« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の記事

『 ペンギン・カフェ 』

10月31日(日) cloud rain

Photo ペンギン・カフェ 』が観たくて dash

トリプル・ビル。 新国立劇場 オペラパレスにて、午後 2時~5時

◆ 『 火の鳥 』

振付:M.フォーキン、音楽:I. ストラヴィンスキー、上演100周年記念、新国立劇場バレエ団初演(新制作)

【 出演 】 火の鳥:エリーシャ・ウィリス、イワン王子:イアン・マッケイ  ( 共に、バーミンガム・ロイヤルバレエ団プリンシパル ) 、王女ツァレヴナ:寺田亜沙子、魔王カスチェイ:冨川祐樹

ロイヤルバレエのDVDを持って いるが、舞台は初見。 前半は退屈で 眠りに落ちそうだったが、後半でドドドドっと大勢出てきたので、飽きなかった coldsweats01 ただ、振り付けが単純なので、一度で十分かな。 ( 初演当時は特に ) 斬新な曲なので、しばらくぶりに生演奏で聴けて、良かった confident

◆ 『 シンフォニー・イン・ C 』

振付:G.バランシン、音楽:ビゼー

これ、退屈で嫌い sad  トリプルビルなどで 何度も観る羽目になってるけど 。 ったく、これがなければ、休憩 1度で 2時間で帰れる ( 最後なら パスして帰る ) のに~ weep

◆ 『 ペンギン・カフェ 』

振付:D.ビントレー、音楽:サイモン・ジェフス、音楽:サイモン・ジェフス、装置・衣裳:ヘイデン・グリフィン、照明:ジョン・B・リード

【 出演 】 ペンギン:井倉真未、ユタのオオツノヒツジ:遠藤睦子、テキサスのカンガルーネズミ、福田圭吾、豚鼻スカンクにつくノミ:西山裕子、ケープヤマシマウマ:古川和則、ブラジルのウーリーモンキー:吉本泰久、熱帯雨林の家族 小野絢子、山本隆之

penguin ペンギンは、すっごく可愛かった heart04 頭・手・足の動き、歩く時、回る時、ペンギンそのもの ( 首がなくて手足が短い ) 。 演じた井倉さん、馴染みのないダンサーだけど、ステキだったわ~。

出てくる動物達は、絶滅危惧種の珍しい動物なかり。 ユタのオオツノヒツジは、ソロと 男性とのデュオが交互にある振り付けで、パートナーが無理やり彼女の手をとっているように見えた。 被り物のせいで、視野が狭くなっているのねぇ despair

テキサスのカンガルーネズミは ソロで踊りまくり、大変な運動量 wobbly 豚鼻スカンクにつく ノミは、身軽でキュート flair

ダンスや音楽は軽快で楽しいが、テーマは動物や人間の共存という問題という重いもの。 で、最後の 「 ノアの方舟 」 は、装置が幕だけじゃ、軽過ぎない?

NPO・ボランティア基礎講演会 『 あなたの特技を地域社会へ 』

10月30日(土) rain

北区在住の落語家、三遊亭圓馬 さんが講師。 Photo行政や財団などからの依頼で 子どもや大人対象の落語教室の講師もされている方。

午後2時~4時、とぴあ 14階 スカイホールにて

事前申し込み者の来場が目減りしたのは、台風接近の風雨のためだろう。 この天候では、当日の来場者も見込めず、辛いところ sweat01

落語は、後半に 『 時そば 』 のみ。 穏やかな語り口の方だが、高座に上がると、声も仕草も大きくなって。 これまでで一番騒がしい 『 時そば 』 だったわ coldsweats01 会場は大いに沸いていたから、演劇的な表現がウケたのだろう。

円楽襲名披露パーティーの再現が、面白かった flair 祝辞をしたという 談誌や歌丸の真似も上手だったし、お祝いバージョンで 延々続く  「 さだまさしコンサート 」 の実況にも、大笑いした happy01

落語『 芝浜 』

10月26日(火) cloud

Photo 演劇鑑賞会の例会、劇団 1980 の 落語芝居

脚色・演出:大谷美智浩、装置・衣裳:佐々波雅子、照明: 古宮俊、音響:斉藤美佐、音曲指導:鶴賀喜代寿郎、舞台監督:翁長 諭

出演:柴田義之、上野裕子、八代定治、小出康、湯澤俊、則松徹、翁長 諭、神原弘之、室井美香、吉田美咲、大久保美和

演目:千早振る、猫の皿、宿屋の仇討ち、芝浜

「 落語を何で芝居にするの? 落語で聴けば十分じゃん 」 などと思いつつ、観劇。 例会でサークル仲間と会えるのも楽しみのうちなので、滅多にパスはしないから wink

で、予想外に面白かくて、もう 大笑い happy01

『 宿屋の仇討ち 』 では、オトボケ 3人組のドンチャン騒ぎが すごく楽しかったし coldsweats01  『 芝浜 』 では、江戸っ子女房のチャキチャキとした話し方が 素晴らしかった lovely

「 目で見るのも面白い 」 と、納得 confident 役者さんも上手だった shine

背筋力

10月24日(日) cloud

昨日今日と 2日間、朝から晩まで エコロジーやリサイクルを考えるイベントに参加していた。 区が事務局をしていて、市民活動団体が実行委員会方式で参画するというもの。

パソコンの前に座って 主に活動団体名入りのオリジナル名刺をその場で作成するというのが私の仕事で、背中が疲れちゃってもう ・・・ bearing

姿勢と背筋力の無さが問題なのよね。 暑さが終わって、最近、腹筋と背筋の運動を再開。 ダンベルと骨盤体操も再開した。 ケアーしておかないと、身体がもたないわ sweat01

お気に入りチョコ

10月19日(火) cloud

Photo 涼しくなって、ラミーバッカス が出てきた notes

Photo_2 生協の企画品で、札幌の会社、ロイズ の プチトリフ 「 オランジュ 」。 オレンジピール洋酒 が入っていて、食感もよく、すごーく美味しい lovely

Photo_3 これは、うちの定番、地元宮城の塩釜市にある ツーバイツー企画エクストラビター72。 しっとりしていて 苦味ばしっている点が、好き。 個包装なので、食べ過ぎないのも嬉しい flair

Photo_4 チョコではないが、生八橋 の中でも一番のお気に入り、黒ゴマ味

お気に入りのお菓子は数々あれど、食べ過ぎないよう、デパ地下なぞには、絶対に買いにいかない。 上野駅構内で出会った時とか・・・生協の企画品で出ている時に注文しておくと、こうして色々手に入ってしまう wink

にしん漬け

10月17日(日) cloud

F1000016 札幌在住の義姉が、私の大好物である にしん漬け を どっさり送ってきてくれた。 かつては 義母が自分で漬けていたそうだが、高齢なので それもなく。 こちらでは手に入らないものなので、とっても嬉しい notes

夏に、義母のお世話を労って 義姉の大好きな マンゴーのシャーベットを送ってあげたので、気にかけてくれたみたい wink

今日は、ボランティア講座の開催と この先の講座の打ち合わせがあって、疲れて帰宅したが、大好物を肴に 一杯。 鰊の旨みが白菜と大根に染みて、美味し~い lovely

『 出世花 』

10月14日(木) cloud

書評で知り、買ってから積んでおいたもの。 店番のような ちょっと暇なボランティア時に読み始め、あんまり面白いので flair 帰宅して食事しながら最後まで読んでしまった。

Photo高田 郁( かおる )著、祥伝社 (2008/6/12)

著者は、漫画原作を書いてきた人で、この作品が小説家としてのデビュー作だという。 表題作の他、続編として 3編が続く。

内容 】 伊勢の津藩から、他の男と駆け落ちした妻を追い、幼い娘を連れて 「 妻敵討 ( めがたきうち ) 」 を志して 6年、江戸近郊で行き倒れた 矢作源九郎を助けたのは、近くの寺の住職。 間もなく息を引き取った父親の頼みで、住職は、娘の 「 ( えん ) 」 を同じ音の 「 」 に変えて、寺に住まわせる。 火葬場でもある青泉寺で、 は志願して 亡骸を洗う仕事を覚えて、評判になっていく ( 映画 『 おくりびと 』 に、ちょっと似てる? )。

タイトルの 「 出世花 」 は、名前を 「 」 から 「 」、湯灌となって 「 正縁 」 と名乗るようになったことを 「 出世魚 」 に例えて称したもの。

eye 読み進めるうちに、母親との再会、棺桶職人 岩吉の悲恋、遊女の死と殺人、寺の若僧 正念の抱える家庭事情など、ドラマチックな展開になっていく。 駆け落ちした母親の事情に納得し、愛に殉じた岩吉に胸を痛め crying 遊女同士の友情にほだされて、正念の家族への思い遣りなどに 感動したり weep そうして それらに対する主人公の清らかで人情味のある考え方や振る舞いに、深く共感した confident

テンポよく進む濃密なエピソードに、作者の力量を感じる。 続編が出たら、是非読みたい notes

ただ、ひとつ腑に落ちないのは、嘘の証言をして 無実の岩吉を死に追いやった お紋が、「 めでたく恋人と所帯を持つ 」 っていうのは、どうよ pout

『 女が映画を作るとき 』

10月13日(水) cloud

Photo_2浜野佐知 著、平凡社 (2005/01)

浜野監督について詳しく知りたいと思い、読んでみた。

*助監督時代のセクハラやイジメが、凄かった weep

*『 百合祭 』 の原作は、高齢者の異性愛を描いている。 原作者の了解を得て、最後に同性愛に転回させた。 老女の性愛は男性客から不評で 映画館での上映ができず、しかし、各地の男女共同参画センターなどで 女性から好評を得た。

*映画祭等、海外での上映会に出席する時には、外国語ができず、しかし、通訳を雇う資金もない中で、現地で暮らす日本女性のボランティアに支えられてきた。 彼女の情熱にほだされて、応援したくなるのだろう shine この協力支援体制が素晴らしいと思った。

*各国の女性映画祭の主催者へのインタビュー、そして 「 監督になりたかったのに、どうしてもなれなかった 」 という 高野悦子さんのインタビューも。 「 何が何でも 」 と映画監督になってしまった浜野監督だが、高野さんの時代には、それも不可能だった。 今や、女性監督も珍しくなくなっているが、「 男性の意識は、さほど変わっていない 」 という 高野さんの指摘は、恐ろしい despair

『 百合祭 』

cd 8月末に参加した 『 NWECフォーラム 』 でも触れたが、浜野佐知 監督の次作品の資金作りを応援して、「 支援する会事務局 」 より、購入。

Photo_4企画:鈴木佐知子、原作:桃谷方子 『百合祭』 ( 北海道新聞文学賞受賞作 講談社刊 )、脚本:山崎邦紀、撮影:小山田勝治、照明:上妻敏厚、美術:奥津徹夫、音楽:吉岡しげ美、編集:金子尚樹、製作:株式会社 旦々舎

出演:吉行和子、ミッキー・カーチス、正司歌江、白川和子 中原早苗、原 知佐子、大方斐紗子、目黒幸子

高齢者の性愛を描いたもの。 内容的には ドロドロしているのだが、レトロな音楽 ( 私の趣味ではないが ) と 吉行和子の上品で冷静な振る舞い、ナレーター役のおっとりとした語り口で、淡々とした雰囲気。 原 佐知子の変身ぶりや 中原早苗のノウテンキな演技に笑い、ミッキー・カーチスの色男ぶりが意外だった wink

eye アフリカを含む世界各国で上演されて映画祭の受賞もしているが、日本では一般の映画館でなかなか上映してもらえなかったという wobbly 並の男性にはウケないかもしれないが、女性として共感・納得できる作品だと思う。

最近読んだのをまとめて

10月11日(月祝)sun

テルマエ・ロマエ 』が面白かったので、作者の ヤマザキ マリ さんの自伝的なのも買ってみた。

Photo世界の果てでも漫画描き 1 キューバ編 』 創美社 (2010/9/24)

ワクワクという訳でもなく、爆笑ということでもなく、ヤマザキさんが 真っ当で真面目な方であることに、納得 confident

Photo_2イタリア家族 風林火山

ぶんか社 (2010/6/25)

「 シングル子持ちで、一回り以上も年下のインテリ イタリア青年と再婚 」 というのは羨望ものだが、強烈で自己中なその家族は、恐ろしい。 絶対、こんな人達と同居したくない bearing

Photo_3花も嵐も、講釈師が語ります ― バツイチ子連れ、泣き笑い半生記 』

神田香織 著、 七つ森書館 (2005/05)

先月の講談会の折に、購入。 タイトル通り、波乱万丈の半生。 故郷に戻っての子育て、まち起こし、講談の普及・・・と、全力で前向きに生きる姿が描かれる。 社会への怒りをオリジナル台本へと昇華させる著者の気骨に、感銘を受けた shine

ディナモシアター 『 MUR-MUR (ミューミュー) 壁 』

Photo子ども劇場の例会、北とぴあ さくらホールにて

私にとっては、2度目の観劇。 カナダのモントリオールにある 『 ディナモシアター 』 は、言葉を最小限にしたアクロバティックな作品。 登場人物は、10代の 2組のカップルと、悪ガキの男の子の 5人。 舞台には レンガ作りの壁 があって、上ったり 引っ付いたり 隠れたりと 有効活用しながらの 1時間。

ストーリー展開や日本語の台詞に子ども達がよく反応し、笑い声が響いていた。 子どもの 「 笑いのツボ 」 って、私達とはまるで違うのね。 脚本や演出がそこをちゃんと掴んでいるのが、素晴らしいと思った flair

身体能力の高さに対する大人達の 「 オーッsign01 」 という驚嘆の声も 頻繁に起きていた shine ただ、ダンス公演を見慣れている目には、そう新鮮でもない coldsweats01 

暫くぶりに会った仲間と話も弾み、この秋初めての ふぐのヒレ酒 を楽しんだ delicious

夫のPCに依存

good10月8日(金) cloud

来月発行する会報の原稿を月曜までに集めて、自宅の PCで編集作業をしている。 私の PCは、7月に買い換えたバッテリーは 2時間弱しかもたなくて、いきなり 「 休止 」 になって 画面が消える wobbly 電源が充電機能しか果たさないのだ。 その後は、バッテリーが充電されるまで 使えない weep 買い替えを考えてはいるが、バッテリーを買ったばかりだし、編集ソフトを買い直すことが必要になるので、早々には・・・。

なので、メールチェックや 書類の作成くらいしかできない状態で、「 時間切れ 」 で 息子の PCでブログの更新をすることもある。

でも、いいことに気づいた sign01 夫の PCは、たまたま 私の PCと同じ機種で、バージョン・アップしたもの。 「 もしかして、問題ないかも 」 と、夫の PCから電源を抜いて 私のに繋いだら・・・延々と使えるじゃーん flair 明日の編集会議に向けて、夫の出社後、集中して作業をすることができた wink 困った時は、知恵がはたらくものね shine

空き巣、振り込め詐欺

10月6日(水)sun

今週は会議や講座の手伝い、会報の編集と キツいスケジュールで、ブログ更新の時間も無かった sweat01

さてと・・・・・・保護司は 警察と情報の交換をしていて、地域によるだろうが、ここでは警視庁の警察署ごとに、その所管の保護司と年 1回、署内で そういう場を設けている。

ear 少年事件を扱う 生活安全課の課長さんは、赴任してきたばかり。 前職は 新宿・渋谷・六本木・池袋 を取り締まる 保安課に所属していて、歌舞伎町が担当だったそうだ。 そのお話も興味深かったが、ここでは 所長さんのお話を書き留めておく。

「 皆さんは、この地域が安全で犯罪が少ないと思っていらっしゃるでしょうが、侵入窃盗 に関しては、全国で 16%減少 している中、ここはこの 3年、27%増加 を続けているんですよ。 犯罪を減らすには、まず 「 無施錠 」 を減らすことです。

この間、町会長さんの集まりで、「 鍵をかけたら、留守なのが分かってしまう 」「 雨が降ってきた時に、洗濯物を取り入れてもらえなくなる 」 と言われて ( 会場、爆笑 happy02 )、そういう感覚では困るんですよ。 皆さんは防犯活動をされている ( 犯罪者の更生を手助けして 再犯を減らすことは、「 地域の防犯 」 となる ) ので、周囲の方に、是非伝えていただきたい。」

ear それと、振り込め詐欺。 減少傾向だったのが、ここにきて増えてきました。 まず電話がかかってきて 「 携帯番号が変わった 」 と言うのが手口ですから、まず元の番号に電話して確かめてください。 警察にも連絡してください。 最近の手口は、振り込みでなく、自宅まで現金を取りにきます。 金融機関で多額のお金をおろす時に、窓口で ( 不審に思って ) 何か聞かれたら、『 家のリフォームに必要だと言いなさい 』 などと 指南までしてくれます( 会場、爆笑  happy02 ) 口座から不正な引き落としがあったと 警察を騙って通帳とカードを手渡すとか、税務署から現金を取りにくる、そういう例もありますので、疑ってくだい。」

『 大奥 』

10月5日(月) rain cloud

Photo楽しかったわ notes 豪華絢爛たる衣装やセット・美形の青年達は、白黒のコミックよりも 実写の方がリアルだわね~ heart02 原作と大体同じ内容で、違和感なく観られたし。

監督:金子文紀 、原作:よしながふみ、脚本:高橋ナツコ、出演:二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、玉木 宏、佐々木蔵之介、大倉忠義 、中村 蒼 、阿部サダヲ、倍賞美津子、竹脇無我、板谷由夏、菊川怜、2010年、116分

開始早々の週末は混んだらしいけど、平日の今日も、二宮くん目当ての女の子がいっぱい coldsweats02 後ろに座った女の子達が ペチャクチャ・ムシャムシャ うるさいので、端の方に移動して観てたんだけど、終盤、二宮くん演じる 水野の処刑シーンで、その子たちが すすり泣くのが聞こえてきて weep 原作読んでないんだね、ハッピーエンドなのに wink

eye 残念ながら、主役二人は 私を江戸時代に連れていってくれなかったけど・・・ 大奥の腹黒上司を演じた 佐々木蔵之介玉木 宏、同輩役の 阿部サダヲが素晴らしかった。 あと、吉宗腹心の 大岡越前役 板谷由夏が キリッとしていて、原作以上のキャラで良かった shine ナレーターに 大滝秀治 ( 祐筆 村瀬役 ) を配するなど 豪華な出演者だったので、続編もオーケーよ good

布施和佳子個展 「 with 」

10月3日(日)sun

谷中の ギャラリー猫町で開催されている 布施さんの個展に行った。

riceball ソフトボールの試合があるという夫にオニギリを作るついでに 私のも作り、午前中にボランティアをした後で 電車を乗り継いで出かけた。

F1000009階段の下と上に、アイボリーの陶器製猫 が。

F1000014 下の猫を近くで見ると

F1000013階段を上りきると

F1000010

門には、こんな看板が

F1000011_2建物には、こんなのが取り付けられている

F1000012_2玄関脇には、こんな椅子。 いやはや、入る前から楽しいったら notes

eye 今回は、干支の動物達 12匹とそれぞれにからむ猫、 羽の生えた猫天使が空を飛ぶ絵が印象的だったが、既に売約済み coldsweats01 以前にブルー系の絵を購入したので、ピアノバーの猫たちをモチーフにした茶系のを買った。 個展が終わってから届くのが楽しみ wink

演劇祭

10月1日(金) sun

bud 地域に根付いたお祭りの時季、子ども劇場仲間が参加している地元の演劇祭での舞台に 手伝いに行った。

出演者・スタッフ 総勢 18人分の小屋食を作り、受付をし、片付けをするという、いつもの「スタッフ」だ。

cat さて、名古屋あたりに研修で行っていた息子 が、引き上げてきた。 そのまま名古屋勤務を打診されたハズだったが、希望している関東の勤務も可能な気配。  終電が間に合わずに 彼のベッドを借りている は、リビングのソファーで 寝泊まりする羽目に wobbly

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ