« 兄弟で、インフルエンザ | トップページ | USB »

『 蜜姫村 』

1月27日(木) sun

Photo乾 ツカ 著、 角川春樹事務所 (2010/10)

もの凄く面白かった sign01 「 その先 」 が知りたくて、最後まで 一気に読んだ dash 昨年、書評を読んで 値が下がるのを待っていたの。 昨夜、極度に疲労する活動があって ヘロヘロになっていた私の頭が、一気に切り替わった。 いい気分転換になったわ good

内容 】 東京の大学の講師で昆虫学者の山上は、変種のアリを追って、医師である妻 和子を伴い、東北の山村、瀧埜上村の仮巣地区に入る。 無医村なのに、村人は皆健康で、病人がいても、朝になると、もう回復している。 医師の和子の診察を拒む裏には、とんでもない事実があった・・・。

eye 謎を追って読み進んでいくと、最後まで想像を絶する展開で、読者を離さない力量は、凄い。 荒唐無稽な設定ではあるが、地理的に人里離れた村になら ありそう。 村人以外の犠牲を厭わない 残虐性、人間性を無視した展開には慄然とするが、映像が浮かんでくるような描写力で、やめられなくなる。 恩讐を越えた 思いがけない静かな結末にも 驚かされた。

1575年から 2010年までの時代を行きつ戻りつしながら、ホラー殺人やチャンバラ、夫婦・親子の情愛、そして 禁断の愛、逃避行 ありで、ハラハラドキドキ heart02 映画化するといいと思うわ lovely

« 兄弟で、インフルエンザ | トップページ | USB »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/38639485

この記事へのトラックバック一覧です: 『 蜜姫村 』:

« 兄弟で、インフルエンザ | トップページ | USB »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ