« ハイヒールとジェンダー | トップページ | 『 GANZ 』 »

『 この森で、天使はバスを降りた The spitfire grill 』

2月2日(水) sun cloud

Photo

スカパーをつけたらやっていて、ドンドン引き込まれ、深く感動 heart02 が、最初の部分を見ていないので、( 新書の値段くらい ) 中古DVDを購入。

監督・脚本:リー・デビッド・ズロートフ、出演::アリソン・エリオット、エレン・バースティン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、1996年、アメリカ

内容 】 5年間の服役を終えた パーシー が、新しい生活の場に選んだ田舎町 ギリアド でバスを降りた。 看守→保安官のとりなしで、一人暮らしの気難しい老女 ハナ が経営する食堂 The spitfire grill で働き始めるが、「 よそ者 」 であるパーシー を好奇の目で見る住民ばかり。 しかし、森を愛し、悲しい過去をもちながらも 純粋な心をもつ彼女に、夫のDVに苦しむ同僚のシェルビーや父の世話で空しく暮らしている青年は深く癒されていく。 そして、彼女が提案した魔法のようなアイディアが、小さな村に変化をもたらす。

bud 森が美しくて、ウットリする。 川も美しい。 過疎の町、住民達は保守的で意固地。 店主は悲しい秘密をもっていて、最後にそれが明らかなる。 これは、反戦映画でもある。 店主の甥であるシェルビーの夫は 人を信じることができない性悪な男で、彼の行動が パーシーを死に追いやってしまう ( 葬式で謝って終わりかよ? 納得できん annoy )。 彼女の死によって、彼女の純粋さを住民はやっと受け入れることができるのだが、遅いっつうの angry

人を幸せにしただけで、自分は何の幸せも手にしなかった彼女の清らかさ・優しさが、周囲の人々の心を溶かし、希望の見える終わり方になっている。 しかし、彼女にプロポーズした青年もいたし、何とか生かしてほしかった・・・ weep

« ハイヒールとジェンダー | トップページ | 『 GANZ 』 »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/38706140

この記事へのトラックバック一覧です: 『 この森で、天使はバスを降りた The spitfire grill 』:

« ハイヒールとジェンダー | トップページ | 『 GANZ 』 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ