« ホームパーティー | トップページ | 日本人の知らない日本語 2 »

これからの 「正義」の話をしよう ― いまを生き延びるための哲学

6月28日(月) cloud rain

Photoマイケル・サンデル (Michael J. Sandel)著、鬼澤 忍 (翻訳) 早川書房 (2010/5/22)

「 これから 」 だと思っていたら、おぉっと・・・これから 「 」 なんだよね coldsweats02 著名な哲学者の考え方に則って これまで 出てきた主張を解説し、私達に これから どうするかを考えさせてくれる授業。 しかし、ひどい装丁・・・ despair

ハーバード大学史上最多の履修者数を誇る名授業 」、NHK教育テレビで放送している 人気の哲学講義 『 ハーバード白熱教室 』 を 書籍化したもの。

* 1人を殺せば 5人が助かる状況があったとしたら、その 1人を殺すべきか?

* 前の世代が犯した過ち ( 先住民の虐殺、人種差別、戦争時の虐殺など ) について、私たちに償いの義務はあるのだろうか?

* 片足に障害があり、歩行に出血と骨折の危険性をもつプロゴルファーが 試合中にカートの使用許可を求めるのは妥当か?

* 徴兵制と志願兵、身代わりを雇ってもいい徴兵制、どれが最も公平か?

そういった 具体例 を 「 哲学 」 で考えるという、分かりやすい内容。 実生活から「遠いもの」だと感じていた「哲学」がぐっと身近になる good

金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、今、現代世界が直面している問題を 冷静に考えるのは有益。 既出の主張について その基本となる考え方を 哲学的に理解することで、問題点が明らかになるもの shine

ただ、380ページもあるし、哲学者の考え方を理解しながらだから、読み応えはある。 頭を整理しながら読むのに、3~4日かかった sweat01

« ホームパーティー | トップページ | 日本人の知らない日本語 2 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/35516863

この記事へのトラックバック一覧です: これからの 「正義」の話をしよう ― いまを生き延びるための哲学:

« ホームパーティー | トップページ | 日本人の知らない日本語 2 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ