« 生原酒 | トップページ | PC講習会 »

林 英哲 レクチャー&ライブ

11月19日(金) sun

北とぴあ 国際音楽祭、北とぴあ つつじホールにて、18:00~20:00

Photo 区民割引ということで、1割引。 しかも、区民枠があるようで、チケット発売時刻に買いに行った訳でもないのに、最前列 heart04

( 集音マイクは 天井の高い所にあって ) 英哲英哲風雲の会 の 4人が一緒に叩いていると、生音 と 振動が ビリビリっと 空気と床を伝わってきて、感電しそうだったわ thunder wobbly

いやぁ~、素晴らしかった shine shine shine やっぱり、太鼓だけ ( 笛や鉦がちょこっと入ったりはしたけど ) が最高 sign01 様々な楽器や奏者との共演を聴いてきたけれど、いつも それらが邪魔だと感じていた。 太鼓だけだと 彼のジャズっぽい感性が 自由に羽ばたくっていう気がする。 一緒に行った友人も、同感だと言っていた。

「 和太鼓奏者として、来年、40周年を迎える 」「 太鼓は 元々、在野の打楽器で、郷土芸能に使われていた 」 「 ソロで使われることは無かった 」「 大太鼓は神社やお寺に収められていて、重くて動かせないこともあり、神事などにしか使われなかった 」「 町中では、芝居が始まる日に叩かれていた 」 など、レクチャーも分かりやすかった。 穏やかな口調だったが、各地の郷土芸能から発展させて オリジナル曲や奏法を創り、世界に通用するジャンルとして確立した彼の道のりが伺えた confident

風雲の会のメンバーが達者な演技 ( お婆さん役の演技に、会場が爆笑 happy02 ) をする後ろで、芝居の効果音を実演してみせたり、客席からの参加でワークショップをする趣向もあった。 会場からの質問 「 皮の張り替えはするのか? 」「 各国での聴衆の反応に違いはあるか? 」 なとへの回答も、面白かった wink

風雲の会のメンバーも 「 イケメンを揃えています 」 と言っているように、凛々しくて 涼やかで 清々しくて、ステキだったわ~ flair

« 生原酒 | トップページ | PC講習会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/37747876

この記事へのトラックバック一覧です: 林 英哲 レクチャー&ライブ:

« 生原酒 | トップページ | PC講習会 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ