« 『 銀の滴降る降るまわりに ~ 首里1945 ~ 』 | トップページ | ノルウェイの森 »

坂本龍一/大貫妙子 ライブツアー

12月16日(木) cloud

Photo_2 川口リリア メインホールにて

xmas チケット発売日後、ぴあからきたメルマガを読んで、なんか惹かれてチケットを買ったのだが ( ぴあの戦略に嵌ったのね coldsweats01 )、悪くない席。 割高な当日券売り場は長蛇の列で、満席に近い状態。 ジワジワ売れたってことね flair 昨年の坂本龍一のソロコンサートも、入りが良かったっけ。 私のように 1人で来ている人が男女とも少なくなく、年代の幅も広いのが、面白い、

xmas 先月から始まったツアーは 今日で 13回目、あと 2回で終わり。 坂本 「 お相撲さんの気持ちが、わかります。 ( 15日という ) 長丁場を 1番、1番、一生懸命やるしかない。 」

お互いの歌詞付きの曲、坂本龍一の曲に 大貫妙子が詞をつけたもの、そして書き下ろしの新作を ピアノと歌だけで。 大貫妙子は独自の世界をもった人で、好みの曲を選んでいるのだろうが、坂本龍一の曲を歌っても自分のオリジナル曲に聞こえてくるから、不思議 shine 言葉の一つひとつに音を当てるので、ストーリー性のある言葉の意味を噛みしめながら、聴く。 彼女は外見も昔からちっとも変わってないのが、驚異的 wobbly 私より年上だなんて、信じがたい。

xmas 70年代からの知り合いである二人の演奏は、静謐で端正だ。 アドリブもなく、メリハリに欠けるので眠くなるが、一度、坂本が歌をベースにアドリブで羽ばたいた notes 「 もっとやって~! 」 と思ったが、大貫に謝ってた。 打ち合わせから大きく外れてはいけないらしい despair ジャズじゃないからね。 あと、「 せーの 」 と示し合わせることもなく、前奏無しでいきなり歌い始める曲が幾つかあって、ピアノも同時に始まるのが、スゴイ sign01 ツアーを重ねて、演奏の息はバッチリ合ってるのね lovely

単調になりがちな演奏の一方で、2人のトークは面白い happy01 それ程お互いのことを知らないらしく、少し距離があって、質問もタイミングもズレてて、笑える wink アンコールに 2度応えて、2時間ちょっと、2人のファンから花やプレゼントがドンドン手渡され、でも控え目な量で 「 大人 」 な雰囲気のコンサートだった shine

« 『 銀の滴降る降るまわりに ~ 首里1945 ~ 』 | トップページ | ノルウェイの森 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/38098157

この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍一/大貫妙子 ライブツアー:

« 『 銀の滴降る降るまわりに ~ 首里1945 ~ 』 | トップページ | ノルウェイの森 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ