« 『 人間関係を円滑にするためのコーチング 』 | トップページ | ドイツパン »

Yo-Yo- Ma ( ヨーヨー・マ ) リサイタル

11月11日(木) sun

ピアノ:キャサリン・ストット、サントリーホールにて

曲目:E.モリコーネ 「 ガブリエルのオーボエ 」 ( 映画 『 ミッション 』 )、G.ガーシュイン 「 前奏曲j第2番 」、C.マリアーノ 「 クリスタル 」、J.ブラームス 「 チェロ・ソナタ第1番 ホ単調op.28 」、G.フィトキン 「 L 」、ラフマニノフ 「 チェロ・ソナタ ト単調 op.19 」

夜の外出が続くと辛いが、 ヨーヨー・マのチェロが聴けのは 嬉しい heart02 いつも一緒に行く友人の住まいは、ここから地下鉄で一駅という近さ、羨ましい coldsweats01 彼女とは 『 東京ジャズ 』 以来なので、まずは ホール前のカラヤン広場 (?)、 街灯のようなストーブ が暖かい オープンカフェで 近況報告。

最初の 3曲は、続けてドンドンいく。 1曲目の映画音楽は、CDのように オーケストラのバックが欲しいと思った。 今回はアレグロで激しい曲が多いかな confident ゆったりたっぷりした部分では、気持ちがよくて眠りに落ちる人が多い? アンコールは緩急取り混ぜて 3曲 notes

eye キャサリン・ストットの服装には、ビックリ wobbly 黒のパンツに、ラメの縞。 完全に、イケテない despair 「 エルマーかと思った 」 「 太いストライプは 太って見えるのに。 気づいてないのかね… 」「カジュアル過ぎる。 高額なチケットを買ってドレスアップして来てる人達に、失礼じゃない?」 などと。 短くした髪をピンで無造作に留めて 老眼鏡をかけた様子は、プログラムに載っている写真とは別人のよう despair

ところで この方、座るやいなや 弾き始めるのが、凄い wobbly 度胸がある、或いは神経質ではないと お見受けする delicious 合間に突然、椅子を持ち上げて、ぐらついた脚をクルクルっと回して ( サントリーホールなのに、ずさんなメンテだこと… ) 自分で直しちゃうし。 細かいことを気にしない、気さくでサッパリした人柄なんだろう confident 2人の息もピッタリ合っていた shine

« 『 人間関係を円滑にするためのコーチング 』 | トップページ | ドイツパン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/37618452

この記事へのトラックバック一覧です: Yo-Yo- Ma ( ヨーヨー・マ ) リサイタル:

« 『 人間関係を円滑にするためのコーチング 』 | トップページ | ドイツパン »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ