« 『 愛する人 』 | トップページ | 韓国には、パチンコ店がない »

ベルリン国立バレエ団 『 チャイコフスキー 』

1月22日(土) sun

Photo_5 東京文化会館 大ホールにて、15:00~17:00 ( 含休憩 25分 )

振付・演出:ボリス・エイフマン、音楽:チャイコフスキー、装置・衣裳:ヴァチュスラフ・オクネフ、照明:グレーブ・フィルシュテンスキー、指揮:ヴェロ・ペーン、演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

出演:ウラジーミル・マラーホフ、イブラヒム・ヴェール、エリサ・カリッロ・カブレラ、ナディア・サイダコワ、ディヌ・タマズラカル、セブネム・ギュルゼッカー

エイフマンが、チャイコフスキーの曲にのせて、彼の苦悩と孤独に満ちた人生を描く。 日本初演。 1階は満席、他は、5階席まで七割強、かな。

生協の割引チケットに背中を押されて、行ってみた。 死の床にある チャイコフスキー。 いつの間にか、ベッドには もう一人の自分 ( イブラヒム・ヴェール。 マラーホフより大柄で逞しい。 黒髪褐色の肌で、両性具有っぽい金髪白色のマラーホフとは、対照的。 この後、最後までねっとり絡みつくような振り付け ) が同じ寝間着を着て居り、チャイコフスキーをベッドから追い出す。 マラーホフの寝間着がめくれて、お尻が見えた、ドキリ coldsweats02 この後、 もう一人の自分 が寝間着をスルリと脱いで、サポーター姿で引っ込んだのを見て、なるほど、と catface

clover 『 白鳥の湖 』 に 『 くるみ割り人形 』 と、彼の作品の登場人物が入れ替わり立ち替わり現れて、賑やかだ flair が、チャイコフスキーはそのお相手に忙しくて、おちおち寝てもいられない、かわいそうね despair

白鳥、カラボス、ドロッセルマイヤー、王子、経済的に支えてくれた男爵夫人…。 とは うまくいかなかったらしく、結婚式では、花嫁の白いベールにからめとられて 恐れおののいている shock その後も、延々と 妻に苦しめられる。 私と同様、楽しい夢は見られない、そんな性質らしい。

終演後、客席からは盛大な拍手と賞賛の声。 男性のセクシーな衣裳とか、まぁまぁ現代的ではあるが、私は一度で十分かな wink

« 『 愛する人 』 | トップページ | 韓国には、パチンコ店がない »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/38561975

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン国立バレエ団 『 チャイコフスキー 』:

« 『 愛する人 』 | トップページ | 韓国には、パチンコ店がない »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ