫を起こして、朝食を早めにとるように伝え、残り湯で洗濯機を回して寝た。

松元ヒロ ひとり立ち

3月13日(日) sun

Photo紀伊國屋ホールにて、15:00~17:10

宮城の実家とは、一昨日の夜に一度、携帯メールで無事を知らせてきて以来、連絡がつかない。 停電していたら、携帯電話の充電もできないだろうし、仕方ないとも despair

train でも、終日、TVで被災映像を見ていても何の役にも立たないし、「 ヒロさんなら、こんな時にも相応しいネタを披露してくれる 」 と期待して。 同行の友人の一人は 福島県相馬市に実家があり、身内の無事は確認できたが、「 親戚の一軒とまだ連絡がつかないし、知り合いの状態も心配。 だから、後ろめたいっていうか・・・来るのを止めようと思ったけど 」

会場が近いので、気軽さもある。 昨夜の経験から、早めに集合をかけて、近所の友人 4人で出掛けた。 行って、正解だったわ good

eye 木曜日から始まったステージ。 ヒロさんは、金曜日、新宿駅に着いた途端に地震に遭ったそうだ。 「 東京オリンピックの年に建った 紀伊國屋ビル、倒壊したかと思ったら shock 本の重さに耐えられるよう、頑丈に作ってあると、支配人から聞きました 」

「 公演の開催について、電話がひっきりなしにかかってきて。 中止だけれど、来場されたお客様にお詫びしようと 入り口で待っていたら、3人、いらっしゃって」「 帰宅できないので、ここに泊まりました 」

「 こんな時に こんな場所に来るなんて・・・と言っても、家に居てもどうすることもできないんですから、今日は笑って、明日から頑張って仕事して、そのお金を支援金にして、余ったら 公演のチケットをまた買ってください

eye 菅首相や枝野官房長官、与謝野大臣の真似には、大いに笑った。 相撲の八百長問題や大学入試の携帯カンニングなど、時事ネタにも 大笑い happy01 朝日新聞夕刊に連載された ハンセン病 の患者についての 記事ネタは、私も感銘を受けていたので、共感できた heart02

Photo_27月公開のイタリア映画を試写会で観て感動したと、 『 やればできるさ 』 を マルセ太郎ばりに再現して、「 一昨年、イタリア映画祭で上映された時には、スタンディング・オベーションが起きたそうです。 7月公開ですから、誰も観ていないでしょ? 間違えても大丈夫です 」 なんて言ってたけど、私、観てるから wink

精神病患者についての国を挙げての取り組みが分かる、実録。 収益が見込めないと、公開に時間がかかったそうだ coldsweats02 こういう時、気骨のある映画館が ギリギリで存在できるのが、都会のいいところだ shine

あと、鹿児島実業時代の駅伝大会の実況が、とても楽しかった delicious

『 おしまいのデート 』

3月12日(土) sun

夫はゴルフ、私はダンス公演が中止となり、同期会のために 仲間と愛知から車で来る予定だった息子 の上京も、中止。

息子 が、「 ガスが点かないんだけど 」 と 電話してきたので、復旧手順を教えてやった sweat01 銀座の外れにある飲食店に勤務する彼に、「 昨夜は、ガラガラだったでしょ ? 」 と尋ねたら、( 彼は仕込みのために午前中から出勤しているが ) バイトが来れないのに、 ( 帰宅できない ) 客が押し寄せ、大忙しだったそうだ。

train 夕方、お通夜に出たが、時刻表のない電車をホームで 30分も待つことになった。 読みが甘かったわ despair

喪主である 高齢の活動仲間は、50年近く連れ添ったお連れ合いとの思い出を 一緒に日本酒を飲みながら 笑顔で語り、夫婦仲がいいのに 心が和んだ heart02

Photo 瀬尾まいこ 著、集英社 (2011/1/26)

『 小説すばる 』 に発表された 5編の短編をまとめたもの。 組み合わせも状況も異なる、5種類の 「 最後のデート 」 が語られる。 どれも 主人公に共感できて、スルッと話に入っていけた。

happy01 一番気に入ったのは、体育会系の男子高校生が 女子と仲の良い お調子ものグループに属するクラスメートから デートに誘われた 『 ファーストラブ 』。 とてもユーモラスで楽しかったので、2度読んだ good

ジーンときたのが、元不良と老教師の 『 ランクアップ丼 』。 定年間近の教師が 家庭に問題のある教え子にかける愛情と、彼を慕う生徒との交流に、胸が熱くなった heart01 「 玉子丼 」 という小道具も、効いている。

大地震

3月11日(金) sun

会報の入稿が済んで エネルギーが枯れた私は、家に居た。 そこに、地震だから sign04 その後、交通機関が麻痺したことを考えると、在宅していて幸いだった。 瀬戸物やビンが割れた位で 済んだのだし。 初めて、手動でガスを復旧させたり。

mobilephone 宮城県南部の実家には 電話が繋がらず、夜になって、やっと 無事を知らせる携帯メールが届いた wobbly 海岸からも山からも遠くて 地盤もよい場所なので、被害の出にくい場所。 なので、津波や土砂崩れは心配していなかったけれど。 しかし、各地の被害は甚大、TV映像は 予想を超える恐ろしさだ 。 ( ご心配の皆様へ:そういう訳で、私の故郷は無事です )

夫は、2時間半かけて 徒歩で帰宅。 職場の若い人が 家まで歩いて何キロあるのかを調べてくれて、自分より遠い人が歩くと言うのに触発されたのだと。 徒歩での帰宅者の群れが 歩道に溢れ、異様な光景だったそうな。

彼のように、職場に泊まれた人はいいが、駅や学校などの避難場所で夜を明かした方達は、さぞや大変だったと思う。

+-0

3月10日(木) sun

12月から準備していた会報を入稿。 印刷会社にデータを持参して 担当者と校了や納品などを打ち合わせて、一段落。 誌面が完成していから 4回も校正会議を開いて、ネットでの遣り取りも続くと、原稿を見ることが苦痛になってくるのは、いつものこと despair

mobilephone 話は変わって、昨夜、NHKBSで 『 ERⅩⅤ 』 を見ていたら、愛知県にいる息子 から電話があった。 「 今、一人サッカーしてるとこ。 何かさぁ・・・・・・・・・・・・ 」 話を聴くと、仕事もプライベートも あまり充実していなくて、空しくなっていると。

「 大抵は、そうじゃない? 私もそうだし。 マイナスの分だけプラスにして、プラマイゼロにするよう、努力しているだけ」 「 えーっ、お母さんも? 参ったな 」

は、楽しいことを見つけ出すのが得意で、趣味も友人も多い。 眠っている最中に笑ったりする性格 (?) は、日常の先取りや苦しむ夢ばかりみる私としては、羨しい限り。 だが、現実社会に適応していると、そうそう お気楽には暮らせない。

携帯電話で 15分ほどあれこれ話して ( 家族無料サービス )、少し気持ちが落ち着いたようで。 「 昔は電話もなかった ( 高かった ) から、今は恵まれているわね 」

劇団昴 『 親の顔が見たい 』

3月4日(金) sun

Photo鑑賞会の例会

北とぴあ・さくらホールにて、18:30~20:15

作:畑澤聖悟、演出:黒岩 亮、出演:宮本 充、西本裕行、小沢寿美恵、落合るみ ほか

内容 】 私立女子中学校の会議室に、5組の保護者が集められる。 彼らの娘達は、この日の朝、教室で自殺していた生徒の遺書に、イジメの加害者として名前が書かれていたことが明らかになる。 3組の親とは、それが 「 事実ではない 」 と 声高に言い、担任を責め、被害者の家庭に責任をなすりつける。 証拠品である遺書を燃やしたり 破いて食べる 下劣な奴までいる。 しかし、遺書である手紙は 何人もに出されており、証拠が消せなくなる。 そのうち、「 実は、気付いていた 」 と 告白する者、「 証拠となる携帯記録を娘に消させた 」 と告白するのが出てくるが、「子どものため 」 という理由で、最後まで認めようとしない親がいる。

現役の高校教師が書いた作品だというが、実にリアルで 「 ありそうな話 」 だ。 イジメの内容は、もう、家裁送致が当然な程、凄惨 bearing しっかり反省して更生させないと、今後の人生で 周囲が被る被害が少なくないだろうと予想できる。 それなのに、何とかして 無かったことにしようとする親達の無茶ぶりに、唖然とるばかり wobbly 娘達が口裏を合わせて 否認しているのは、こういう親だからだと、納得できる。

子育てしている時、こういう親がいたっけ。 「 うちの子に限って 」 とか、他の誰かに 「 引きずられた 」 と言う親。 自分の子どもだけを真綿でくるむように可愛がり、「 うちの子が被害者になるより、加害者になった方がいい 」 なんて言われて、驚愕したわ wobbly  そういった 利己的な子育ては、何れ、自分に跳ね返ってくると思うよ。 

「 親の顔が見たい 」 どころか、娘達が気の毒になった。 子どもは親を選べないからね sad

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ