« 『 ベスト・キッド ( THE KARATE KID ) 』 | トップページ | 黒糖くるみ »

ペットボトル再生工場

8月18日(水) sun

活動の一環として、仲間が ペットボトル再生工場 見学を 企画してくれた wink 区で回収した ペットボトル が持ち込まれる場所を 確認するためだ。 川口駅で待ち合わせして、足立区の工場へ。 担当の方が丁寧に説明してくださり、現場も見学。

F1000011まず、回収したペットボトルを運び入れる dash

F1000010そして、保管。

F1000016eye 手前が、圧縮したもの:ベール品。 ペットボトルの再生工場を自前でもつ繊維会社には、この段階で売る。

F1000017その他は、粉砕 洗浄して、フレーク にする。

F1000019異物を選別。

F1000011_2 これが、フレーク

F1000020フレークを袋詰めして、工程完了。

商品となった フレーク は、ボトルからボトルを作る 「 ボトル to ボトル 」、繊維やシート・ゴミ袋・収集容器・文具・園芸用品など様々な 「 成型品 」 となる。 回収率は70%台後半。 燃えるゴミ・燃えないゴミに混じったものが 再生されないとのこと。 分別しろよ~ sad

ear リサイクル法では、「 国内で出たペットボトル容器は 国内で再生する 」 と決められているが、半分位は ( 香港などの 第3国経由で ) 人件費の安い中国に流れていくそうだ。

働く方達は 耳栓とマスクをされていたが、騒音や粉塵・臭いなど、快適とは言えない職場だ。 この会社では、空き缶・瓶の再生工場ももっているそうだが、街に溢れる自販機の後始末の現場を見学することができて、とても勉強になった flair

« 『 ベスト・キッド ( THE KARATE KID ) 』 | トップページ | 黒糖くるみ »

男女共同参画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/36239827

この記事へのトラックバック一覧です: ペットボトル再生工場:

« 『 ベスト・キッド ( THE KARATE KID ) 』 | トップページ | 黒糖くるみ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ