« 自分のからだとコミュニケーション | トップページ | 『 ぼくのエリ 200歳の少女 』 »

和音 ( おと ) を あそぶ

7月11日 (日) cloud rain

子ども劇場の例会、邦楽コンサート。 北とぴあ さくらホールにて、16:00~18:15

◆ 津軽三味線ユニット あんみ通 ( あんみつ ):今日の出演者全てに当てはまることだが、息がぴったり合っていて、津軽三味線の力強い撥の音が気持ちよく響く flair 金田さんの美声で聴く 『 秋田長持唄 』 は、素晴らしかった heart02

◆ 尺八・箏ユニット ブルース&カート:シカゴとロス出身の 2人が日本で出会った。 「 日本に来なければ、私達は出会えなかった。 」 面白いね。 長身で 紋付袴が良くお似合い。 日本の自然や食べ物が好きだという 繊細で穏やかな印象を与える彼らの演奏は、美しくてジャージー。 竹林を通り抜ける風のような清々ししさを感じた。 奏でる人によって、こうも違うんだなと、実感したわ notes

◆ 25絃箏と尺八のユニット URANAS ( うらなす ):ロックっぽい曲が若々しくていい感じ。 作曲家でもある中井さんの箏は、カートさんとはまた違う音色で、こちらも good

◆ 金刺三兄弟の和太鼓ユニット は・や・と:よくぞ、兄弟で同じ道に進んだものだ。 家庭環境かしらね? パフォーマンス的にもカッコいい shine

皆さん、海外公演の経験も豊かで、本来の邦楽曲と現代風の曲に オリジナル曲を加えて個性を出している。 最後は、中井さん作曲による 『 花火 』 を 全員で演奏。 ユニットごとのソロもあり、ダイナミックで 良かった shine 個別に他の奏者と組んで ステージに立ってもいるなど、キャリアもあり、聴き応えのあるステージだった heart04

司会の きく姫は、紺のパンツスーツ姿。 自己紹介するまで、気がつかなかった coldsweats02 パンツスーツはちっとも似合わなくて、邦楽なんだしさ、和服でお出でよね sweat01

« 自分のからだとコミュニケーション | トップページ | 『 ぼくのエリ 200歳の少女 』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分のからだとコミュニケーション | トップページ | 『 ぼくのエリ 200歳の少女 』 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ