« 息子からの恩恵 | トップページ | スタンリー・クラークトリオ with 上原ひろみ »

行列のできるチラシの作り方

12月1日(水) sun

長期講座 8回目の講師は、NPO法人 男女共同参画おおた の理事長、牟田静香さん。 指定管理制度で運営する エセナおおた の講座は、いつも応募者が多いことで有名。 抽選で受講者を決めるなんて、やってみたいもんだわ coldsweats01 てなことで、そのコツを教えていただこうという訳だ。

元CAという 長身で見栄えのする外見と頭の回転の速さが印象的。 2日に 1度ほどは広く全国で講演されているとか、話のテンポが良く、分かりやすい shine

xmas 対象を絞り、その年代・性別に合わせた日時設定やチラシを考える。 使う言葉やその表記 ( 漢字・ひらがな・カタカナ )、強調する申し込み方法 ( 携帯のQRコード・電話・ファックス ) を使い分ける。 講師の紹介には、キャッチフレーズを使う。 チラシには、旬の言葉を散りばめる。 そのためには、常に雑誌の表紙をリサーチする。

xmas 定員割れした講座のチラシは、次回に使い回さない。 原因を分析し、必ず作り直す。

xmas 例えば 「 男女共同参画 」 や 「 ワークライフ・バランス 」 などを 一般の人に伝えたいなら、目的は チラシに出さず、まずは参加してもらえるチラシを作る。 目的は、講座の中で伝えていけばいい。

xmas 連続講座は、1回目が大事。 1回目が面白いと思えば、欠席せずに来ようと思う。

適切なタイトルや失敗例も具体的で分かりやすく、とても勉強になった。 7年前、ご自身がボランティア・スタッフだった頃の 失敗例も出して、( センスは別として ) コツと熱意で誰でも向上できると思わせてくれる。 講師の指示で、性別と年代がバラバラのグループを作って チラシに関するワークショップを行ったが、( グループ内で ) これほど意見が違うものかと、面白かったflair

« 息子からの恩恵 | トップページ | スタンリー・クラークトリオ with 上原ひろみ »

市民活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/37915556

この記事へのトラックバック一覧です: 行列のできるチラシの作り方:

« 息子からの恩恵 | トップページ | スタンリー・クラークトリオ with 上原ひろみ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ