« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の記事

『 さらば八月のうた 』

7月31日(土) cloud sun

Photo演劇鑑賞会の例会、北とぴあ さくらホールにて

マキノノゾミが率いる劇団M.O.P.の最終公演。

作・演出:マキノノゾミ、出演:キムラ緑子、三上市朗、小市慢太郎 ほか

戦前は客船、戦中は病院船、戦後は 港に繋がれてカフェになった 寒川丸 を舞台に繰り広げられる恋愛模様を 『 別れの歌 』 という、録音されなかった名曲を縦糸にして描く。

1932年から 2010年までのエピソードが、行きつ戻りつしながら 12シーン。 本や映画にもよくある手法だけど、全部のシーンを頭の中で時系列に並び替えて 登場人物の相関図を作らないと全体が見えてこないので、眠くはならないわね coldsweats01

参ったのは、前半、半分くらい台詞が聞き取れず、雰囲気で筋を追わざるを得なかったこと sad 前方の席の友人もそうだったと言うので、席の問題ではないわね。

後半は 少し良くなったけど、緑子さんが キンキンした声で関西弁をまくしたてるのは、相変わらずよく聞き取れない。 女性漫才師 ( 弟子 ) と 主人公のDJと喧嘩した友人 「 苺のアップリケ 」 役の女優さんも、全部は聞き取れなくて・・・。 男性陣はそうでもなかったので、俳優さんの問題かしら。

全体の内容、エピソードやシーンはよいと思ったが、同年代と思われる DJ カオル には 共感できず、漫才師・歌手 そら子 の身勝手さには呆れ果て、緑子さん演じる 主役二人に感情移入できなかったのは、辛かった。

それと、3時間弱という長~い上演時間は、勘弁してほしい shock

『 空白に落ちた男 』

7月29日(木) rain cloud

天気は悪いが、気温が下がって ホッとするわ coldsweats01

チケットを 1枚ずつ買っていたら、この 1週間で 5回も sign01 劇場通いをする スケジュールになっていた私、炎天下の中を通い続ける自信がなかったけど、今日・明日は一息つけそうね sweat01

Photo PARCO劇場にて

出演者を変えての再演。 前回 ( 2008年 1月 ) は、180席のベニサン・ピットだったから、出世した  前回の 梶原暁子 さんも 素晴らしかったけど、安藤洋子 が 出るというので、期待していた。 コンドルズの藤田くんも、予想外で面白そう flair

作・演出・出演:小野寺修二、音楽:coba 出演:首藤康之、安藤洋子 ( フォーサイス・カンパニー )、藤田善宏 ( コンドルズ )、藤田桃子

テーマ曲が流れる中、目の前に舞台セットを見ると、前回の公演が蘇ってくる heart04 男女 2人の出演者が入れ替わっても、流れるような息の合った動きに変わりはない。 2度目だと、振り付けや装置に意外性もなく、一度、睡魔に襲われて coldsweats01

そこを救うのは、首藤くんの華麗なソロと、おのでらんを軽々とリフトする力技。 何度見ても、飽きないわね wink そして、安藤洋子の目新しさ notes パーツの大きな顔を活かして、表情が豊かで楽しい。 ソロは、いかにも 「 本人任せ 」 っていう感じ。 小柄な体に、赤いワンピースと口紅がよく似合っている。 ももこんの青いブラウスも素敵

2010年夏席 特別公演 『 憲法寄席 』

7月28日(水) sun

9月に 神田香織さんに 講談と講演をお願いしているので、 「 哀しみの母子像 」 を 仲間と下見に行ってきた。

なかの芸能小劇場にて、主催:「 憲法寄席 」 創作集団 ( 2007年 5月の国民投票法強行採決に反対し、演劇、音楽、文学や労働者の文化活動の分野で長年活動してきた仲間が中心となって、結成 )

この催しは 今年で3回目だというが、神田さん以外のプログラムについては・・・ wobbly 神田さんに行き着くまでの 1時間半、かなり辛かった despair  主張の合う仲間で盛り上がるのが主旨だとしたら、私が場違いだったのだろう。 台本の内容が素晴らしくても、芸がついてこないのは、私の範疇外。 噛み噛みの講談は、勘弁してほしい wobbly

講談 『 哀しみの母子像 』 作・出演:講談師 神田香織

社会派オリジナル台本作者である神田さんが 昨年春に発表した作品。 横浜の 港の見える丘公園に建てられている 『 愛の母子像 』 を題材にしたもの。 記憶から薄れていく 1977年9月の 米軍ジェット機墜落事故、母子 3人の命を奪った事件の一部始終が蘇る。

遺族から 「 娘と孫のことを 講談にしてほしい 」 と 言われたのが、作品のきっかけだそうだ。 生々しい描写による 「 語り 」 の ドキュメンタリー の悲惨さは 想像力を刺激し、記事を読むよりも 強烈に記憶に焼き付きそう thunder

米軍からの依頼で墜落現場に駆けつけた自衛隊のヘリコプターが、大火傷を負った 瀕死の国民を置き去りにして、パラシュートで脱出した 軽傷の米軍パイロット ( 足をくじいた程度 ) だけを搬送したという事実 annoy

病院に見舞いに来た防衛庁長官が 「 国の平和と安全のために、犠牲になられた 」 と言ったのに、「 国民の平和と安全を脅かして、何だ 」 と 憤る父。 激痛を伴う治療と手術に耐えるも、息子達を亡くした心的外傷に 追い詰められていく、若い母親 crying

「 国の無策によって、大勢の被害者が生み出されていく 」 という現実を変えたい、そう思わせるものだった。

『 字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ 』

7月24日(土) sun

Photo_2太田直子 著、光文社 (2007/2/16)

劇場用映画の字幕翻訳家の苦労話、裏話。 業界の状況が分かって、大変面白かった。 自虐的なユーモア溢れる文章 も、素晴らしい good

副音声付きの韓国ドラマ を 「 吹き替え 」 で見ている ( 集中しない ながら見 ) と、吹き替えと字幕が かなり違うと感じていたが、この本を読んで、納得した flair 一般的な観客が無理なく読める 「 1秒 4文字 」 という 制約の中、前後の台詞まで巻き込んだ 要約・意訳に苦労されているのだと。

地名や人名、歴史的事件など、一般の日本人の理解力に合わせた省略や置き換えの判断、はたまた、「 泣かせる感動もの 」 を狙う 売らんかな商法 で、台本に無い台詞 を 無理やり日本語で付け足させる 配給会社の要求 ( スクリーンに字幕担当として 自分の名前が出るのだから、かなりの屈辱 ) など、日頃の苦労が具体的に書かれている。

eye 最近は、教養のスタンダードレベルが下がり、字幕もそれに連動させざるを得ない状況、そして、内容の 「 読めない 」 担当者から、台本にない 説明的な字幕の追加を強要されることもあると、嘆く ( やたら説明的な TV番組の影響だろうか )。 それは、当然、想像力や余韻を楽しむ観客にとっては、不評となる weep

で、後日発売する DVDでは、解説文を付けた上で、元原に近い訳に差し替えることもあるそうな confident

eye あと、各国映画は、その道の専門家が夫々やっているのかと思っていたが、著者は、専門の ロシア語 ばかりでなく、英語やドイツ語、イタリア語、スペイン語、中国語、韓国語 などは日常的に、たまに アラビア語、ヘブライ語、トルコ語、インドネシア語、マレー語、タミール語、タイ語、ベンガル語、モンゴル語 ・・・、と、何でも やるのだと sign02 翻訳と字幕の隔たりが大きい=字幕経験のない研究者が いきなり字幕を作れない。 それ程の 「 職人技 」 だということらしい ( 多くは、日本在住の各国人に 完成した字幕を確認してもらう )。

もちろん、英語訳の台本があってのことだが、キーワードになりそうな言葉を辞書をひき倒して 確認する必要が、どうしても生じる。 薄利多売を望めない書籍は、専門書扱いで 高額なものだが、それら全ての辞書を揃え、作品に必要な知識を得るために 歴史や地理を 片っ端から学ぶ姿から、「 字幕屋 」 という 仕事の特殊性を 深く感じた shine

姫駅

7月23日(金) sun

Photomailto 名古屋近郊の工場で研修中の 息子 R から、メールがきた。 「 噂の関ヶ原 に行った 」 そうだ。 本人が 同期の友人と映っているので、それは 非公開 coldsweats01 感想は、「 想定内の観光地だったけど、田舎度 は ○○ ( 私の故郷 ) を超える所でした。 」

その後立ち寄ったという 「 」 駅。 珍しいので、載せておく。 彼は、それから 温泉入ったそうだ spa

田舎度・・・、そんな言葉があったか happy01 彼からのメールは、お茶目で楽しい flair

お盆休みに 私の故郷に帰省するのに誘ったら、「 今、田舎に居るのに、休みまで田舎に行きたくないよ 」 と、一蹴された sweat01

『 モールス 』

7月19日(日) sun

膝と腰痛もあって、この連休は、読書三昧、時々 TV wink 夫のスーツを買いに行ったり 美容院に行ったりはしたが、暑さに弱い私、出かけるのに勇気が要った despair 夫も在宅だったんで、ずーっと 「 うちごはん 」。 健康的な食事と 好きなお酒、その上、乾物の在庫生理もできた wink

さて・・・

Photo_2 ぼくのエリ 』 ( 7/12のブログ参照 ) で戴いたコメントから、原作はもっと複雑だということを知ったので、今、読んでいるところ。 早川書房( 2009/12/30 )

モールス 」 とは、モールス信号のこと。 隣に住むエリと 壁越しにモールス信号で遣り取りをすることに、由来するのだろう flair

どしっと読み応えあるのが、文庫版で 上下巻。 2時間の映画じゃ語れない部分があるのが分かったし、コメントにあった 「 ショタコンおやじ 」 の意味も理解。 原作者が脚本を書いているので、映画を別物と捉えることも可能かな。 だって、これを映画に出すと、多分 R-18 になって、観客層が限られると思うし coldsweats02

eye 夜は、夫と 『 スターウォーズ エピソード3 』 ( NHKハイビジョン ) を 観た。 戦闘シーンの長さに辟易して、これだけ 観ていなかったのだが、アナキンがダースベーダーになった経緯 が 気になっていたから。 うん、やっぱり長い戦闘シーンに飽きたけど、頭の中で シリーズ 6作品が整合できて、スッキリした shine

『 アイリス 』 終了

7月17日(土) sun

スカパーで見ていた韓国ドラマ、『 アイリス 』 が、終わった。 予想を裏切るストーリー展開が魅力だったが、最終回でも 驚きの展開 sign02 そして、ラストに息をのんだ shock weep

eye 夫のように 地上波で遅れて見ている人もいるので、それは伏せておくことにして sweat01 このドラマ、低い視聴率で苦戦しているらしいが、南北朝鮮の統一を進めたい大統領とそれを邪魔するテロ組織という 政治色の濃さが原因かしらね coldsweats01 私は 『 チュモン 』 や 『 イサン 』 とかの 王様もの歴史ドラマ (主君に忠義っていうのに、ついていけん ) よりも スッと入り込めて 大いに楽しめたけど heart02

Photoまぁ、リアリティーに欠ける箇所があったりもしたが、「 予定調和 」 じゃない点 が 私好みだっだし、北朝鮮護衛部要因役の キム・ソヨン のカッコよさが、お気に入りだった flair

ear 今年 11月には、スピンオフドラマ 『 アテナ 戦争の女神 』 が始まるそうで。 出演者がガラッと変わるのは残念だが、チョン・ウソン主演だし、これはこれで 面白そうだ。  これも早い時期に日本で放送されると嬉しいけど、本編が不評だから、難しいかしらね sweat01

あさりせんべい

7月16日(金) sun

R が帰省。 喜んで ご馳走を用意・・・という訳にはいかず、いつものように、仲間や友人達との呑み会で 外食ばかり weep

F1000007彼は、今回、お土産に 田原銘菓 あさりせんべい なるものを買ってきた。

F1000008豊橋駅で 在来線から新幹線に乗り換えるそうで、その駅の売店で買ったものだそうだ。 田原? 知らない地名だけど coldsweats01

味は、えび煎 みたいな・・・。 あさり の風味は・・・感じない despair

でも、軽い口当たり は、ビールのつまみにいいね beer 夫と私と 夜中にお泊りに来た T で、その日のうちに 1箱、完食 flair

豚肉の竜田揚げ

Photo大場入り竜田揚げ:冷蔵庫に 冷しゃぶサラダ用に買った豚もも肉の薄切りと  大葉の残りがあったので、合体してみた wink

箸で適当にまとめる。 薄切りだと、すぐ揚がるし噛みやすい。 大葉の風味も good

ear 食材や料理の話は、友人同士で大抵盛り上がるのだが、中には、料理にあまりこだわりがない人もいる。 この間も、「 生活クラブ生協で ピザの冷凍生地 をやっと買って ( 滅多にでない ) 。 オーブントースターに合わせて 四角に伸ばして、残り野菜やウィンナーなんかを載っけて焼くの。 好みの形・厚さで焼けて 美味しいわよ 」 と言ったら、

「 私は 冷凍の台 でいい、面倒くさいから。 最近、co-op とうきょうで売ってなくて、困ってるの。

「 私は 市販の冷凍ピザ でいい 」 と、食いつきが悪い coldsweats02

前者には 「 生活クラブでクリスピータイプのが売ってるから、買っといてあげるわ 」 と答えて、会話は終わった・・・coldsweats01

『 ぼくのエリ 200歳の少女 』

7月13日 (火) cloud sun

Photo監督:トーマス・アルフレッドソン、原作・脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト

スウェーデン、2008年、115分

【 出演 】 カーレ・ヘーデブラント (オスカー)、リーナ・レアンデション (エリ)、ペール・ラグナー

スエェーデンのベストセラー小説を映画化したもの。 主役 2人は、無名の子役だという。 あちこちの映画祭で受賞し、ハリウッドリメークが決まっている。 CGを殆ど使わず ( 低予算 )、雪や氷の中で撮られらた 冷気 や 透明感 、 少年の清純さ が、秀逸。 リメイクする必要性は感じないんだけど despair

バンパイヤものは、割と好き。 2月に観た 韓国映画 『 渇き 』 もそうだっけど、やっぱり…血みどろ sad でも、少年と少女の話なので プラトニックだし、残酷シーンはちょっとだけ。

内容 】離婚家庭の苛められっ子、孤独な 12歳の少年、オスカーが主人公。 北欧っぽい金髪の子だ。 ある日、初老の男に付き添われた 同い年の女の子、エリ が アパートの隣りに引っ越してくる。 エリは黒髪で、ロマみたいな風貌。 美少女、ではない ( ちょっと、残念 ) sweat01  オスカーは、この謎めいた少女に魅かれ、親に言えない苛めを話し、勇気付けられる heart02

殺人を重ねて エリに血を用意していた同居人は、殺人に失敗しして 顔に塩酸をかけて ( こわいよ~ shock ) 身元を隠す。 最期は、エリに血を吸わせて 飛び降り自殺。 エリへの純愛だよね weep  オスカーも この先は こうなるのかと思うと・・・怖い。 それと、苛めっ子たちの首や腕が 水に沈んでくるシーンは、怖かったよ~ sad その具体的なシーンまでは撮らないところが、いいけどね。

血を吸う場面に驚きながらも、結局、殺されそうなところを救ってもらったのが、彼女に付いていく決心をした理由か。 親も、子どもの言い分をちゃんと聞いてやるとか、最優先にしないから、捨てられるんだよねぇ coldsweats02

和音 ( おと ) を あそぶ

7月11日 (日) cloud rain

子ども劇場の例会、邦楽コンサート。 北とぴあ さくらホールにて、16:00~18:15

◆ 津軽三味線ユニット あんみ通 ( あんみつ ):今日の出演者全てに当てはまることだが、息がぴったり合っていて、津軽三味線の力強い撥の音が気持ちよく響く flair 金田さんの美声で聴く 『 秋田長持唄 』 は、素晴らしかった heart02

◆ 尺八・箏ユニット ブルース&カート:シカゴとロス出身の 2人が日本で出会った。 「 日本に来なければ、私達は出会えなかった。 」 面白いね。 長身で 紋付袴が良くお似合い。 日本の自然や食べ物が好きだという 繊細で穏やかな印象を与える彼らの演奏は、美しくてジャージー。 竹林を通り抜ける風のような清々ししさを感じた。 奏でる人によって、こうも違うんだなと、実感したわ notes

◆ 25絃箏と尺八のユニット URANAS ( うらなす ):ロックっぽい曲が若々しくていい感じ。 作曲家でもある中井さんの箏は、カートさんとはまた違う音色で、こちらも good

◆ 金刺三兄弟の和太鼓ユニット は・や・と:よくぞ、兄弟で同じ道に進んだものだ。 家庭環境かしらね? パフォーマンス的にもカッコいい shine

皆さん、海外公演の経験も豊かで、本来の邦楽曲と現代風の曲に オリジナル曲を加えて個性を出している。 最後は、中井さん作曲による 『 花火 』 を 全員で演奏。 ユニットごとのソロもあり、ダイナミックで 良かった shine 個別に他の奏者と組んで ステージに立ってもいるなど、キャリアもあり、聴き応えのあるステージだった heart04

司会の きく姫は、紺のパンツスーツ姿。 自己紹介するまで、気がつかなかった coldsweats02 パンツスーツはちっとも似合わなくて、邦楽なんだしさ、和服でお出でよね sweat01

自分のからだとコミュニケーション

7月10日(土) sun

仲間が企画運営する講座に参加。

最初は、お馴染み、妊娠シミュレーション。 男性参加者に 水や砂で重くした 妊娠ベスト を着てもらって、臨月の妊婦体験をしていただく。 中年と若い方 、お 2人ずつに、 ベストを着たまま 日常の動作をしてもらい、感想を聞いた。

ear 次は、北村邦夫 さんの講演。 日本思春期学会副理事長、日本母性衛生学会常務理事。 (社)日本家族計画協会常務理事・クリニック長。 10代の子たちを実際に診察し、電話相談も開いている。

Photo著書も多数、『ティーンズ・ボディーブック』 を もっているが、今回、『 いつからオトナ? こころ&からだ 』 を購入。 非常に分かりやすい内容で、私も若い時に こういう本を読みたかった flair 中学生の子たちに配布したいわ。

日頃口にしない、耳にしない言葉がポンポン出る具体的な話で、こなれた口調に会場は大笑い。 深刻な内容も 綾小路きみまろ みたいな話芸で、笑いっぱなしの 90分 だった happy01 bleah coldsweats01

レイプ被害者救済のための 「 緊急避妊 ( 72時間以内に、強引に生理を起こして妊娠を回避する) 」 を警察とタイアップして行っている話など、知っていれば 身近な若い人にアドバイスできる情報もいっぱい shine

『 JAL崩壊 ~ ある客室乗務員の告白 ~ 』

7月8日(木) sun

下の二つの記事に 追記 あり。

久しぶりの青空、布団を干したり タオルケットを洗ったり notes

eye 近くのドラッグストアーで買った グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン入りの錠剤を服用しつつ、自宅療養は続く ( A さん、アドバイスをありがとう )。 今日は、夫が買ったビジネス本を貸してもらった。

Jal日本航空・グループ2010 著、文藝春秋 (2010/3/17)

JALの現役・OBによる内部告発本。 会社のとんでも経営から 8つの労組の実態、殿様パイロット、内部格差など、「 然るべくして倒産した 」 と納得する内容。

ただ、パイロットの無能ぶり ( 英語が不得手で 管制官とコミュニケーションが取れなかったとか、運行中に居眠りしたり雑誌を読んでいたとか ) の実例や、とんでもない客の体験談などは、週刊誌並のネタ。 単行本にするような内容ではないかな。

以下、強烈な印象を受けた点。

clip JASとの合併が、一番大きな失敗。倒産しかかっている会社を受け入れて、傷を大きくした。

clip 元凶は、経営者とその取り巻き、トラブルを頻繁に引き起こすパイロット。 同じ環境・条件下の ANAと比較すると、その経営能力・パイロットの腕の差は、一目瞭然。

clip パイロットは、月収 200万円也。 生涯収入は、ざっと 9億円! 世界一高給取りのサラリーマンだ。 医者のように、教育費もかからない ( 会社持ち )。 そして、全員が管理職! なのに、組合活動が許されている。 財政カットで人件費が削られる中、社内格差が広がるばかり。

clip 特別早期退職に応じた部長は 8千万円、次長・課長は 7千万円前後の退職金・割増金を手にした。

こんな会社、税金で救うのが馬鹿らしくなるわね、ったく・・・。 無能な経営陣には即刻退陣していただき、著者が言うように、ANAに吸収してもらうのがいいんじゃない?

ドレッシングは、ない ― 追記あり ※

7月7日(水) cloud rain

大分前だが、イタリア に住む 日本人女性のブログで 「 イタリアには、いわゆる ドレッシング ( ドレッシング容器自体 ) は、ない。 野菜に オリーブオイル をかけて、混ぜる。 ビネガー をかけて、混ぜる。 味付けは、それだけ。 一人ひとりが、毎回、そうする 」 というのを読んだ。 そ、そうなの sign02

うちには、オリーブオイルと バルサミコ酢 があるので、早速実践してみた。 それだけでは、??? だったが、ごま油しょう油、りんご酢、黒胡椒、マスタード なんかで 味の変化は結構つけられる flair 温野菜や豆、海草、チーズなどで、サラダの具には かなり変化をつけているし、トッピングだって日替わり。 野菜の味を楽しむのが優先だしね notes

目先を変えようと 何種類ものドレッシングを買っていたのが、愚かだったわ coldsweats01

未来の食卓 』 で、フランスの小学校の給食風景が 何度か出てきた。 そこでは、子ども達が 何もかけずに サラダ ( 葉っぱ中心 ) を フォークや手づかみで ムシャムシャ食べていて ( 採りたての野菜は、甘いのよね~ )、その中で一人、サラダバーに置いてあるような ドレッシング容器で味をつけている子がいた。 隣の子に、「あんた、かけ過ぎよ」と言われていたっけ・・・。 あの容器の中身は、きっと、オイルと酢と塩、それだけだろうな wink

夏に、切干大根 ー 追記あり ※

7月6日(水) cloud rain

pencil 明日が会報の入稿日。 広報部の仲間と最終校正をし、その後、暑気払い をした。 最年長の R さんが、「 もうすぐ 1になるのよ 」 ― 「 えっ? 1って言うと・・・ 」 「 81歳よ 」 「 えええっ sign02

そんなにご高齢とは 存じませんでした wobbly 亡き母と殆ど変わらない年齢で、私の仲間。 「 さん 」 付けで ズケズケ指示する私に 不快感も出さず、凄いわ~ shine 若い仲間と一緒にいると 元気をもらえる、だから、彼女も楽しく活動できているとのこと。

spade 次は A さんの話。 「 電気が点かないんだよね 」 って 夫が言うの。 そう言うだけだから、私が買ってきて付け替えたの。 そしたら、息子に 「 やらせないとダメだろ 」 って、叱られて sweat01

60過ぎて、電球も付け替えられない男がいるなんて・・・・。 そして、それ[を 「 過保護だ 」 と 息子に非難されるのも、可笑しい。

※これについて、A さんから コメントがあった。 「夫は 電球ぐらいつけられますよ。 ただ、なかなか行動に移さないので、私が動いてしまうということです。見守るとか、ほっておくとかができないことが多々ある。 その辺の感情を 息子に言い当てられたというところです。」

なるほど・・・、電球 つながりで、社宅に住んでいた時に ママ友が嘆いていたことを思い出した。 夫の母 に言わせると、「 ○○ ( 息子の名前 ) は 何でもできる から、あなたは楽ね 」 だが、実は、家で何もしない。 電球を取り替えるのも自分で、それを姉に 「 できるからって、何でも自分でやったらダメよ。 全てが ずーっと自分の仕事になるわよ 」 と言われ、「 失敗した~ sad 」 と。

私は、高いところは 背の高い人が、重いものは 腕力や背筋力が勝っている方がやればいい、そういう姿勢できたので、自然と夫婦分担が決まったかな。

Photo話は変わって、コレは 切り干し大根の酢の物りんご酢しょう油 ( レシピでは、酢のみ ) を ちょっと垂らして、よく揉む。 それだけで OK。 切干大根の 旨み が豊かなのに、驚く good

私は わかめ、きゅうり、人参 を入れたが、冷蔵庫に セロリやパプリカがあれば、それもいい flair 夫は酢の物があまり好きではないので、中華ドレッシングを垂らして サラダにした。 これも、美味しい delicious 定番の 「 炒め煮 」 だけでなく、酢の物やサラダでもいただけるって、今まで気付かなんだ coldsweats01 夏は、ハウスものの大根より、こっちの方がいいわ shine

『 わたしはノジュオド、10歳で離婚 』

7月6日(月) cloud

Photoノジュオド・アリ 著、デルフィヌ・ミヌイ 著、鳥取 絹子 訳河出書房新社 (2010/4/29)

eye 世界最年少で離婚訴訟を起こした少女の実話。

内容 】 アラビア半島南端に位置する イエメンで、10歳にも満たない少女 ノジュオド は父親に無理やり結婚させられた。 大好きだった小学校は 1年で中退、子どもらしい遊びも禁じられ、ブブカを被って、家事労働を強いられる日々。 しかも、30代の夫は、性的な関係も含め、暴力で彼女を支配した。

彼女は果敢にも 家から逃げ出して、1人で裁判所に行き、 「 離婚させてほしい 」 と訴えた。 同性の弁護士やジャーナリストの支援で実を結び、同じ境遇の少女達が後に続いた。

club 世界 20カ国で版権が売れ、アメリカで 『 ウーマン・オブ・ザ・イヤー 』 の一人に選ばれ ( 2008年)、世界に衝撃を与えたノンフィクション。 ノジュオドの話を フランス人ジャーナリスト ミヌイ が聞き書きし、版権を ノジュオドに譲っている。 それによって、ノジュオドは 物乞いで生活しているような貧困にあえぐ家族の為に家を得て、妹を伴って学校に通えているという shine

ただ、イスラム社会だから、父や兄も含めて、一族の男達からは「 家の恥だ 」 と非難され、国内では 「 一族の男が決めた結婚に従わないのは、許されないこと 」 とされる。 彼女の姉は、レイプされて 「 一族の名誉のために 」 その男と結婚させられた weep そんな奴と絶対一緒に暮らしたくないという声が聞き入れられない、そういう社会なんだ。

diamond 今でも尚、苦渋をなめている女性が多いことは事実。 でも、海外メディアからの注目で 結婚年齢が 15歳から 2歳引き上げられたことは、彼女の行動の成果だろう。 ハァ? 15歳だったのに、10歳前の子が結婚させられてたじゃん・・・だけどね sweat01

映画 『 未来の食卓 』

7月3日(土) cloud

Photo 1度観たいと思っていたら、男女共同参画週間イベントの一環として 上映があった。 2009年8月8日公開、DVDも出ている。

映像で事実を追っていくというのは、インパクト大。 同じことを 日本でもできる筈だ、そう思わせる shine

eye フランスのユネスコ・パリ本部でのシンポジウム 『 ガンと環境汚染 』 の映像が流れる。 そこでは、農薬がいかに我々の体を害しているかが語られる。

これと同時進行で映されるのは、南仏の パルジャック村。 13人の村議会が、小学校の給食を全てオーガニックにする という 画期的な試みに踏み切った。 地産地消 を掲げ、村の有機農家と契約する。 村長は、「 経済的効率から有機農法に切り替えられない 」 とする一般の農家とも 粘り強く対話をしていく。 地域の環境汚染を食い止めると同時に、子ども達や高齢者に給食を供給するには、契約農家を増やす必要があるからだ。

一般農家はインタビューに応えて、農薬が自分達の体に大きな害があることを認める。 鼻血、頭痛、吐き気、癌の発症・・・。 娘までが罹ってしまったと涙ながらに話し、「 妊娠中の農薬の影響 」 という 検査通知を手にしたシーンは、衝撃的だ despair

子ども達はオーガニックの野菜を 「 美味しい 」 とよく食べ、親にその話をする。 校長が保護者と話す集会のシーンも映される。 家庭の食生活もオーガニックに切り替わることで、村全体が変わっていくからだ。 そうして、「 少し高いけど、飽食の時代だから、量を少し減らせばいい 」 と オーガニック野菜やパン、ワインを買い求める親が増えてくる flair

缶詰や冷凍食品を使わなくなった分、調理には時間がかかる。 校長は、給食を作る職員の協力も保護者に紹介している。 彼らは、きれいに食べてくれる(残飯が減った)ことで、報いられていると話す confident

土壌を豊かに保つためにも、有機農法は効果がある。 子ども達は、学校でも畑で野菜を育て、収穫して給食に食べる。 身近な食育で子ども達の意識から変えていくのだ。

田舎の村が始めたこの画期的な策は、近隣からの視察を増やし、いつでもどこでも始められるという好例を提示した。 体を良くすれば、医療費もかからない。 農薬まみれの農業は、結局は高くつくのだ。

目先の利益を追うよりも、子ども達に健康な体と豊かな土壌を残す。 これが大人の義務だと、心底思わせる内容 good

私もできるだけオーガニック商品を買ってはいるが、ここに出てくるオーガニックの野菜やパン、ワイン、どれも とっても美味しそう shine 

小さいおうち

7月1日(木) cloud rain

Photo中島 京子 著、文藝春秋 (2010/05)

この作者の作品は、デビュー作である 『 FUTON 』 を読んだことがあるくらい。 書評で 「 昭和初期の生活についての克明な記録 」、「 女中の手記という形式をとりながら、最終章で 衝撃の真実が語られる 」 という 2種類があって、とーっても気になったので、読んでみた。 昭和 5年 ( 私の亡母が生まれた年だ )から 19年までの家庭生活が克明に記されている上に ドラマがあって、予想通りに衝撃も受けた ( 前者の書評は、半分だけ真実 ) good

東京郊外の 赤い三角屋根の美しい 「 小さなおうち 」 で、東北の寒村出身の 「 女中さん 」 である タキちゃんが 、美しい 時子奥様 や 可愛い 恭一坊ちゃん と過ごした日々を綴る。 『 おしん』 のように 「奉公」 という時代でもなく、しかし、まだ 主従の上下関係は はっきりある。

賢い女中である主人公の働きぶりや 気の回し方、奥様への愛情、当時の食生活、そして戦中戦後の変わりよう・・・。 奥様と青年との辛い恋もあり、飽きさせない shine

clip 年老いた 主人公が、時折訪ねてくる 甥っこ ( 妹亡き後に面倒をみた ) の息子、健史 との会話を挟みながら、時間を追って回想していくのだが、最終章では、語り手が 健史に変わる。 ここでは、タキ亡き後のことが語られる。 何事かを悔やみ、しきりに泣いていたタキの 尻切れトンボのような回想録の最後が気になっている健史が、ふとしたことから 「 小さいおうち 」 のことを知り、時子や恭一を捜して、最後に出会う真実 sign02

※ ここから、ちょこっと ネタバレ。 ご注意を

主人公が悩んだ末に とった行動が良かったのか悪かったのか・・・彼女は 最期まで その判断ができずに苦しみ、それを誰にも言えなかった、書けなかった。 それがまた、辛かったのだ sad でも、証拠品である手紙を捨てなかったのは、健史が自分の亡き後に読んでくれるという期待もあったからか weep

 

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ